名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

アドベンチャーゲームは嫌い?

20万個売れたというAmnesia: The Dark Descentのディベロッパ、Frictional Gamesの第一作であるPenumbra: Overture Episode1。Humble Indie Bundleで手に入れたものを今頃プレイしてみた。

基本的な要素はAmnesiaと共通。ファーストパーソン・シューターのごとき操作性と見た目で、ステージ内を彷徨って、材料を集めるなどしてパズルを解きつつ、先へ先へと進んでいく。

2007年リリースという事もあって、Amnesiaと比べると垢抜けない箇所がある。グラフィックに関しては解像度の上限が1280*1024で、ワイド非対応。Fontがテクスチャである点がこのエンジンの弱点で、引き延ばされた文字はジャギーまみれで美しくない(この点はAmnesiaでも同じ)。楽曲は同一か、さもなくば流用のようだ。

全般に、説明過剰で、やや不親切。ハンマーだのピック・アックスだの、照明具だけでも類似アイテムがたくさん出てくる。シンプル・イズ・ベストの発想からすると正反対。セーブはオートセーブのみで、セーブポイントの状態しか維持されず、ロードからやり直すと、何度も同じ事をしなければならない(Amnesiaなら、進展具合はリセットされずに、主人公が復活する)。

アドベンチャーとしての作りが最大の相違点か。よりアドベンチャー・ジャンルに準じた印象だ。難易度もAmnesiaよりは高めに感じる。

正直、つまらない箇所で詰まった。いわゆる『手続き』を順にパスしないといけないのだが、最初の手続きを見逃した結果、その後が解決できなくなって、大分まごついた。

私の場合は、Officeの机の引き出しにあるSmall keyを見落としたが為に、チェストの中の「爆薬を説明する文書」を読めておらず、ゆえに、導火線が作れなかった。

この状態だと、紐も手に入らないし、火薬も加工できない。本来手に入る場所に居るのに、だ。そんなわけで、TNTが点火できずにほとほと困った。

反りが合うかどうかでは、Penumbra: Overtureは合わないようだ。偶然のいたずらに過ぎないが、序盤がしっくり来なかったゲームというのは、往々にして今ひとつというものが多い。

導入部の秀逸さや没入感・演出ではAmnesiaに軍配が上がる。Penumbraでは、面倒くさそうだという印象が先に立って、謎を解決してやろうという覇気が盛り上がらない。まぁ、あくまで個人の感覚的な話なんだけれど。


このExplosives bookを最初に手に入れなくてはいけないのだが、チェストが開けられず、飛ばしてしまった。


最初に開けられなかったチェスト。


それゆえ、火薬を見つけても、何も出来ない…。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
全記事表示リンク