UV Master

ZBrush 3.5R3用のUV Master v1.0プラグインをざっと試してみた。Headus UV Layout Proを購入すべきか思案していた筆者にとって福音となるだろうか。

UV Masterでは、競合プログラムとの差別化として、完全自動化されたseam判断を目玉としている。ボタンひとつ押すだけで、モデルから最適なシームを割り出してUV展開してくれるという、実に夢のようなプラグインである。

さっそく今手がけているキャラクターモデル(38,032ポリゴン)に使ってみた。マニュアルによると、100ポリゴン~15万ポリゴンのオブジェクトが推奨されている。



結果は画像の通りで、シームが口角に出来てしまった。口パクが前提のモデルは口腔まで作り込むのが一般的だと思うが、これが災いしてか、マニュアルでならまずやらないであろうUV展開になった。

これを制御する為の方法がControl Paintingと銘打たれたものだ。ポリペイントと同様に、塗るだけという簡単操作で、全自動シームを補佐するのが狙いである。

この塗りには、Protect, Attract, Densityと3種類用意されている。ボタンを押すと、そのモードになるので、とにかく塗ればよい。Protectとして塗った領域は不用意にシームが発生するのを防ぐ。Attractはその逆でシームが出来やすくなる。DensityはUV展開での面積比(※)を変えてくれる。
※roadkillでもそうなのだが、自動的に展開するとシーム周辺部よりも中央部の方が面積が狭くなる為、顔のような重要な部位が割を食ってしまう。

筆者は以下のようにして、やり直してみた。


  • Densityで、額から顎・耳に近いあたりまでの顔面と耳を塗る → 何もしない場合よりも面積比で4倍になる(比率は変更可能)。
  • 顔面、耳をProtectで塗る。
  • 背中、二の腕の裏側、太股の内股をAttractで塗る。
これでUnwrapをすると、かなりいい具合の結果が出た。

seamの様子(左)。Textureで市松模様のチェッカーを選んでやれば、ゆがみを確認できる(中)。UV展開の結果を見たければ、 Flattenボタンを押す。即座に”開き”を表示してくれるので、ZBrush上で結果が確認できる(右)。

ただし、この例で若干気になった点は:
  1. SymmetryをONにしていても、左右対称な開きにならない箇所があった(頭頂部の辺り)
    → Attractを後頭部に塗ってやると改善した
  2. Control Paintingで塗る時に、肉厚が薄い部分(耳など)はIntensityに関わりなく色が裏移りする(これがどの程度Unwrapに影響するかわからないが)
また、UVアイランドを別々にするには、あらかじめポリグループを作っておけばよい。先ほどの口腔は、頭部と切り離したポリグループにしておくと、うまくいくだろう。既にUVを持ったモデルにも適用でき、UVアイランドの切り分け方を維持したまま、ひずみを低減する目的で、このプラグインを再展開に使う事ができる。

総括すると、面積比を変える事ができるので、roadkillよりは優れている。展開結果はゆがみが無いかごくわずかである代わりに、例えば正方形の中に(歪みアリで)収めるといった事はできないので、ゲーム用途のようにきっちりとしたリソースを作りたい場合には、別途編集の必要がある。なお、UV Masterは編集機能は提供していない。Headus UV Layout Proでは、この部分に関するツールが備わっており、手作業ながらも行うことができる点ではUV Masterよりも優位と言えそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon