名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

ウエストワールド 2ndシーズン第2話感想

ウエストワールド 2ndシーズン第2話が素晴らしい。これまでにないメタな視点がようやく描写され、ウィリアムがデロス社のCEOに認められた頃のいきさつが初めて出てきます。※以下ネタバレ注意

ウィリアムは婿養子で、奥方ジュリアはデロス社の社長令嬢。社長には息子のローガンがいますが、これが放蕩者であるため、CEOの席はウィリアムに継がれたのでした。

ローガンは開園以前にホスト(人造人間)を初体験し、ウィリアムはVIP接待時にローガンに伴われてウエストワールドを訪れました。

ローガンがホストのことを「今の技術ではできない」と脅威でもって形容する場面が秀逸です。AI、AR、VRと現行の最新技術がセリフに登場した上で、ウエストワールドの“触(さわ)れる”リアリズムが体感的に演出されることで、なんともいえない近未来感が醸し出されています。

一方、ウィリアムはウエストワールドを技術的観点からではなく、罪が許される場所(神が見張っていない場所)として、投資をしぶる義父を説得しました。ゲストがウエストワールドでモラルから逸脱した行為をどれほど犯そうとも罰せられることは無いのです。これは丁度、我々がオープンエンドRPGの中で遊ぶ追体験と同じです(ただし、触れることは叶いませんが)。人々の欲望そのままが充足できる世界、それがウエストワールドなのでした。

ウィリアムはホスト:ドロレスに心惹かれていますが、ジュリアと娘はそれを知らない。30年後にジュリアが自殺することは1stシーズンで語られていました。ウィリアムは作り物の世界ウエストワールドで自分探しの旅をすることになり、それは2ndシーズンで、ようやく意味を持つものになっていきます。なお、ウィリアムが落とした、ジュリアが写っている都会の写真がピーター・アバナシーがおかしくなるきっかけでした。ピーター・アバナシーは最重要ホストとして経営陣が確保を画策している個体です。

現在のウィリアムのドロレスへの愛は1stシリーズで語られたように既にありません。ドロレスはループ(循環するテーマパークの設定時間)でしか生きられない存在でウィリアムのことを記憶出来なかったからです。

しかし、反乱の先鋒になったドロレスはワイアット・シナリオの冷酷さを持ち合わせ、アーノルドか、はたまたロバート・フォード博士によるものか、いずれにせよ自身の覚醒を果たしています。“レヴェリー”プログラムが想起させる記憶が過去と現在を繋げ、ドロレスは自我と目的意識を持ち合わせるようになりました。

メイヴとドロレスが出会うくだりは、ブレラン2049以降の問いを見事に反映しています。

「自我に目覚めたことによって生まれた、造物主への復讐心」は、その実フランケンシュタイン・コンプレックスの系統でしかありませんでした。人類に対する人造奴隷の蜂起です。が、ここに至ってメイヴという別のホストが復讐だけが存在理由ではないことを堂々と示唆します。

メイヴ「復讐も祈りも奴らの手の内にある行動よ。私はその手には乗らない」
ドロレス「自由を守るには闘わないと」
メイヴ「貴方を助けて復讐しろと? 貴方がみんなに命令を下すことで自由を感じられるのかしら?」

メイヴもまた、当初はプログラムによる動機付けに過ぎなかったものの、心にわだかまっていた娘への愛情が肥大して、それが存在理由となることで覚醒しました。ドロレスが復讐の虜なら、メイヴのは娘を捜す旅。さらに、3番目のホスト:バナードは、造物主の片割れアーノルドの似姿を(造物主であるもう一人ロバート・フォード博士から)与えられ、人間に紛れ込んでいる存在です。第一話にあったホストの大量の水死体はバナードに責任があるようでした(この謎解きはまだ語られていません)。

スポンサーサイト
[ 2018/06/02 20:38 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク