Dharma Initiativeを思わせるSingularity

ごった煮感のあるB級ファーストシューターSingularity。物語はなかなか奮っていて面白い。冷戦時代に隠蔽されたソビエトの極秘研究施設のある島が舞台だ。人知れず隔絶された禁断の場所というと、同一ジャンルのゲーム繋がりでBioShockと感じる人が多いらしいが、私は海外TVドラマの“LOST”を連想した。時間の狭間にある島とくれば、謎が紐解かれていくLOSTの最終シーズンが似ている。

主人公は、この任務に派遣された米軍のCaptain Renko。ヘリで謎の島に近づいたが、エネルギーサージを受け、ヘリは墜落。生存者は彼一人となる。そこはKatorga-12と呼ばれていた。未知の力の影響下にあるこの島では、亡霊のような過去が時折実体化している。

ゲーム・イクスペリエンスは、皆さんが書いているように、他のゲームから頂戴して来たかのようなギミックで溢れかえっている。唯一の特徴は、TMDと呼ばれるデバイス。Time Manipulation Deviceの略で、物体の時間を進めたり巻き戻したりができる。ちなみにTMDのプロトタイプはHalf-Life 2のGravity Gunによく似た形状をしていた。

物語の構図もどことなくHalf-Life 2を思わせる。この島を牛耳るソビエト軍の将校は、どうやら、Renkoが(序盤にて)時間の狭間で炎の中から助けてしまった人物Demichevであり、それにより歴史が変わってしまったようなのだ。レジスタンス勢力Mir-12の女性兵士Kathrynの助けを得て、この変更を良い方向へ書き換える手助けをする事になる。

それはこの島の地下施設のどこかにあるTMDを手に入れてTime Riftsで1955年に戻り、そもそもTMDを開発していた博士Barisovを助け出してくることだ。

役柄上、KathrynはHalf-Life 2のAlyxのダブルのように写る。Barisov博士は(お調子者ではないが)Dr.Kleinerといった感じだ。こうして比較すると、Half-Life 2の方が『キャラが立っている』事に気付かされる。

やがて、救出したBarisov博士の協力を得て、プレイヤー演じる主人公Captain Renkoは、Demichevの野望を制止する羽目になる。なお、古き良きファーストシューターの慣習通り、Renkoは一切喋らない。


火災から助けたDemichevが、指導者になって登場。


手助けしてくれるヒロインKathryn。


記録フィルムに出てくるTMDはGravity Gunもどき。ドラム缶がみるみる朽ちていく。


これがTMDだ! 誰だ?「Twin Sectorみたい」なんて言っているのは!!


TMDを使えば、崩れた石造りのアーチを復元するのも簡単。
スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon