名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

英語は得意ですか?

Steam Translationでお手伝いをしている。私より上手い素人翻訳家もいるだろうと参加したが、う~む。他人様のことはあまり言えた義理ではないが、結構、珍訳・迷訳が多い。特に顕著なのが、Applicantと呼ばれる応募者だ。「基本的に、翻訳できていないだろ!」というような、インチキな文章がボロボロでてくる。分からなくて誤魔化したんだろうなぁというところが、困りものだ。

Applicantには、日本IPで売られていないタイトルの解説文が、テストとしてよく割り当てられる。どうせ陽の目を見ないのだから、いい加減でいいだろう、と考えてしまうのだろうか? 英語の出来ない人の特徴がバリバリ出ていて、一発で分かる。例えば、ある機能の例として、項目が羅列されていたとする。英語は最後をandで結ぶのだが、素人さんはこれを律儀に「X、Y、そして、Z」と翻訳してくれる。

Featureの羅列で、動詞が頭にくる場合がある。そのまま命令形で通る場合も無いことはないが、単に主語が省略されているものとして翻訳した方が、日本語として丁寧な印象にはなる。動詞ではなく名詞(体言止め)という場合もあって、素人さんは、これをよく混同してしまったりする。これまで丁寧語の「です、ます」だったのに、リストになったとたん、『~して戦え。』『~せよ。』とかが一杯並んでいるのは失笑ものだ。

いずれにせよ、英語の効能書きは、その通り翻訳しても日本語にすると収まりの悪い文章になりがちで、これを上手く日本語に落とし込んでいる人は数えるほどしかいない。…といっても私を含め16人しか在籍していないようなのだが。

あのBLOGの英語の得意そうな人か、という方でも、「あれれ? 原文にない文章が一杯くっついているよ」みたいなことがある。Steam Translationのインターフェースは枠が固定されていて、少し離れた前や後の段落の可読性が悪い。とてもその場で翻訳するには向かないと思う。これを急ぎでやっつけてしまうと、単純ミスに繋がるのかな、とも思うが……まぁ、要するに時間をかけてよく読まないで、適当に通りのよい日本語にでっち上げてしまっているのだろう。推敲すれば、ああはならんはずだ。それとも、moderatorがちゃんと読んで判定しているか、確かめているのだろうか。ちなみに私はボランティアの他の皆さんと同じ下っ端なので、強い権限はない。Approve、Declineに票を投じられて、Suggestを投稿できるだけだ。念のために書いておくと、Declineするくらいなら、Suggestをしているヨ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/09 23:36 ] ダウンロード販売 steam | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク