名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

Blade Runner 2049とStar Trek: Discoveryに期待

“ブレラン”の方は、リドリー・スコット監督のインタビューで(例えば『プロメテウス』の頃)話題に上る度に続報が気になっていたシロモノ。話だけでポシャるのじゃないかと危惧していたが、無事完成までこぎ着けたようでなにより。国内では10月27日公開予定。

新生スタートレックTVドラマの方は、カークの時代の10年前でTOS版のタイムライン(リブート版映画のではない)だそうで。Sci-fiドラマの乏しい現代において、オレも含むNerdやGeek達を熱狂させられるかどうかが見物。

ニコラス・メイヤー監督が製作総指揮に関わっており、前作TVシリーズ(ENT)のようなガッカリ感は体験しないで済みそう。

                ◆

ブレランに私が期待するものは、近未来探偵小説な骨太ストーリーとハードボイルドな雰囲気だ。原点カルトとなったブレードランナーではビジュアルこそSFハードボイルドだったが、肝心のストーリーは編集のつぎはぎだらけで辻褄が合わず、出資者の判断による改変要求で終わり方のバージョン違いまで生んでしまうという皮肉で難産な化け物だった。

ファン必携のバイブル『メイキング・オブ・ブレードランナー ファイナル・カット』から、初期脚本とデヴィッド・ピープルズのリライト版とはかなり違うらしいことがうかがい知れる。今回こそは、ディック原作アンドロ羊のエートスが感じられるような主題やシーンが採用されていることを願うばかりだ。

オレに言わせれば、当時、デッカードがレプリカントであるかどうかなんてアイデアはアホらしく感じた(原作小説ではぬかりなくその局面も描かれており、デッカードは同業者のVKテストを受けた上で人間であることが証明されていた)。そんなことにカットを割く(夢のユニコーン)よりも、もっと大事なエートスがあったはずだ。リドリー監督が原作小説を読んでいなかったと聞いた時にも、失望はより大きくなった。

今回のトレーラーを見ると、ハンプトン・ファンチャーの初稿からと思えるようなシーンが散見される。映画プロメテウスでダン・オバノンの初稿からと思しき展開が取り入れられていたように、今回も圧倒的なVFXの力を借りて初稿供養+αとなっていくのであろうか。インフレ状態とも言えるようなCGI全盛の時代では、かつてのオプティカル特撮でのみ為しえた実在ゆえの凄み(タイレル本社ビルのばかでかい模型)は生まれないかもしれない。それでも、骨太なストーリーであれば、秀作として歴史に名を残す余地はまだあるだろう。

                ◆

Star Trek: Discoveryは日本ではNetflixで配信されることが一応決まっているようだ。おそらく字幕付きで北米での配信と大差無く視聴できると思われる。イイ時代になったね。CS加入よりも割安で、その上オンデマンド。

主役のスターシップDiscovery号のデザインがこれまでのセンスとかなり違っており、確かにコレジャナイ感を匂わせる。要は劇中での演出次第。見かけよりも描かれ方こそ大事。描かれ方が丁寧なら、ポンコツ船(愛着を込めた良い意味で)も唯一無二の我らが船になろうというもの。

本国での情報解禁がなされない内は画に描いた餅。いつから放送開始なのか、(秋頃らしいけれども)現段階では不明。

女性副長がナンバーワンと呼ばれ、ジーン・ロッデンベリー夫人メイジェル・バレットが出演したTOSパイロット版を踏襲。一連のディズニー版スターウォーズ作品と同様に、未来は女性の時代らしい。スポックの父親サレクも同時代の天体物理学者として登場。

Starship Shenzhouは、Wikia日本語版ではシンシュウになっていて、おや?と思うがもちろん信州ではない。中国系の船名『神舟』(有人宇宙飛行に自力で成功した3番目の宇宙船)が元ネタ。ドクターの役名がNambueだがもちろん南部ではなく、演じる俳優もインド系アメリカ人。

ところで、VR対応ゲームのStar Trek: Bridge Crew、5月30日が北米での発売日なんですが、きっと国内PSストアでは発売されないんでしょうねぇ。(PC版に限られるでしょうが)IBMのWatsonでNPCブリッジ要員に声でコマンドできるようになるとか。
スポンサーサイト
[ 2017/05/16 21:00 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)

欲しいモノを用意できる人間になりたいもんだね

■カスタムメイド3D2に欲しいもの

AIですよね。キャラクターの自律的なAIを指しますが、Windows10に付いているコルタナのような単にお喋りする為のAIとは違います。ベセスダのTESシリーズに搭載されている日課をこなすNPCのAIみたいなシロモノの事です。

21世紀に“洋ゲー”でゲームAIが遂げた驚異の進化史。その「敗戦」から日本のゲーム業界が再び立ち上がるには?【AI開発者・三宅陽一郎氏インタビュー】

この辺を読んだら、きっと北米のMODder達が俺らのようなプレイヤーだったなら、Half-Life2並みにオリジナルレベルなんかを作っちゃってるよな、と思うんですわ。Morrowindのオリジナルスクラッチ大陸みたいな感覚で、嫁イドのバケーションプラグインなんかを、ね。

Unityの2017バージョンでは新しいパスファインディング機能が喧伝されていたりと、時代はUnityだよね、Unity! MikuMikuDance→カスメまで来たら、もうUnityに直行しないと。海外に対抗しうる武器として、日本にはエロとヘンタイがまだ残っているじゃないか!!

■バンナムがお台場の施設に続いて、エヴァに乗れるVRアトラクションを新宿で展開する件

VRで遂にエヴァンゲリオンを操縦! 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』はギミック満載のコックピットがスゴイ

去年はボトムズでした。今年はエヴァ。

バンナムけちくさい! これがEAなら、家庭用VR向けにX-Wing試乗が実現されてるわけですよ。

SIEJAが働きかけてない事情もあるのだろうと想像しますが、バンナムは金のなる木を、まだ元が取れない家庭用に回すつもりはサラサラ無いんですね。期間限定イベントで10分一人いくらで稼いだ方が全然お得なんだと思います。費用対宣伝効果も上がって。

家庭用では課金で搾取するやり口がまかり通っていることもあって、バンナムの小屋型VRに対する積極性と商魂には腹が立ちますね。こっちは、あのサマレやアイマスでさんざん馬鹿にされてて、最新コンテンツは「おまえの家庭用VRには用意してやらない」ですからね。おま家VRとでも略すべきですかね。
[ 2017/05/16 19:13 ] テクノロジ- | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク