名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

なぜ駄作にしちゃったの?

NOeL ~La neige~の疑似会話がつまらないのは、会話ボール(選択肢)を投げ損ねたら、それっきりだという点でしょう。その選択肢によって拡がるはずの会話が聞けないばかりか、ボールも失ってしまいます。同じことをもう一度尋ねることはできません。

相手がある題目のお喋りを終えて次の話を始めるまでの、ボールを受け入れる時間的猶予が短すぎますね。おしゃべりの最中に受け入れが可能になりますが、題目の結論をある程度予測するのは難しめです。会話の内容を一回覚えてから、というのならまだしも。二回も同じおしゃべりを聞くのでは、他愛ない雰囲気を楽しむという主旨から遠く外れてしまいます。

自然発生するボールは、タイミングが近くなると自動的に選択(点滅)状態になってツールチップが伸びます。だから、プレイヤーは内容を吟味せずにそのまま○ボタンを押すことに注力すれば、タイミングを逸することはありません。でも、これでは受け答えを楽しんでいるとは言い難いですよね。

要するに、プレイヤーには会話をコントロールする権利は与えられていません。場面によっては2~4個のボールの内からどれかを投げられますが、それを吟味する時間的余裕もあまりないのです。吟味して選択したからといって、その後の内容が大きく変化するようなこともなさそうですし。

仕方なく会話に付き合って、ボールが点滅したら○ボタン(ときどき×ボタン)…悲しいかな、これがこのゲームの全てでしょう。しかも、相手の機嫌を損ねる(引っかけ選択肢を使う)と会話が終了したり、ゲームオーバー(STAFFロール)になります。三次元並みの現実感で二次元の女子に愛想を尽かされるわけですが、この酷いゲーム性でそこまでしなくても。

キャラが被っている?

門倉 千紗都(かどくら ちさと)が明らかに異なるキャラを有する一方、碧川 涼(みどりかわ りょう)と橘 柚実(たちばな ゆみ)は似たタイプに見えます。お涼の方が格上のお嬢様育ちで慈善活動に熱心という性格付けがあるものの、柚実も母親が茶道の先生であるなど和装の似合う大和撫子ぶりが充分お嬢様してます。どちらも丁寧なしゃべり方で、打ち解けた雰囲気にはまだまだ。

受験間近の設定と相まって、全員真面目過ぎでしょう。年頃の女の子らしい部分もあるにはあるようですが、堅さの方が目立ちます。喋る内容も堅く、彼女たちが話すウンチクは極めつけに陳腐です。未年と祖先の関係(柚実)であるとか、ダダイズムとは何であるか(千紗都)とか。

13星座による3人の性格付けをお涼から聞かされる段にいたっては、もう勘弁してくださいという気分になります。まるで開発者の片棒を担がされて、表現に困っている設定をぺらぺら安直に喋っているみたいに聞こえて。

お涼の性格も献身マニアとでもいう体で、いきなり不気味です。不気味という言い方は可哀相だとしても、あの自己表現の仕方はどこか病的にすら見えます。気遣いの行き届いた優しい女性というよりも、何かヘンな方面(新興宗教とか)にかぶれてしまった人のよう。

受験のわけ

彼女たちが受験生である理由はプレイヤーが元気づける役目を担っているから…なんでしょうね。そうやって対人の印象を上げるのであれば、告白をゴールに設定しても強引ではない、と開発陣は想定しているのかもしれません。しかしプレイヤーとしてはこの役割設定はむしろ足枷で、面白みを削ぐ結果に繋がっている気がしてなりません。

結論

会話ボールを引き出す選択肢を選ばねばならなかったり、攻略――隠しパラメータの好感度UP――を優先すると、このゲームの特徴である疑似会話がどんどん意味をなさなくなってきます。プレイヤーは伝えたいことをボールにほとんど乗せられず、仕方なく、提示されるままに相づちを打って我慢せねばなりません。アイデアは面白いのに、かなり残念なゲームですね。同じコンセプトの二作目であるなら、もうちょっとなんとかなっていそうなのに。

今ならMMD Agentを使ってもっと上手いものが再現できそうに思いました。こちらの単語に反応させる事と、その単語を含んだ選択肢のヒントを画面表示させることで、ある程度ストーリーに即した展開(おまけに自発的にプレイヤーが喋りかけることになる)が実現できそうな気がします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/05 13:40 ] 美少女ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク