名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

出航! - Star Trek: Fleet Captains

ソロでテストプレイしてみる。通常は艦隊サイズ10で行うところを、ソロプレイなので一隻として、勝利条件は5ポイント(本来は10)としてみる。敵(対戦相手)は無しか、または臨機応変に登場して貰う。5VP稼ぐのがどのくらいたいへん(あるいは簡単)か、小手調べ。

開始前の準備
1)宇宙(盤)の構成。宙域タイルを27枚ドローし、伏せたまま5×5に配置。手前の三タイルにコマンドポストを連結。
2)スターシップを選び艦隊を作る。艦隊のサイズは10。1枚ドローして、ホールドorディスカード(以下繰り返し)で12枚を一巡するまでに決定。
3)コマンドデッキを作る。サブデッキを4つ選んでシャッフルし、伏せたまま山にする。4枚ドローして手札とする。
4)ミッションデッキを作る。スターシップカードの表示に従い、計10枚ドロー。シャッフルして伏せたまま山を作り、3枚ドローして表にして配置(秘匿任務は内容を見、裏のままで配置)。

1)宇宙作成
今回は、宙域タイル3×4(11枚)の最小サイズ。図のように配置。



2)艦隊編成
前述のように、今回は特例で任意の1隻。担当は当然、惑星連邦だ。さぁ、スターシップは何にしよう? 新米船長ということで、ここは映画『ジェネレーションズ』を意識してEnterprise B…は無いので同型のExcelsiorに決めた! この船のゲームにおける特徴は、トランスワープドライブを装備しており、5か6の出目で移動距離が倍。初期パワー設定は「武器Disabled、センサー10、エンジン10、シールド3」にした。



ゲームに登場する12隻の連邦船名はDefiant、Enterprise(NCC-1701-A)、Enterprise(NCC-1701-E)、Equinox、Excelsior、Prometheus、Reliant、Sutherland、Venture、Voyager、Yeager、Yosemite。ちなみにTNGの主役エンプラDと同型のギャラクシー級はVenture。

3)コマンドデッキ作成
100枚が10枚ずつのサブデッキに分類されていて、サブデッキを4つ選ぶことで40枚。どのサブデッキを選ぶかで、ある程度任務の有利不利が決まる。今回は幅広く対応可能なカード構成にしておきたい。

Captain Picard Deck、Sensor Upgrade Deck、Strange New Worlds Deck、Wild Space Deckを選んだ。手札として4枚ドロー。結果は「ウィル・ライカー(戦闘/士官)、ピカード・マニューバ(戦闘)、センサーへパワーを集中(オプス)、センサーグリッチ(オプス)」。これで乗員4名の内一名(士官)は埋まった。



4)ミッションデッキ作成
エクセルシオールはサイズ3の船で、ミッションは科学・影響・戦闘からそれぞれ1枚ずつ。

本来はデッキコンソールの三山からスターシップカードに指示された通りに計10枚ドローし、伏せたままでミッションデッキを作り、3枚ドローして表にする。今回は初めから3枚しかないので3枚とも表にする。

科学は「レベル15センサーテストを虚空に対して行え。成功後、エンカウンターカード1枚をドローし解決すれば、本任務は成功」。戦闘は「1隻の、より小さい船だけを用い、戦闘で敵船一隻を破壊せよ」。影響は「コロニーをひとつ建設せよ」。これを全部成功させると5VP獲得でゲームクリア。



ゲーム開始

1ターンにできること
 ・移動、各船
 ・パワーアジャスト1回、各船
 ・3アクション(後述)の実施
 ・コマンドカード(何枚でも可)のプレイ
 ・ミッションカード1枚の引き替え(一枚ディスカードして一枚ドロー)
 ・コマンドカードを1枚捨てる(即座に補充)

アクション
 ・クロークする
 ・戦闘する
 ・影響力を使う
 ・援軍を呼ぶ(艦隊の船が破壊された場合)
 ・修理する
 ・スキャンする
 ・転送する
 ・システムテスト(任務遂行上必須のもの)

まずはコマンドカードのプレイだ。ウィル・ライカーを士官として乗船させる。エクセルシオールの武器が+2されたが、現在Disable中なので意味なし。コマンドカードを一枚補充。「英雄的行為(戦闘/オプス)」。

エクセルシオールは正面の隣接宙域タイルへ移動することにした。先んじてトランスワープドライブの駆動を試みる。6面体ダイスを振ると、出目は5。移動力倍加。現在の「エンジン出力」は10なので移動力は20。気まぐれなドライブも今は順調に運転開始したようだ。

移動は1ターンに各船一回しか行えず、中断したら再開は出来ない。更に、以下のときには移動を停止しなければならない。

・未踏査の宙域でエンカウンターカードをドローするとき。
・敵船を回避しようとして失敗したとき。
・船がアクションを行うとき。
・移動力が尽きたとき。
・パワーアジャストをするとき。
・別の船を移動しはじめるとき。

未踏査の宙域へ入った。伏せた状態の宙域タイルを表にして、自分が読める向きにする(対戦相手と自分、どちらの側が探検したのかという表示の意味)。「Mクラス惑星:建設に必要な制圧トークンが1減る」。



やった。移動力がもったいないが、さっそく「コロニー建設(影響力を使う)」を開始しよう。アクションを行うので移動はここまで。本来なら「制圧トークン」が1必要なところを、無い状態で新規建設ができるのはおいしい。

その前にエンカウンター判定。出目は2(ダイスはいつも6面体1個)。この「Mクラス惑星」は1-2でエンカウンター発生なので、発生した。

エンカウンターデッキから1枚ドローする。結果は「内紛」で「継続効果」付き。「両プレイヤーは和平調停が行える。ここで船がターンを終える度に、このカード上に積算用としてトークンを1枚ずつ置く。先に5枚溜めた側が調停を成功させ、1VPを獲得する」。いやぁ、実にスタトレらしい出来事。



では、さっそくアウトポストを建設。

建設終了。アクションがあと2個できるのだが、通常は1船舶につきアクション1回なので、これにて第一ターンは終了。その前にパワーアジャストしておこう。「武器0、センサー8、エンジン8、シールド6」で、ライカーにより武器出力は2。
関連記事
スポンサーサイト
No title
このサイトでこのボードゲームのことを知って購入しました。僕も相手が欲しいところです…
[ 2011/12/07 12:11 ] [ 編集 ]
Re: No title
今、プレイBYメールで出来ないかとカード類をスキャン&翻訳中なんですが、お持ちの方なら話が早い。

ご興味がございましたら、是非改めてご連絡ください。あくまで、「プレイBYメール」で宜しければ、ですが。
[ 2011/12/07 18:56 ] [ 編集 ]
No title
メールの返事が遅くてマイペースかもしれませんが、それでもアリですか…?
[ 2011/12/08 11:02 ] [ 編集 ]
Re: No title
程度問題ですね。一ヶ月に一通ではターン制のゲームとして無理だと思います。1通が自分側のターンを表すとして、だいたい一週間に2~3通くらいじゃないでしょうか。師走は忙しいのがデフォルトですから、多少は遅くなっても仕方ありません。無理にとは言いませんので、ご関心があれば、どうぞ。
[ 2011/12/08 20:50 ] [ 編集 ]
No title
そのペースなら可能かと。ぜひやりたいです。ちなみにこのゲームでプレイBYメールをどうやりますか。最初の宙域パネルを並べるところとか…。
[ 2011/12/08 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク