名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

とうとうベイダーをヤれる! - SW: The Force Unleashed 2

前作以来にして初プレイ…途中で戦闘が面倒になり、難易度をEASYでクリア。EASYだとまずヘルスがゼロになることはない。Normalだとやや難しい。EasyとNormalの中間があれば、私には丁度良いのだが。

どう見ても、制作期間が不足だったようだ。いきなりの制作発表からリリースまで、用意周到・準備万端であったとは想像しにくい。マップデザインはコピー&ペースト。舞台は同じステージを往って帰ってくるだけ。敵も変わり映えしない。前作が通常のゲームの体裁を保った出来だとするなら、今作は拡張版のような小品に見える。実際短い。フルプライスでは絶対に購入するべきタイトルではないばかりか、明らかに付け足し的な駄作である。

ストーリーテリングも酷い。主人公の境遇が○○ー○だと判明したことと、それでも、とある決断を(プレイヤーの介入により)下した、という部分が大きな見所である。それ以外の部分では、見るべきものは少ない。クライマックスはドラマドラマしているが、下地となる人間関係の説明は前作頼りで、今作から入った者はほとんど何も理解できないだろう。…General Kotaって一体何者?とか。いずれにせよ、初見の方なら、今作は忘れて前作をプレイする事をお勧めする。

カメラView

カメラが捉える範囲が大きくなり、派手で規模のデカいフォース・アクションができるようになった。冒頭こそ、大暴れぶりが爽快だが…徐々に不満が露わになる。私が求めていた方向性がフォーカスされずに、既存のアーケードライクなカジュアル性と反復が割り増し(当社比)。

フォースアクション

プレイヤーが能動的に戦略を考えて倒すような場面は、帝国兵を交えた物量戦でしか発揮できない。しかも、敵のWaveが繰り返されるだけという反復作業である。これでは、いささか面白みに欠ける。まるでマルチプレイヤー用ゲームのようだ。

アクション性が大雑把になった。単純。それを隠すかのように雑魚トルーパーや、前作でも厄介だったスナイパーや、AT-ST・ドロイド各種が共に襲いかかってくる。スナイパーは若干なら距離があっても早々にフォース・ライトニングで倒せるので前作より楽ではある。

フォース・グリップで投げつけるまでの操作の難しさは前作譲り。視野外へ向かって投げると当たるかどうか判らないので、半周ほど視点を動かす必要があるが、これが隙になる。フォース・グリップ中は移動できず、狙い撃ちされる。

フォース・グリップがあるが為に、投げられるオブジェクトをオートエイムが軒並み捕捉してしまう。ゆえに、意図しない的がいちいち引っかかって煩わしい。

フォースの使い途は複数あるも単調。アクションゲームとしては致命的なほどに。そして爽快感が乏しく、厄介・面倒という感触が大きい。これは私がヘタレなせい? 慣れると変わるだろうか?

アドベンチャーパート

画面に指示ばかり出てくる(つまり、そのステージの攻略法は、それしか出来ない)。長いチュートリアルであるかのように、ずっとお仕着せの攻撃方法が提示される(ある種、全編QTEなのだ)。かと思えば、肝心な場面で説明が省略されて、倒し方が判らなかったりした。

テキストによる指示がなくなると、今度はGeneral Kotaの音声による指示が五月蝿い。自由に探索ができるような広いマップを備えたアドベンチャーのパートがほとんど無い(決して狭いわけではないが、一本道で順路方式)。

移動先は一本道で入り口さえ発見すれば迷わない。道を切り開くためのパズルは簡単すぎる。宇宙戦艦内の通路、惑星カミーノの都市の通路、対ベイダー戦へのプラットフォーム、コピペの使い回しばかりが目立つ。

アーケード性

中ボス戦を筆頭に、特定の操作を繰り返して倒さねばならない場面が多い。一ステージ毎にアーケード版射的をやらされているような先祖返りが著しいゲーム性である。Bulletstormにもそんなステージがあったが、銃を撃つだけではないThe Force Unleashed 2の方が救いがない。いろいろ出来るはずなのに、なぜ、QTEしかやらせてくれないのか。QTEは主人公を操作しているというせっかくの没入感を剥奪し、ただの反射神経のゲームに貶めてしまう。

見て呉れ

グラフィックは強化されていた。カミーノ星の降雨での戦闘は映画のように見栄えが素晴らしい。影の描画(リアルタイム・シャドウ)も写実的で重厚な画作りに貢献している。

イベントムービーはところどころプリレンダになってしまい、リアルタイムレンダと画調やモデルの質感が異なる。違和感のあるプリレンダムービーは、その出来具合が如何に優秀でも、ゲーム内では悪い方に目立つようだ。

結論

ゲーム性だけを注目すれば、昨日までプレイしていたAmerican McGee's Aliceの方がよほど優れている。10年ほど前のアクションタイトルの方がプレイしがいがあるとは…、昨今の粗製濫造はこんなにも深刻だったのか。Alice Madness Returnsの反復性すらマシに写る。

前作の方がプレイする価値がある。今作はそれほど酷い。というのも、前作では、プレイヤーが操作して敵を倒しているという雰囲気がもう少しばかり出ていた。今作は、ボタンを適当に押すだけでも敵が勝手に倒れるのではないかというシンプルさで、必要以上にカジュアル性が増している。カジュアルになっても良い部分と悪い部分が、そもそもあるはずで、今作の使い方は悪い方の例となる。デザインのポリシーが、二作目にして、より劣っているように写るのは悲しい。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク