裸のガチムチ王

ちょっと話題になっているようなので、GamersGateの1Cセールで、Ascension to the Throneを購入してみた。RPG風のターンベース・ストラテジーだという。調べてみると、Eneyaという女戦士を主役にした"Ascension to the Throne: Valkyrie"というアドオンもヒットした(GamersGateには見あたらない)。某Armored Princessと似た売り方に感じなくもない。

導入部はムービーで語られる。最初の画面に登場する説明と合わせると、主人公はAirathを治める勇猛果敢な王Alexander。大魔導師Wolfguardの裏切りにより、一晩で城はモンスター軍団に蹂躙され、家族は皆殺しに会う。玉座で王がドラゴンと対峙しようとするその刹那、何らかの魔法が働き、鎧がバラバラにされ、王だった男は裸一貫で森の中に立っていた…。プレイヤーに課せられた使命は、この男の復讐を成就させ、再び玉座を我がものとさせることだ。

New Gameすると、Alexanderが現れたのは、(森の中ではなく、)どこかの城門の正面だった。衛兵の頭目が、スパイの嫌疑を掛けてきて「ヤツを20回鞭打って、放り出せ」と部下に命令する。台詞の端々から、地方領主の名はSiggurdらしい事、敵対している者の中にConradという魔導師がいるらしい事がわかる。

元王は傷ついた体で、再び目を覚ます。どこかの街道で彼を介抱してくれたのは、通りすがりのヒーラーだった。ここはOgantharという国で、自分はよそ者に過ぎないが、年格好から死んだ息子を思い出して、どこの誰とも知れぬAlexanderを助ける気になった、と語る。ヒーラーに貰った僅かな所持金を糧に、武器も鎧もなく、彼の一歩は始まった。

会話はテキストベース。低予算の常でボイスは入っていない。SXGA(1280*1024)か、UXGA+(1600*1200)しか対応しない解像度にも、もはや慣れっこ。やや古いゲームなので、グラフィックはそれなりに見えるが、かなり頑張っている。

まずは、3Dのオープンフィールドで王を動かして、味方となる者達と接触だ。

序盤の感触は悪くない。最初に出会う女剣士は味方(ボックスアートの絵と随分違う。別人?)で、個人的な仇討ちに手を貸してくれるならば、という条件付きで協力を申し出る。


でも、彼女をお供にするには、まずクエストをこなさないといけない。

クエストの目的地Fishmerの門番からは、「中へ入るには、カネか腕立て伏せか」という二択が出される。


三番目の選択肢を主人公が提案すると、ターンベース戦闘の開始だ。


あるいは、腕立て伏せを選ぶと、ガチムチの元王が、地味に腕立て伏せをしているムービーが流れる。そこはかとなくユーモラスなんだが……1Cパブリッシュにしては”当たり”なんじゃないか?

居留地の中では、トロールがなにか揉めている。話を聞いてやると、味方になってくれるという。最初の徴兵はまずまずの成果だ。一通り訊ね回って、農民兵を1ユニット獲得した。"Authority"が高くないと、ユニットを増やせないというルールだった。

肝心のターンベース戦闘だが…あまり戦略性の余地がない。Alexander自らが倒れるとゲームオーバーなので、彼に関しては、とにかく逃げの一手しかない。なぜか手番で勝敗がついている。せっかく助けてやったKiraという女魔導師が、何も出来ぬ間に殺される。Auto Saveのタイミングは戦闘をやり直すだけなので、負けると分かった戦闘に入らないということができない。

どうして、相手が先手の場合、こちらが先にダメージを受けてしまうのか? 敵の移動力圏内に、なぜ、最初から立っているのか? …ようやく分かった。ユニットを一覧できる画面で、右側に立たせると前列、左側に立たせると後列になる。デフォルトではAlexanderが前列中央の位置になり、後手だと移動距離が長いウルフやら何やらに噛み殺される。


いくつかマップ上に配置されている敵は、倒す順番がある程度決まっているようなものだった。順当に弱い方から始末していくしかない。3Dとムービーを利用した演出は見事だが、ボード戦闘の方はKing's Bountyに軍配が上がりそうな気配。

地図を見ると…Tokugawaとか出てくるんですが…。もう、お約束?

スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon