名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SQUARE ENIX, Eidos Interactive Publisher Week

まずはTomb Raider Legendだが、7時間ほどでクリアしてしまった。プレイ中には不満がたくさん湧いた。ギネスブックにも載るララ・クロフトを託されて、どう扱って良いやら、Crystal Dynamics(Core Designから変更されたディベロッパ)も困惑したかのようで、これまでとは異質なゲーム内容が盛り込まれている。そのいくつかは、どのように弁解したところで「トゥームレイダー」らしからぬ要素で、筆者もさすがに許容できなかった。

ひとつには、アーケードゲーム的なノリが挙げられる。バイクで逃げるララを、悪漢のバイカー達が追いすがって銃撃し、トラックが前方を走って木箱を落としてくる。これは、なんというデリソバデラックスですか? ゲーム専用機での発売も視野にあったとはいえ、2006年当時を考慮しても、「やってしまった」感がする。「トゥームレイダー」という確立したタイトルが、シリーズ売上げ低迷の末、往年のアーケード的要素を堂々と採用して挽回を図るなどとは、誰が考えられたろう。

Legendのボス戦も、筆者は敬遠したいクチだった。敵はひっきりなしに同じ台詞を吐き続け、波状攻撃を延々続ける。ショウゴ・タカモト戦が特に嘆かわしい。Psychonautsのように工夫されたボス戦ならいざしらず、これほどダイレクトで傍若無人な有様には目を覆いたくなった。ゲームデザイナーは一体何を血迷ったのか。

レベルやマップの作りも悪い。何をすればステージが終了するのかプレイヤーに伝わってこない場面が多かった。敵を全員倒すだけ、というマップはあまりにお粗末。銃撃戦の頻度がなぜか異様に高いのだが、筆者の思い入れがあるトゥームレイダーは、こんな仕様ではなかったはずだ。とうとう、タカモトの辺りから、難易度をEASYに変更してしまった。EASYであれば、ザコを含め、敵が簡単に倒れるので、ステージの短さを補填するかのような、つまらない物量作戦に煩わされずに済む。

ジップという補佐要員が、ララの頭部についたカメラからの映像を衛星経由で見て、レシーバからいろいろと茶々を入れてくる演出になっている。一人で黙々とアクションを続けていくのでは、台詞も少ないし、さすがに退屈だと開発陣は思ったのかもしれない。ところが、プレイヤーにとっては、一方的に話し続けるジップがとても五月蠅い。リトライをするのが前提のゲーム性であるから、ジップの特徴有る訛りを失敗する度に聞かされると、ストレスすら感じてくる。同様に、イベントシーンもリトライ時には見る事になるが、ワンボタンでスキップできず、こちらもたいへん煩わしい。ジップのおしゃべりは、ステージをクリアする為のヒントも兼ねているのだが、かといって聞き逃した台詞をもう一度聞くといった仕組みは用意されておらず、聞きたいときに聞けるようなヒントの体をなしていない。後作Tomb Raider Underworldをプレイすると、随分と改善が図られている事がわかる一例だ。

音楽は出しゃばりすぎる印象で、ボイスや環境音を押しのけるような強さがあり、結果、全体の調和が取れておらず、プレイ中には五月蠅く感じてしまった。ボリューム設定を下げた事は言うまでもない。

アマンダの登場や、学生時代のララが描かれた点は、たいへん興味深いのであるが、ストーリーテリングを主とした進行になってしまっており、マップを攻略するはずのプレイヤーの立場が軽く見られているかのようだ。物語上必要な場面と、その前後を連結する目的でステージが作り起こされていると思われるが、あまり成功しているとは言い難いチャプターも目に付く。マップとしてつまらないものが多いのは、この為だろう。トゥームレイダーの十八番である墓所の探索は、それなりに堪能できるが、短く、物足りない。

悪い印象が続いたので、ここで良い方を紹介しておこう。旧作でありながら、Tomb Raider LegendにはNext Generation Contentsという設定がゲームメニューのオプションにある。これをONにすれば、当世風のグラフィックスカードに対応した画作りになるのだ。ララを構成するポリゴンの数が増え、頬や前髪の円弧に丸みが加わり、皮膚にはそれらしいシェーダが適用される。ところが、この設定のままプレイしていると、いくつかの場面でFatal Errorが発生してしまう。Next Generation ContentsをOFFにしない事には、ゲームを続けられない場面が、筆者の環境では少なくとも二カ所有った。Forumを調べると、やはり同様の事例が報告されている。Windows 7を含む、Vista系OSで問題が出るようだ。ゲーム向けの環境はVistaではなくてWindows XP、と言われていたのも、もはや昔話。過渡期にあたる今は、致し方ないのだろうか。

(この日記は名 作 R P G を 遊 ぶ4月1日投稿分の再構成です)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。