名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

クリアしない積みゲーがまたひとつ

Overlordを、とりあえず、クリアさせようと思ってプレイしていた。ミニオンを4種類使えるようになった辺りからが、やはり本番だろう。それまでは、懇切丁寧すぎるチュートリアルじみた本編で、冗長で、変化がなく、退屈だった。


「ダーリン、来たわネ! 最初の共同作業は、そのアンタの重たいヨロイを脱がすことだわね」
二人の愛人候補から一人を選べる、などというお遊びもあるにはあるが、所詮オマケだ。

ミニオン達の行動を大きく制限する地形に、『水たまり』がある。小川でも池でも湖沼でもなんでもいいが、とにかく、Blue以外は水に入れず、残り3種類は水を渡れない。それでも渡河しなくてはならない場面がいくつか設けてあり、この場合、ミニオンだけが通過可能な橋(川にかかった横木など)を利用する。橋を沿うように移動させるには、プレイヤーがミニオンをコントロールしなくてはいけない。この間接的な操作は少々トリッキーで、35匹ものミニオンを束ねていると、一、二匹はコントロールから外れてしまって、溺死することがあった。

パズルらしき面も出ては来たが、アクション性が強い。パズルの質はあまり上出来とは思えない。Psychonautsのように、理屈で導かれて解を得るように出来ているパズルを、私は「よく出来ている」と評価するが、Overlordのそれは、理屈への筋道がやや弱く、「そう言われれば、そうかもしれないが…」という程度で、必然的とも呼べそうなアハ体験を感じられるほど、噛み合ったものではなかった。強引な理屈であるものが多い。

もう終盤に差し掛かったと思われるが、そろそろ根負けしそうだ。私の評価では、Overlordシリーズは「退屈か、さもなければ、面倒か」のどちらかでしかない。

Mellow Hills Abyssはクリアした。Evernight AbyssとGolden Hills Abyssはオープンさせ、中に入れるところまで来た。Heavens Peak Abyssは、最後のabyss stoneが取れずにいる。途中でAuto Saveが無く、Paladinの配下を相手に、abyss stoneを床に置けない戦いを強いられる。もし、置いてしまうと回収不能となり、失敗(やり直し)。もう6回は挑戦しただろうか。アンフェアな状況が難易度を高くしているパターンで、このゲーム本来の面白さを強調している作りとは感じられない。

何度か失敗するとミニオンの総数が不足気味になり、後続のプレイに支障が及ぶ。ゲームオーバーした場合は、“Return to The Tower”でなくて、“Restart”を選べば、損失をチャラにした『巻き戻し』状態からリトライできるのだが、つい前者を選んでしまい、前より悪い条件でプレイし続けてしまった。

勝敗を有利に導くミニオンのタイプというものがあるので、そのタイプを切らした状態で挑戦すると、難易度が増す。この例では、GreenとBrownの混成が良いようだ。炎をまとったPaladinの配下と対決があるので、飛びつき攻撃のできるGreenは必須だ(Greenの特徴が、いきなりクローズアップされた感があり、あまり親切ではない)。

一方、メインクエストは、Ruborian Desertの“Catch A Thief”まできたが、Heavens Peak Abyssで嫌気が差してしまって、先への関心が薄くなった。もともと、カジュアルなゲームのつもりでプレイしていたせいもあり、後半部の面倒さ加減には付いていけなくなってきていた。411円で手に入れたゲームの末路とは、こんなものかもしれない。プレイヤーが面白くないと感じてしまったら、アンインストールが決まったようなものだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/08 14:31 ] シミュレータ Overlord | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク