アドベンチャーゲームは嫌い?

20万個売れたというAmnesia: The Dark Descentのディベロッパ、Frictional Gamesの第一作であるPenumbra: Overture Episode1。Humble Indie Bundleで手に入れたものを今頃プレイしてみた。

基本的な要素はAmnesiaと共通。ファーストパーソン・シューターのごとき操作性と見た目で、ステージ内を彷徨って、材料を集めるなどしてパズルを解きつつ、先へ先へと進んでいく。

2007年リリースという事もあって、Amnesiaと比べると垢抜けない箇所がある。グラフィックに関しては解像度の上限が1280*1024で、ワイド非対応。Fontがテクスチャである点がこのエンジンの弱点で、引き延ばされた文字はジャギーまみれで美しくない(この点はAmnesiaでも同じ)。楽曲は同一か、さもなくば流用のようだ。

全般に、説明過剰で、やや不親切。ハンマーだのピック・アックスだの、照明具だけでも類似アイテムがたくさん出てくる。シンプル・イズ・ベストの発想からすると正反対。セーブはオートセーブのみで、セーブポイントの状態しか維持されず、ロードからやり直すと、何度も同じ事をしなければならない(Amnesiaなら、進展具合はリセットされずに、主人公が復活する)。

アドベンチャーとしての作りが最大の相違点か。よりアドベンチャー・ジャンルに準じた印象だ。難易度もAmnesiaよりは高めに感じる。

正直、つまらない箇所で詰まった。いわゆる『手続き』を順にパスしないといけないのだが、最初の手続きを見逃した結果、その後が解決できなくなって、大分まごついた。

私の場合は、Officeの机の引き出しにあるSmall keyを見落としたが為に、チェストの中の「爆薬を説明する文書」を読めておらず、ゆえに、導火線が作れなかった。

この状態だと、紐も手に入らないし、火薬も加工できない。本来手に入る場所に居るのに、だ。そんなわけで、TNTが点火できずにほとほと困った。

反りが合うかどうかでは、Penumbra: Overtureは合わないようだ。偶然のいたずらに過ぎないが、序盤がしっくり来なかったゲームというのは、往々にして今ひとつというものが多い。

導入部の秀逸さや没入感・演出ではAmnesiaに軍配が上がる。Penumbraでは、面倒くさそうだという印象が先に立って、謎を解決してやろうという覇気が盛り上がらない。まぁ、あくまで個人の感覚的な話なんだけれど。


このExplosives bookを最初に手に入れなくてはいけないのだが、チェストが開けられず、飛ばしてしまった。


最初に開けられなかったチェスト。


それゆえ、火薬を見つけても、何も出来ない…。
スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon