Vampire: The Masquerade - Bloodlines

私の記憶違いでなければ、steamとD2D以外の店で扱い始めたVampire: The Masquerade - Bloodlines。D2Dでセールに上ることはあっても、やはり『おま国』状態であった。steamでも割引が適用される機会のないタイトルのひとつ。


近頃取り扱いが始まったのはGamesPlanet系列。ドル建て円高が利くGametapがオススメ。イースターセールで現在50%オフ。

名作とはいえ古いタイトルゆえ、半額でも割高感がある。しかし、これまで安価に購入できなかった悔しさを思えば、$9.97なら喜んで払ってしまう私なのであった。

Vampire: The Masquerade - Bloodlinesは、2004年のSource Engineライセンス取得第一号のタイトル。作品世界やルールは、同名TRPGを下敷きにしている。完成度やパブリッシュにおいて極めつけに不遇だった。Half-Life 2に先んじたリリースは契約上の横やりが入って断念(同日リリース)。これが間接的な原因であるのかは分からないが、資金繰りが悪化、次作のパブリッシャが決まらず、ディベロッパTroika Gamesはやがて解散の憂き目にあってしまう。

Gamebanshee.comが引用したGameDAILYの記事によれば、売り上げはわずか72,000本であったという(記事の日付から想像するに、わずか2ヶ月足らずの累積か)。ちなみにArcanum: Of Steamworks and Magick Obscuraで234,000本(3年と四半期の積算と思われる)、The Temple of Elemental Evilで128,000本(同、1年と四半期ほど)。過去の例から見ると、爆発的ではないにせよ、ロングテールでじわじわ売れ続けていたかもしれず、近視眼的に「あまり売れなかった」と言うのは忍びない気がする。

なお、例に漏れずバグが多いタイトルとして知られているが、このマイナス面を吹き飛ばすほど、RPG通には受ける作りになっており、熱心なファンコミュニティが現在も非公式パッチをリリースし続けている

追記:非公式パッチに関しては、hikamiさんのところに詳しい情報アリ。
スポンサーサイト

テーマ : ダウンロード販売
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon