ハイペースFPS - Bulletstorm

キャンペーンをノーマルでクリア。総プレイ時間は表示されないので詳しくはわからないが、10時間くらいだと思われる。上手い人は7時間前後でクリアできるのでは? なかなか堪能できる作りだった。一本道にしては豊富な内容で、おなかいっぱいだ。このゲーム性を鑑みるからに、シングルキャンペーンを充実してくれたのはありがたい。ややもすると、マルチプレイの方を十全にして、シングルプレイはオマケ程度になりそうなところだ。

キャンペーンに登場したチャプターを、タイムアタック形式で楽しめるEchoモードの充実も嬉しい。NPCのセリフを聞かんが為にブツ切りだったステージも、コンボ点数を競うこのモードでは、かなりのハイペースだ。似たアクション性を備えたDark Messiah of Might and Magicで思った、「タイムトライアルモードがあれば良かったのに」という私の感想は、Bulletstormで叶えられているに等しい。

とうとうやってきたエンディングは、続篇を感じさせるオチとなっていた。流れていく開発者クレジットの速度をポーズできるという妙な趣向で、その後、暗転したままの画面にボイスオーバーで、気になるやり取りとセリフが流れる。最後は、死んだと思ったあの人らしき声が、ニーチェの有名な一節を言う。「神は死んだ」

ところで、言われても嬉しくない表現にTuna Headというのがあるけれども、このゲームで頻繁に出てくるSushi Dickはもっと酷い。海外に居る日本人がネイティブの若造に急にこう呼ばれだしたとしたら、間違いなくこのゲームのせいだ(まぁ、それだけ売れてればの話だが)。

私のお気に入りの武装は、最終的に、Peacemaker CarbineHead Hunter+(敵に合わせて)PenetratorFlailgunに落ち着いた(※キャンペーンの場合。Echoでは異なる)。Penetratorは敵一体を弾き飛ばす効果が頼もしく、終盤ユリシーズ号内では使いまくった。Flailgunは敵の足を止める効能が役立ち、更に、“マグマ大使”(この形容で、どの敵のことだか分かって貰えると思う)に使うとそばの複数が派手に吹き飛んでくれる。

Head Hunterは、スナイプにより膠着状態を打破できるので、ヘタレには最重要な武器であった。対ボス戦時には欠かせない。セカンダリーショット(Charge shot)は狙うのが面倒な場合には最適。

ヘタレの私は、ACT7のChapter1が手こずった。Waveが3回ほどあり、ボスクラスが4体以上出てくる。さしものスナイパーライフル(Head Hunter)も頼りすぎると弾切れになるほど。

Head Hunterには、発射した弾を右スティックでコントロールして、逃げる的に命中させるという狙撃の面白さがある。的の部位の内、頭部に命中させれば得点100だ。ガトリングガンを構えた基本的なボスの場合、まず、頭部を覆う金属製の仮面を狙撃して外し、露わになった頭部を射殺すればよい。他武装のボスもこれに準じており、NPCの相棒達が「バックパックを狙うんだ」等と、教えてくれた部位を狙撃していけば倒せる。Peacemaker Carbineの通常弾では、アーマーを貫通できないようだ。

弾薬補給は、敵を倒して手に入れるか、さもなければ、Drop Kitと呼ばれる装置にアクセスする。Drop Kitはゲーム的なご都合主義の、弾薬ロッカー兼アップグレードマシンである。骨のあるステージ直前にわざとらしく設置されており、万が一ゲームオーバーとなっても、武器の選択を変更してやり直すことが出来る。こうした親切設計は、カジュアル層による売り上げを一層伸ばすことだろう。同じ武器を集中して使ってしまわない限り、弾切れは生じにくい。

Bulletstormの地味だが目新しい点を、いくつか紹介してみよう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

期待はずれを通り越すと見えてくる爽快感 - Bulletstorm

ACT6まで来た。進むにつれてステージがどんどん変化していき、武装が増えてスキルショットの幅が増加。ヘタレとしては、スナイパーライフルが便利なので、かなり頼ってしまう。ボスのヘルムを剥いだり、バックパックが狙い易いからだ。

敵によっては、相性の良い武器があり、それを使うことでKILLが楽になる。武装のアップグレードは、弾薬のキャパシティを増やしたり、セカンドショットの強化程度と地味。稼いだポイントを弾薬の補充に当てることの方が多くなった。

Leashは、中盤から戦略的に使う出番が減ってしまった。尤も、プレイヤーの殺戮スタイルに依るものだとは思う。強制イベント的な使い途はよく求められるのだが。


立体視? いやいや、とんでもない。ブーズを飲んで視界がグルグルになった時の画だ。リスクを冒してノルマ達成をすると、アチーブメント・アンロックでもあるのだろう。

おバカ要素が徐々に頭角を現してきた。ジオラマでゴジラもどきが暴れ回るシーンでは、Psychonautsのゴーグラーが思い出される。植物の胞子が敵の頭部にすっぽり填る様子は、Overlordのミニオンを想起する。なにげに多方面へのオマージュやパロディで出来ている作品なのかもしれない。


このゲーム、どんだけゴジラ(北米版)が好きなんだ?

カジュアル性とステージの多様性が、シンプルなゲーム性を補って余りある。序盤で失望せずにプレイを続けていると、それなりに楽しさが見えてきた。こういう一途なアクションゲームも時にはアリかな。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

置き換えキャラクター - Half-Life2 Episode2

Half-Life2 Episode2がsteamにてセール中でしたから、一時的に復活です。ジオシティーズの容量がリミット寸前だったもので、これまで削除しておりました。7zipで圧縮しなおすとファイルサイズを小さくでき、なんとか置くことが可能となりました。



画像の青白い肌のダークエルフは、Alyxを置き換えるカスタム・キャラクターとして、2007~2008年にかけて作成していたものです。今現在のスキルから見返すと、至らない箇所も目に付きますが、宜しければ遊んでみて下さい。

 ダウンロード:darkelf2v13a.7z

ファイルの配置に関してはReadme.txtをご覧下さい。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

真実~Dexter the Game

DEAR DEXTERはお馴染み「冷凍車キラー」のほんの序盤。どうやら、このゲームでは解決する事は叶わないようだ。第1話のお終いの場面と同じになる。


仕事の後、リタを尋ねなくてはいけない。このタイミングはプレイヤーに一任されている。他の事件の合間でもいいし、他を完璧に終わらせてからでもいい。


リタの家。劇中より広いような気がするが…。二人の子供はベビーシッターに預けてあるので、これからカニを食べに行こうと、デックスを誘ってくる。


このゲームでは(全般的に)人が少なくて寂れているが、劇中では大いに賑わっていた場面だ。


TVドラマでは、フツーの人間がああも殺気立ってカニを叩いている…というデックスのモノローグで、上手く演出されていたカニ叩き。これをミニゲームにしたのは、なかなか上手いと言えよう。この場面の後は、もちろん、金曜の晩に仕事をして不満たらたらのエンジェルと遭遇することになる。


警察署では、不細工なポリゴンのデブが、風紀課を抜ける為と、ラゲルタに一泡吹かせてやる為に、知恵を授けてくれと頼ってくる。画面下部にある3つの選択肢は真ん中がスタンダード、左がダークパッセンジャー、右がヒューマニティという案配になっている。


冷凍車を手配してみろ、というデックスの助言をミーティングで進言したデブだったが、ラゲルタ警部補が取り合ってくれなかった、とお怒りのご様子。


再びリタからデートのお誘いがあり、車で向かう途中、件の冷凍車に出会うデックスだった。TVと同様のプリレンダムービーの後、帰宅したデックスは冷蔵庫に“メッセージ”が貼られている事に気が付く。それはバービー人形の頭部だった。


DEAR DEXTERを後回しにしていた為、ここでゲームで用意された全ての事件が完了し、唐突にスコア画面が表示された。証拠のピースの全クリアを狙ってリプレイするも良し。選択肢を全部ダークパッセンジャーにして、どの程度マスクが減るのか試しても良し。デックスのセリフの差異を選択肢別に確かめてみるも良し。ファンにはそれなりにリプレイ性がありそうだ。生憎とゲーム性はお粗末だけれども。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

アーケード+Dark Messiah≠Bulletstorm

Bulletstormは、Arcane StudiosのDark Messiah of Might and Magicを、剣戟の代わりに全編“銃”でやろうとしたかのような印象のアクションゲームだった。First Person Shooterというよりも、昔よく見かけたアーケードゲームに似ている。場面が転換する都度、いろんなシチュエーションで的を撃つ、昔ながらのシューティングである。違うのはプレイヤーが移動できる事、相棒のIshiがいる事(CPUとのCo-Op)、前述のDark Messiah的な倒し方。

奥の深さは感じない単純なゲームデザインをカバーするかのように、グラフィックだけは凝っている。Unrealエンジンだからというのもあるし、Epic Gamesがお得意とする手足が太いマッチョ達に、これでもかと言わんばかりの緻密なディテールが付けられているからでもある。

ガン=カタとは違うのだが、Leash(電磁鞭)との組み合わせで、スタイリッシュな殺し方を様々にキメることでポイントが入る。ゲーム性は至ってシンプルで相棒とバリバリ撃ち尽くすだけ。カジュアル性も高い。難易度も5段階用意されている。


Serious Samでお馴染みのAaaaaaaaaaaaaahに似た印象の自爆魔が登場する…オマージュ?

温故知新とでも言えそうな、形容するには新しい要素があるものの、プレイフィールは大して目新しくないという…頭を空っぽにして遮二無二に楽しむ以外に何があるだろうか。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

J・ジャウォルスキーの事件~Dexter the Game

コーク・ヘッドは、TVドラマ第1話で登場する些細な事件に過ぎない。ヤク絡みの殺人と見立てているドークスが、デックスの鑑識眼で面目を潰される内容だ。ジェイミー・ジャウォルスキーの事件も、ほとんどTVドラマをなぞったもので、細部がゲーム的に補強されている。


J・ジャウォルスキーは不起訴処分になった強姦魔だ。デックスはハリーの掟に従い、確たる証拠を握らなくてはいけない。そのために、まず、彼に近づいて観察する。お馴染みスニークゲーム。バレそうになったら、ブレンド(周囲に溶け込む)する。画像は手紙を出しているそぶりをするデックス。なんともお間抜けなゲーム。なお、劇中では車中から一目見るだけで済んでいた。


ジャウォルスキーの右腕に特徴的なタトゥー(ボディアート)を発見。


GPSを開き、ジャウォルスキーが夜を過ごしている無人の建設現場を昼訪れる。


このパートは少々凝っていた。とにかく手がかりを集めればいいわけだが、デックスの独り言によると、ジャウォルスキーの車のトランクを開く為に、この建設現場のどこかでバールを見つけなくてはいけない。

続きを読む

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

DEMO - Dragon Age II

Dragon Age 2のデモが出た。ファイルサイズは1.88GB。


とりあえず、女ローグで。

BioWareはやる気らしい。デモによるアピールで、コンソール仕様を理由の後ろ向きな前評判(あるとしたら)を払拭したいのだと思われる。

グラフィックはDX11対応オプションが用意されており、PC版の恩典も考慮されているようだ。操作形態はマウス(箱コンに非ず)。見栄えは違うが、前作を踏襲したインターフェースで、BioWareらしさとコンソールっぽさのせめぎ合いのような感触もある。

おそらく製品版の序盤なのだろう、イベントシーンが多い。ローグのアクティブ・スキルにはなかなか面白いものがある。とにかく派手で、動きがある。

キャラクター・デザインの方向性はアジア系MMOに近づいてきた。線の細い可憐なキャラクター達が伝説上の英雄らしいファンタジックな装いで、血みどろの剣戟を繰り返していく。

肝心のRPGらしさは、もっと本格的にプレイしないことには見えてこないだろうが、こうした骨太なデモを体験してしまうと、新しもの好きの人は買っちゃうだろう。リリース直後のセールス記録は良くなりそうだ。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

ロバート・マレリの事件~Dexter the Game

マイク・ドノバンを除く4つの事件は、なんと同時進行できる。プレイヤーが進み具合をコントロールできるのは、アドベンチャーゲームとしても珍しい方だろう。

おまけに、TVドラマでは語られていない「ロバート・マレリの迷宮入り事件」を体験できるのが目玉だ。第3話で、デックスがリタに押収品として貸したオープンカーの由来が分かるのだ。


マレリは天才肌の学生だったが轢き逃げされ、犯人は判明していない。ドークスの持っていたファイルによると、母親との面会が糸口のようだ。


デックスのもう一つの武器といえば…コレ(ドーナツ)だ。開発者さん、珍しく分かってるじゃないの!というカンジ。


カミラの居場所も再現されている。妙な場所にはまり込んだ妙な生き物にも見えてしまうが。


養子であるデックスの素性に詳しいというカミラ。やけにポリゴンの出来がいい。セリフも劇中そのまま。「鑑識はいつも手袋をしてますから大丈夫」とデックス。

続きを読む

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

アドベンチャーゲームというワナ~Dexter the Game

ゲームをプレイし始めて、改めて録画したTVエピソードを見直しているのだが……、よく思い出してみれば、虫食い的に数話しか見たことがないのだった。同じマイアミが舞台でも、4年前の当時はNip/Tuckの方を好んで見ていた。

Dexterの感想は、例えて言えば、四本足のニワトリの画を描いたという大学生(90年頃の新聞記事だったか)のような、不思議な感覚のドラマだ。「人を殺すのは、どうしていけないの?」と子供に質問されたら、何と教えますか? という話題すらも思い起こされる。

知能犯で冷徹だが、感情面に欠け、それでも教えられた掟を頑なに守り、紛れ込んでいる自分を客観的に観察しているモンスター、それが主人公だ。話運びも、冷凍車キラーを軸に展開してはいくものの、どのように拡がるのか、まるで読めない。第3話から第5話にかけては、とりわけヒューマニティな内容で、まるで別の物語のようだ。実に奥が深い。ただの殺人鬼の話でなくてホッとすると共に、こんなにも家族愛に関するテーマを内包していようとは。

TVドラマで得られたカタルシスは、このゲームでは期待できないだろうな。

■トリヴィア。劇中とゲームとでの相違。
 ・劇中のデボラの居たモーテルの名前は「セブンシーズ・モーテル」で、ゲームと名前が違う。
 ・更に、デブの居たルームナンバーは105。ゲームでは106。
 ・マイク・ドノバンの車の運転席にはヘッドレストが“ない”はずだが、ゲームでは“ある”。
 ・ドークスが調べろと言っていたブラッドスパットの凶器はシャープナイフだが、ゲームではスムースナイフ。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

ゲーマーは殺人鬼~Dexter the Game

Dexter the Gameは、海外ドラマ『デクスター』のエピソード1を題材にしたアドベンチャーゲーム。デクスターは、スカパーのFOX CRIMEチャンネルで2007年に放映が開始され、現在もシリーズが継続中(本国アメリカでは2006年10月から放映)。原作はジェフ・リンジーの『デクスター 幼き者への挽歌』。詳しくはWikipediaの同項をご覧頂きたい。


夜、車中から獲物を観察するデックス。

さて、TV話題作のゲーム展開となると、パッとしないのが常道である。このゲームもご多分に漏れず、随分と見かけが悪い。マイケル・C・ホール演じる主人公デクスターの猿顔は、まぁまぁの再現度だが、その他のキャラクターはまるで注力されておらず、似ていない。特に女性陣に関しては、似せる気など毛ほどもなかったと思われる。

グラフィックはお粗末で、とてもPC向けとは思えない。それもそのはず、もともとiPhoneやiPad向けのゲームとして作られたようだ。解像度も1280*720しか存在しない。これが「iPadでHD」という謳い文句の正体だ。さりとて、倍の価格で販売されているPC版が、グラフィックも貧弱のままでいいとは到底思えないのだが。残念ながら、「iPod Touch 2Gでスムースに動く3D」という評価通りの見栄えとなっている。

操作に関しても同様だ。タッチスクリーン専用のものが、PC版で最適化されるわけもなく、どうにも収まりの悪い、もっと便利にできたに違いない、マウスオペレーション主体のインターフェースを誇っている。

他方で、公式ゲームの良いところは、声優陣にTVそのままの配役を使えることだ。デクスターのお馴染みのモノローグが、マイケル・C・ホールの毒味を効かせた裏の顔の声として、TVと同様に用いられている。セリフもTVとほぼ同一のものが登場するなど、ファンにとってはなかなかステキな趣向だ。ただし、レギュラー全員が本人の声で演じられているわけではない。デクスター以外はエンジェルとドークスしか起用されておらず、残りは赤の他人が声を当てている。

続きを読む

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon