名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

けっこう難しいじゃなイカ!

う~む。詰まった。パーティに誰一人として治癒系魔法を使える者がいない。先へ進むことは可能だが戻って体勢を整える事が出来ない。なお、治療を行える候補は居たのだが、Nadoretの事件で殺されてしまった。冗談ではなく、ゲソに勝てない。

更に、毒に冒された状態のままで旅を続けているのだが、回復方法もわからん。睡眠で全快も無いし、Bandageでは当然治らない。ポーションらしきものが売られているのをあまり見かけた気がしないのだが…。
  • シナリオには、解決法というかアプローチで分岐するらしい箇所が複数あるように見受けられる。
  • ルールを詳説してくれるマニュアルが無いと辛い。呪文の効能がぱっと見でよくわからない。根本的に略号の意味からして分からないのだから。システム内にチュートリアルTipsよりも詳しい参照ルールが無いのは困る。
  • シナリオはモジュール化されており、エリア単位で進む。一旦入ると戻れない。ゆえに、必要な装備品や戦力が満たない場合、敵を殲滅できない等して、詰まってしまう。かなりシビアだ。
  • 一本道シナリオの常として、何かを強要される場面が多い。その解決法に則った攻略であれば、リスクは低い。だが、それを拒否した場合、最終的に戦闘となる。最低限、どんな不利な状況下でも敵を倒せるような備えが必要だ。
  • Woundedが厄介で、5回喰らうとどんなにVitality(ライフもしくはヒットポイント)が高くても昇天する。これを治せない状態が続くと、先は長くない。

満身創痍。この状態で難敵を突破するのは無理。これは、完璧にやり直しだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/18 04:56 ] ■RPG Drakensang | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
全記事表示リンク