5.稀覯書

 翌日、再び少年は“ジョバサの稀覯書”がある外人地区まで足を運んだ。オルディネーターに後を尾けられないように十分注意して。店に入ると奥まで駆け足した。ところが、あの猫亭主がいない。階下に降りた少年は声を上げた。オルディネーターがいる!
「公爵ドレンが寄こした護衛」と長身のオルディネーターの背後からカジートのジョバサがひょいと姿を現した。「ジョバサを護るのか、ジョバサ以外を護るのか、わからないけど。感謝してる」
「つまり、トリビュナール側じゃないってこと?」と少年。
「昨日の話」猫亭主は答えず切り出した。「あれ、相当無理」
「ええっ!」
「ジョバサの友達、みんな牢から出たがってるけど、あそこじゃない」
「そんなこと言わずに、なにか手はないんですか」
「本貸すから、自分で考えて」
 少年の手には数冊の本が手渡された。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon