バッファロー製スティック改造(1)

知り合いから譲り受けたシグマ電子製アーケードスティック。



マニアには堪らない代物だろう。業務用基盤と繋ぐ為のコントロールボックスとして販売されていた(現行品よりも旧いタイプ)。専用のアダプタを介すとX68000やプレステ等とも繋ぐことができたようだ。PCのUSBと繋げるためのアダプタ(値段は4.3Kくらい)も以前は販売されていた(現在は販売終了なので入手できない)。

で、このシグマ製品のパーツ(ボタンとレバー)を、バッファローコクヨサプライ製BSGPAC01BKに取り付ける。これが今回のミッションである。先人達がやった作業をなぞるだけに過ぎないが、行程を出来るだけ詳細に解説してみようと思う。

まずは、シグマのガワを外す。ビスを緩めて金属製の上蓋を裏返すと、画像のようにボタンもレバーも半田付けだった。チッ、ファストン端子だったら、ラクできたのに。



左側の基盤を外すとボタンが現れた。



基盤の表側はこんな風で、ボタンの有効/無効化や連射速度ツマミなど、売価が相当なだけ(当時なんと15K)に贅沢な仕掛けが付属している。



レバーを外したところ。おそらくセイミツ工業の品だと思われる。ちなみに、昨今の格ゲー筐体のパーツは三和製。



ボタン。こちらもセイミツ工業製だろう。というのは直径が30ミリに満たないので、バッファローのガワに付けるとユルユル。差し込み式なので、なにか手立てを考えねば。



バッファローコクヨサプライ製BSGPAC01BKの底板を外したの図。ファストン端子付きのボタンは取り替えが容易。



バッファロー製レバーとの比較。大きさと厚みが異なる為、取り付け部の構造物はそのまま利用することは出来ない。



追記:
 まとめると、レバー基部とガワとの固定法から、以下のようになると思われる。

  セイミツ工業製レバー(LS-32 SSベース付、等) → BSGPAC02
  三和製レバー(JLF-TM-8T-SK-K ベース付、等) → BSGPAC02
  三和製レバー(ベース不要) → BSGPAC01
   ↑ビス受けの位置が同一なので、マイクロスイッチ上からビス止め可能

この組み合わせであれば、改造する部分を最小限に抑える事が出来そうだ。
 今回はセイミツ工業製レバーであるにも関わらず、BSGPAC01に取り付けようとしているので、取り付け基部を全取っ払いする工作が必要になっている。

そこで、梁の接合部をニッパーでぶった切って、ペンチで折り取る。



残った根本はリューターで削る。ABS樹脂だろうか、覚えのある独特の臭いが鼻をつく。黒い削りカスがたくさん出る。



梁を全部削り取った。削り跡が汚らしいが、どうせ隠れてしまうので問題ない。



レバーを固定する穴をバッファロー製のガワの天板に開けようと思う。ここで、『アタリの取り方』を考えてみた。綿棒をおもむろにニッパーで切断する。



この切断した方を根本にして、セイミツ工業製レバーのネジ穴に挿す。綿棒の綿の部分が丁度いい太さなので、ぐらつかずに固定できる。画像は四本ともネジ穴(矢印)に挿し終わって、余分にはみ出た綿棒の「軸」を切断したところ。軸の高さは、青い台座の縁よりやや高い。



セイミツ製レバーの軸を穴の中心にピッタリとはめるべく、ガワの天板には穴隠しの円形プレートをガムテープで貼り付けた。軸が通るようにガムテープに穴を開けておく。



先ほどのネジ穴に差し込んだ綿棒の軸の頭に絵の具(白)を適量付ける。絵の具が無ければ軟膏だとか、“色が乗る”ものならなんでもよい。どうしてこんなことをするのかは、もうお分かりだろう。



お察しの通り。絵の具が付いたセイミツ製レバーをガワにはめると、ねじ穴に挿した綿棒の軸が天板の裏側にぶつかって、絵の具が付く。画像の四箇所の白い点が、付いた絵の具の跡だ。



このアタリにピンバイスで穴を開ける。初めは細めのドリルで。



次に太いドリルに変えて、固定用の木ネジが通る程の太さまで、穴の径を広げていく。



四箇所全ての穴が開いた。試しに天板から固定してみよう。うん、いいじゃないか。



裏側。セイミツ製レバーがバッファロー製のガワに仮留めされた。



今日の作業はここまで。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon