ゲラルトの育て方と戦略性への不満

我が輩のゲラルトは(第4章で)現在28レベル。敵をあしらう主な戦法は、AardもしくはIgniサインを適宜撃ちつつ、ソードで削るというもの。Aardでスタンが決まればすぐにカタがつくし、IgniではIncinerateする(火が点く)ので、しばらくすれば決着する。スティール・ソードはMeteoriteでリフォージした赤いソードがメイン(青いソードも持っている)。シルバー・ソードの方は(Runeストーンが3つ揃わないので)そのまま。ポーションはSwallowとTawny Owl、難敵向けにWillowがあればなんとかなる。Bombは(作れないので)使わずに、Quenサインで防御態勢を整えてから反撃している。Oilは持っていれば、相手に応じて利用している。モンスター避けのリングは、4種類持っていて、その時々に応じて着用している。鎧は最初に貰ったものをずっと着ている。

The Witcherでは、敵を手早く倒せるように、主人公ゲラルトを育てると思う。防御より攻撃を優先する事になるだろう。5,000Orenもする鎧は敢えて買う必要はない。システム的には、Signが使え、数多くのポーションやOil、Bombがある、という売り文句になってはいるが、使い勝手が良いものは自ずと絞られていく。というのも、The Witcherの戦闘システムには、戦略と言えるほどの厚みがあるようには思えないからだ。百歩譲って、厚みはあると認めたとしても、制約が大きいので利用できる機会が損なわれてしまっている、と言えるだろう。

Signは入手する順序が固定されているので、どうしても最初に憶えたAardとIgniを増強していく事になる。Potion Brewingが最初に憶えやすく、次にHerbalism(とOil Preparation)が憶えやすいので、Bombよりもポーション(やOil)を先に使うようになる。Bombは、SilverTalentsが手に入りだす二章中盤以降で、IntelligenceをレベルIIIに上げた上でないと利用できない。巾が用意されているようでいて、その実、入手順でほぼ限定されてしまうような形になる。したがって、第一章のヘルハウンドへの対応策も、片手で数えるほどしかないというのが実状で、だから倒しにくい。

更に、ポーション(とOilやBomb)制作には、厳しい条件が付されており、いつでも自在に用意できるというわけではない。ポーションが戦略の巾を担い難い理由はこのせいだ。野草を摘んだり、モンスターのRemainを拾うという手間はもちろんだが、その他に、場所(時間)と知識と費用が必要となる。場所(時間)とは、我らがゲラルトがMeditate出来る場所の事だ。FireplaceかInnが前提になる。知識とはFormulaの事。費用とは、ベースとなるアルコール(Oilはグリース、Bombはパウダー)の代金の事だ。Formulaの載っている書物を買うにもお金がいる。偶然、民家の書棚や樽で見つかる事もあるが。

条件に恵まれないと、ポーション/Oil/Bombは制作可能にならない。強制イベントの多いThe Witcherでは、事前に用意できない場合も多々あるはずだ。また、備えがあっても、ポーションとOilは飲む/塗るモーションが隙になっている為、強制イベント明けでは使いにくい。仮に、現状の戦闘システムを良しとするならば、その真価を十分に発揮できる「配慮」がThe Witcherには欠けていると言えるだろう。

ゲラルトは、もっと早期に各Signの初期能力にアクセス可能になるべきだし、基本的な(もしくは効力がまだ未熟な)ポーション/Oil/Bombの制作がすぐにも出来るようでなくてはいけないはずだ(その上で、スキルツリーによる上級スキルに取捨選択の自由を設ければよい)。強制イベントの前には、プレイヤーがゲラルトに下準備をさせられる余裕が(少なくとも序盤には)あるべきだし、強制イベント明けには長いローディングが済んだら、一旦ポーズ状態になるなど、不公平感を取り除く工夫がなくてはなるまい。これらが為された上で、第一章にあの強いままのヘルハウンドが登場するのならば、ゲームデザインにおいて納得はできただろう。
スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon