名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

UV Master

ZBrush 3.5R3用のUV Master v1.0プラグインをざっと試してみた。Headus UV Layout Proを購入すべきか思案していた筆者にとって福音となるだろうか。

UV Masterでは、競合プログラムとの差別化として、完全自動化されたseam判断を目玉としている。ボタンひとつ押すだけで、モデルから最適なシームを割り出してUV展開してくれるという、実に夢のようなプラグインである。

さっそく今手がけているキャラクターモデル(38,032ポリゴン)に使ってみた。マニュアルによると、100ポリゴン~15万ポリゴンのオブジェクトが推奨されている。



結果は画像の通りで、シームが口角に出来てしまった。口パクが前提のモデルは口腔まで作り込むのが一般的だと思うが、これが災いしてか、マニュアルでならまずやらないであろうUV展開になった。

これを制御する為の方法がControl Paintingと銘打たれたものだ。ポリペイントと同様に、塗るだけという簡単操作で、全自動シームを補佐するのが狙いである。

この塗りには、Protect, Attract, Densityと3種類用意されている。ボタンを押すと、そのモードになるので、とにかく塗ればよい。Protectとして塗った領域は不用意にシームが発生するのを防ぐ。Attractはその逆でシームが出来やすくなる。DensityはUV展開での面積比(※)を変えてくれる。
※roadkillでもそうなのだが、自動的に展開するとシーム周辺部よりも中央部の方が面積が狭くなる為、顔のような重要な部位が割を食ってしまう。

筆者は以下のようにして、やり直してみた。


  • Densityで、額から顎・耳に近いあたりまでの顔面と耳を塗る → 何もしない場合よりも面積比で4倍になる(比率は変更可能)。
  • 顔面、耳をProtectで塗る。
  • 背中、二の腕の裏側、太股の内股をAttractで塗る。
これでUnwrapをすると、かなりいい具合の結果が出た。

seamの様子(左)。Textureで市松模様のチェッカーを選んでやれば、ゆがみを確認できる(中)。UV展開の結果を見たければ、 Flattenボタンを押す。即座に”開き”を表示してくれるので、ZBrush上で結果が確認できる(右)。

ただし、この例で若干気になった点は:
  1. SymmetryをONにしていても、左右対称な開きにならない箇所があった(頭頂部の辺り)
    → Attractを後頭部に塗ってやると改善した
  2. Control Paintingで塗る時に、肉厚が薄い部分(耳など)はIntensityに関わりなく色が裏移りする(これがどの程度Unwrapに影響するかわからないが)
また、UVアイランドを別々にするには、あらかじめポリグループを作っておけばよい。先ほどの口腔は、頭部と切り離したポリグループにしておくと、うまくいくだろう。既にUVを持ったモデルにも適用でき、UVアイランドの切り分け方を維持したまま、ひずみを低減する目的で、このプラグインを再展開に使う事ができる。

総括すると、面積比を変える事ができるので、roadkillよりは優れている。展開結果はゆがみが無いかごくわずかである代わりに、例えば正方形の中に(歪みアリで)収めるといった事はできないので、ゲーム用途のようにきっちりとしたリソースを作りたい場合には、別途編集の必要がある。なお、UV Masterは編集機能は提供していない。Headus UV Layout Proでは、この部分に関するツールが備わっており、手作業ながらも行うことができる点ではUV Masterよりも優位と言えそうだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/24 11:10 ] 3D - ZBrush | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク