名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

Stronghold Collection

Stronghold CollectionをGamersGateで購入。Stronghold、Stronghold Crusader + Extreme、Stronghold 2、Stronghold Legendsが、全部入りで$7,48というお得なパック。箱庭タイプのストラテジーという事で、良い評判は聞いていたものの、私はこれまでプレイしてみる機会がなかったので、このセールはありがたい。

例によって、GamersGateの独自ダウンローダー(兼インストーラー)で、ハードディスク容量は5.3GBほど必要だった。ダウンロード直後に立ち上がるインストーラーではStronghold Collectionに含まれる4本のタイトルが扱えるようになっている(ひとつずつインストールできる)。なお、テンポラリ・フォルダを参照すると、タイトル毎に別ディレクトリでSetup.exeが用意されており、GamersGateのインストーラーからでなくても、インストールを実行する事が可能だった。

Stronghold Legendsだけはインストール中にエラーメッセージが出たので、ここで紹介しておこう。

"CRC error: The file [インストール先ディレクトリ]\StrongholdLegends.exe doesn't match the file in the setup's .cab file. The medium from which you are running the setup may be corrupted; contact your software vendor."

「巡回冗長検査エラー:セットアップ実行中に出来たStrongholdLegends.exeがcabファイルに含まれるものと同一ではなく、壊れている可能性があります。ソフトウェアベンダーに連絡して下さい」

Stronghold_Legends_Exe_CRC_Error.jpg
「無視」を選べば、インストールを続行できる。

テンポラリ・フォルダにはStrongholdLegends.exeが”むき身”で存在し、インストーラーはこのファイルを単にインストール先にコピーするだけのようだ。ところが、CRCチェックはcabアーカイブの中身と照合するようになっているらしく、両者が同一でないとしてメッセージを出してくる。

ダウンロード時に壊れたか、あるいは、サーバーの元ファイルが壊れているという可能性も否定できないが、おそらく、インストーラー作成時の人為的ミスだと思う(上書き前提でバージョン違いのEXEを入れておいたが、チェッカのバイパスを忘れた。メディア媒体のRetailと違うDRMを仕込んだ結果、EXEのCRCが変更になったが、cab書庫内の更新を怠った、など)。

CAB書庫は、手持ちのツールでは解凍できなかったので、実際のところは分からない。GamersGateのサポートには連絡しておいた。同サイトの問題解決用Forum"Game Tutor"には同様のポストは見あたらなかった。

5.3GBのダウンロードをやり直す事は試していない。なぜかと言えば、GamersGateの場合、こちらが10MB/秒の光回線であっても、800KB~1.7MB/秒程度の速度しか出ないからだ。更に言えば、これまでCRCエラーの類が発生したことは一度も無い。理想としては、steamクライアントのようにFile Integrityをチェックできる仕組みが、GamersGateの独自ダウンローダーにも備わっていれば良いわけだが、生憎とそういった仕組みを持つダウンローダーをsteam以外では見たことがない。

追記:1時間半かけて再ダウンロードし、バックアップしておいたファイルと比較してみたところ、バイナリは同一で、ダウンロード時に壊れた可能性はほぼ無くなった。結局、インストール時にCRCエラーは出たものの、Stronghold Legendsは問題無くプレイできている。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク