名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

緑男の華麗なるプレー

1ペニーセールの資産を、日本でダウンロード購入できないセガ“Football Manager 2010”に替えてウマー?

前回のオファーは相当不評だったのか、今度もGreen Man Gamingが期間限定の素晴らしい商売をやりはじめた。トレードは出来ない商品として、Patrician IVのプレオーダーを始めたのだ! 購入者には、もれなくPatrician IIIがついてくる。期限は9月14日(PST)まで。更に、Football Manager 2010が50%オフでオファーされている。購入者には、SEGA MegaDrive Classic - VectormanがFreeで貰える(実際にはVoucherコード)。



Football Manager 2010といえば、パブリッシャーSEGAの意向により、steam、D2D、Gamers Gate他で、日本IPから購入不可能なタイトルである。私の目の色が変わったのは言うまでもない。


「君が注文したゲームには、ダウンロードの注意事項とプレイ用のキーが含まれており、これは電子メールで送付される。支払いページに進む前に、君の電子メールアドレスが正しい事を確認してくれたまえ。君の電子メールアドレスは、Your AccountのSettingsでいつでも確認・変更ができるぞ」

価格は£7.49だが、これまでの錬金術でこのくらいならば融通が利く。ご丁寧にレジストキーをe-mailで送ってくれて、登録はsteamでする(steam Works採用タイトル)ように注意書きが付いている。これは素晴らしい! 錬金の成果により、日本から買えないタイトルが、ダーターで正規に手に入ってしまった。


steamで“ADD A GAME...”→“Activate a Product on Steam...”で登録できた。

FreeのSEGA MegaDrive Classic - Vectormanはどうやってゲットするのかというと、次回Green Man Gamingで買い物をした際に、Basketページで、Voucherコードを入れればよい。30日間有効。コードは既に送付済みのOrderメールに書いてある。Voucherコードは、Commandos: Behind Enemy Linesのようなバンドルゲームを買った時には使えないので注意が必要だ。Patrician IIIや他のトレード可能タイトル購入時にも、理由は明記されないが、「使えない」と出る。どうやら、身銭を切る場合(売り切りタイトル)でないと使えないのかもしれない。シケているぞ、緑男!

steamでダウンロードしたFootball Manager 2010をプレイしてみると、なんだコリャ。言語がデフォルトでスペイン語?だかになっている。言語設定をいじれるオプションが、ぱっと見でわからない。デフォルトが英語にならないのは初めてだ。

どの言語で立ち上がっても、以下の画面キャプチャを見れば、英語にできると思う。


開始画面右下の、右から二番目のボタンをクリックする。


歯車のアイコンになっている一番右のタブを選び、一番上の項目をプルダウンして、英語(または任意の言語)に合わせる(日本語は無い)。

http://hw001.gate01.com/osaru1597/fm10jvpで日本語化できるので、気になる人は覗いてみるといいだろう。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク