名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

ハロウィンセールの収穫

ハロウィンというと、どうしてもゾンビやら幽霊、百歩譲ってもオカルトというジャンルのゲームばかり…。でも、安ければ買ってしまうんだなぁ、これが。

GamesplanetでResident Evil 5、GamersGateでGhostbusters the Videogame、インディーズレーベルのTale of TalesでDay of the Dead bundle(The Graveyard、The Path、Fatale)を購入してみた。


Ghostbustersは、steamでもセール中。価格はGamersGateの方が安いし、steam Forumで見かけるようなトラブルが起こる下地も無いわけで安心できる。実際、インストールしてごく最初だけプレイしてみたが、問題無かった。所詮コンソールゲームなので、あまり期待していない。購入理由は「安かったから」、ただそれだけだ。

UK.Gamesplanetは、今のところは、いわゆる日本弾きをしていないので、カプコン等、普段日本から購入できないタイトルを買う時には便利。なお、以前触れたが、Rockstar Gamesのタイトルは弾かれるようになった(日本IPでは買えない)。追記:今試してみると、ショッピングカートに入れることができた。値付け違いと同様な手違いだったのか?


9ポンドなら、払っていいかな。DX10ベンチマークとして。逃すとそうそう安く買える機会もないだろうし。ちなみに日本語字幕で遊べる。


Dead Rising 2なんかは、まさにハロウィンに買うべきタイトルだったろう。私の場合だと、購入当時と5ポンドほどしか違わないとはいえ、プレイ後の悪印象から、高い買い物をしたようにしか思えなかった。ほとんどワゴンセールの域に近い内容と言ってしまってよいのでは? フレンドとCoopで遊ぶか、MODで弄くってプレイする以外に、楽しみ方があるように思えない。

Tale of Talesは前にもしていたと思うけれども、「貴方のお望みの金額でお支払い下さい」というヤツ。transaction feesで売り手に足が出る事のないように下限は3ドル。上はいくらでも。入力欄にはあらかじめ12ドルと入っているが、定価は22ドルだそうだ。50ドル以上振る舞うと、何か特別なサプライズを提供してくれるという。支払いはPayPal経由のクレカ(アカウントを作る必要はない)かPayPal(要アカウント)。

スポンサーサイト
[ 2010/10/30 15:59 ] ダウンロード販売 | TB(0) | CM(4)

PC板ボードゲームにまたひとつ名作の予感

Guardians of GraxiaというPC版ボードゲームを買った。今のところ、GamersGateだけで専売しているらしい(けれど内部テキストをみるとsteamに言及したくだりがある)。MTGみたいなカードゲームに駒と板を付けたような感じの代物だ。

どんなゲームなのかは、YouTubeでも見て頂くとして。私は、そのグラフィカルな演出とカードを併用したボードゲームという新奇さに興味を引かれた。でも、依然として『マナの井戸』であるとか、まるでファンタジーゲームにはマナソースが欠かせない、とでもいうように共通事項なのが面白おかしい。

開発は、スターウォーズのリアルタイム・ストラテジーゲームEmpire at Warという輝かしい実績があるスタジオPetroglyphが行っている。そのため、DATファイルの仕様が共通だ。この中身には他言語版を作る際に置き換えればよい文字列が収められている。しかもそれを編集できるEditorが、Empire at Warつながりのおかげで既に存在する。

ここのString Editorというのがソレで、世代管理までしてくれる優れものだ。これを使えば日本語版もちょちょいのチョイ…かもしれない(1800行もあるので、頑張っても10日前後はかかるだろうか)。

このString Editor、一応マルチランゲージ仕様なのだが、ただし、ちょっとBuggyな挙動をするときがある。一旦保存したら編集は中座して、Editorを再起動した方がよいようだ。Nameが空白になったり、不正Valueとやらで、Exportが出来なくなったりする。Shift JISのようなコードには完璧に対応していない部分があるのだろう。

Guardians of Graxiaの方では特に設定をし直すような箇所は無い。完全にマルチランゲージ仕様で、英語版のDATファイルを日本語仕様に置き換えるだけで、きっちりと日本語表示がなされる。こんなに素晴らしい多言語対応は初めて見たような気がする。

なかなかの異色作

ようやく、このDivinity II - Ego DraconisというRPGの本質が飲み込めてきた。2Dだった前作や外伝も、DiabloともBaldur's Gateともつかぬ、折衷された作風だったが、それは3Dになっても受け継がれたようで、Hack n Slash風味でありながら、Morrowindのようなクエスト三昧も出来る、見事なちゃんぽんに仕上がっている。まだ攻略中だが、ここまでの感想で寸評してみたい。

戦闘: 盾所持可能だがガードアクションそのものは無く、クリックでひたすら物理攻撃しまくるスタイル。Titan QuestのようなHack n Slash系を感じさせる作りだ。そのためか、インベントリーには、装備品と入手品の能力が比較できる等、一般化された仕様が踏襲されている。アイテムにも色付きのレアといった格が存在し、Charmというパーツで装備を強化できる。

興味深いことに、主人公には落下死が無い。シタデルタワーのような高所から飛び降りても、ノーダメージで着地できる。道すがらのショートカットにはたいへん都合がよかった。また、ジャンプ併用で必殺攻撃じみたアクションが行えるが、着地後に間が生じるので連続攻撃には向かないようだ。

戦法: 近接時には、プレイヤーの操作により、立ち位置を変えつつ攻撃といった戦法は、さほど成立する余地がない。他方、遠隔時には、敵の遠距離攻撃魔法をジグザグ移動で躱しつつ、マジックミサイルで応戦といった戦法が成り立つ。主人公のマジックミサイルが必中であるのと同様に、敵の弓矢も、こちらを追尾してほぼ確実に命中してくるようだ。

戦闘を有利に運ぶには、専らスキル(魔法含む)とポーションによるバフ(一時的な強化)が主体だ。『戦闘中の一時停止』機能があるので、バフのタイミングはかなりの確度でコントロールできる。各種のバフには、再度使用可能になるまでのリチャージ時間が設定されている。

敵の強さ: 主人公のレベルが釣り合わないうちは、瞬殺される。サイドクエストを寄り道してレベル上げを図ると、丁度渡り合えるようなバランスだ。なお、難易度設定はゲーム中にいつでも変更可能。ただし、私感では、難易度を下げたからといって、敵のhpが削りやすくなる印象はなかった。

舞台: オープンな箱庭で、序盤のBroken Valleyを例に挙げると、Lovis' Towerを中心とした車輪のハブ状。Shrineによりテレポーテーションで結ばれていて、村との往復が多少緩和される。それでも、ポーション購入や調合の為に頻繁に村に戻る必要がある。

イベントやクエストでないと入れない場所があるものの、オープンエンドのせいで入口付近までなら近づける。目端の利く冒険者なら、「ここは匂う」とばかりに、当のクエストを知る前に訪れてしまったりもするだろう。

メインストーリーはあくまでリニアで進行するが、サイドクエストは場所を訪れると発生するようだ(Bandit Campなど)。ダンジョンの多くでは、クエストアイテムを先に回収してしまったにも関わらず、依頼主とまだ話していない、といった事態も起きる。

パズル要素: クエストに関連したステージではパズルめいた謎が提示される。「扉を開くためのスイッチが、ジャンプを繰り返して行ける高所に配置されている」といった簡単な部類のものから、「引きずられた死体で暗示された順路を外れると、充満した毒ガスで死亡するトラップ」など、多岐にわたる。他のRPGではあまり見られない趣向で、個人的には楽しめている。

主な短所: 前回書いたことの繰り返しになるが、列挙してみると以下のようになる。クィックセーブ機能がない(※)。屋内・屋外を経過する際のローディングがうっとうしい。ポーション調合が自前で行えない。マップ画面に“戦場の霧”がない。村との往復など、移動に掛かる時間が若干多め。敵にバラエティが乏しい。
 ※デフォルトではキー割付されておらず、Controlオプションで割付可能。

個性: 前述のHack n Slashの持ち味と従来のRPGとを融合させた点が、最大の特徴。とは言いながらも、序盤のストーリーテリングとお使いクエストを終えると、強めの敵ばかりが待ち構えて、この核心がいささか唐突にあらわになるので、そうとは予期していなかったプレイヤーは大いにまごつかされるのではないだろうか。かくいう私もそうだった。

Divinityシリーズには、どこかユーモラスなクエストや脳天気な演出があったと思うが、そうした精神は本作にも忘れられてはいないらしい。マインドリーディングでNPCの本心が透けて見えるのも、そういった趣向のひとつに違いない。橋の上で500GPを毎度せびりにくる少年や、ブタを偏愛している養豚家の妻の憂鬱など、ちょっと風変わりな場面で思わずクスッとくる。

ミイラ取りがミイラに? ドラゴンスレイヤー

GamersGateのセールで購入したDivinity II - Ego Draconisをプレイしてみた。ドラゴンスレイヤーのアカデミーに所属したばかりの主人公が、入信の儀式を経て、竜狩りを教官から教わるという筋立てだ。初めは「これから竜狩りに行けるのか」とワクワクした。
 ※以下はネタバレだらけなので、知りたくない方はご用心! 去年リリースのタイトルだから、今更ネタバレも無いとは思うけれど。念のため。

最初の村Farglowの体験も新鮮だったし(Morganaの話し相手が見えるようになる!)、Broken Valeyの村もNPCのお喋りが楽しかった(内容が尽きてしまうまでは)。「スレイヤー!」と賛嘆混じりに応えてくれるのが、ちょっとしたエリート気分だ。NPCにマインド・リーディング(読心術)が試せるのも面白い。


心の声「山賊を捕まえれば、わしがキャプテンじゃ、ウヒヒ」

スクリプト・ドリヴンという感じが目立つクエストも、まぁそこそこだ(解決のスイッチを入れると、勝手に終了というイメージ)。


耳元でRosebudを囁くと帰巣する“走るベーコン”は、刑事コロンボの『攻撃命令』へのオマージュか?

海賊になるならSid Meier'sで

Sid Meier's Pirates!…実はこれも日本IPから購入しにくいタイトルである。$10足らずで購入できるのだが、どこもかしこも(GamersGate、Impulse、Direct2Drive、steam、uk.gamesplanet.com)そうはさせてくれない。



たまたま、gameplay.gamesplanet.comで探したら、他より安い£4.99で提供されているのを見つけた! 困ったときのgameplayサマサマだ。

海賊モノのタイトルはセールになる度にユーザーコメントやらYouTubeのビデオやらを参考にして購買を考慮してきた。The Guild II Pirates of the European SeasAge of Pirates 2なんかだ。前者は海賊の扱いが職業のひとつでしかなく、後者は全般的にやや取っつきにくかった(時間が許せば、もうちょっと遊んではみたいが)。

Sid Meier's Pirates!は、数ある海賊モノの中では始祖にして折り紙付きと言えるであろう、1987年にリリースされたMicroprose版の復刻を期待させる。が、その実は、Xbox向けとしてミニゲームが盛り込まれていたりと、アレンジの加わった内容だった。PC版のリリースは2004年。2007年にはPSP版が出ている。9月28日に出たばかりのWii版もあるそうだ。いくつものプラットフォームでリリースされるからには、受けも良かったと想像するのは難くない。

steamかGOGか、それが問題だ

steamでDisciplesシリーズがセールされているが、新作のIIIはともかく、IIの購入を考えている人は、ちょっと待って欲しい。このブログを読む頃では手遅れかもしれないが。

実はGOG.comでもDisciples II GOLDが販売されている。価格は$6.99で、steamとの差額は2ドルだ。GOGの場合、DRMフリーの上、対応OSにWindows 7(32&64ビット)が上がっている。

Disciples IIはsteam Forumによると、64bit OSやVista以降で起動しない例が報告されており、その場合、steam overlayをdisableにすれば起動するそうだ。やり方は:

 1. steamクライアントを起動し、LIBRARYリストのDisciples IIの上で右クリック
 2. プルダウンメニューからPropertiesを選び
 3. Enable Steam Community In-Gameのチェックを外す(下図)


このオプションはゲームひとつずつに関する制御なので、Disciples II GOLDならば、二つのタイトル(Rise of the ElvesとGallean's Return)に関してsteam overlayをdisableする必要がある。

あるいは、すべてのゲームについてsteam overlayをdisableにしたければ:

 1. steamクライアントを起動し、左上のSteamをクリック
 2. プルダウンメニューからSettingsを選ぶ
 3. IN-GAMEタブのEnable Steam Community In-Gameのチェックを外す

[ 2010/10/21 21:02 ] ダウンロード販売 | TB(0) | CM(1)

GOG.comネタ

その1

例の閉鎖騒動のお詫びとして、リニューアル以前からのユーザーにはJagged Alliance: Deadly Gamesがタダでプレゼントされた。例えイヤでも、有無を言わさず、マイ・アカウントの『棚』に並ぶ。同タイトルを既に持っている人には、別のプレゼントが用意されている様子だが、それが何であるか、私には確認出来なかった。


GOGからの“ステキな”お手紙だ。

その2

GOGで販売されているTemple of Elemental Evil(ToEE)がどのVersionなのか、話題となっている。AtariがリリースしたPatch 3を適用したVersionには含まれないファイルがあったり、md5ハッシュが一致しないdllがあるという。

一説によると、temple.dllのみmoebius2778's unofficial patchのものであり、他はPatch 3適用後と同一なようだ。moebius2778's unofficial patchもAtariのPatch 3も、死体からlootが出来なくなる状態(loot bugと呼ばれる)を改善する。

なお、ToEE.exeは、GameCopyWorldにあるPatch 3用の古いNoCD crackと同一バイナリだとされている(いた)。一部にはCo8 MODのものと思われるファイルが混入しているのではないかという疑惑も浮上している。後者は、moebius2778's unofficial patchによって導入されたScorching Rayを誤解したようだ(確かにCo8 MOD v3.0.4時の内容物ではあったらしい)が、NoCD crackの方は前例があるようなので、おそらくその通りなのではないかと思われる。

[ 2010/10/21 12:18 ] ダウンロード販売 | TB(0) | CM(2)

RockstarGamesの看板タイトル、gamesplanetでもIP規制?

gamesplanet.com(game.~、uk.~、fr.~)で、日本IPからGTAシリーズが購入できなくなっている。追記:今試すとショッピングカートに入れる事ができる。今年2月初頭の時点では、セールのGrand Theft Auto IVをUKから購入できていたから、それから一年も経ずに規制が来てしまったことになる。興味深いのは同じMetaboli系列のgameplay.gamesplanet.comで、今までのところ、日本IPへの規制はなされていない。


uk.gamesplanet.comの場合(拡大画像の加工は筆者)

Metaboli系列で購入したタイトルは、サイト改装後の6月末以降、ログインしてMy Gamesを確認すれば、どのサイトからでも全部表示されるようになったのだが、gameplay.~だけは表示されない。このことから、gameplay.~は組み入れられていないらしい事がわかる。

ということで、ここからは個人的な話。GTAはIVでがっかりした事もあり、金輪際 縁はないつもりでいたが、安価なダウンロード販売で買えなくなるかもしれない…とくれば心が動かないわけでもない。steamでは既に買えないのはご承知の通り(VPNを用いるつもりなら話は別だ)。gameplay.~に規制が及ばぬ今のうちに、未プレイのSan Andreasだけは購入しておこうかという気持ちになった。£9.99だから、1300円ほど。まぁ悪くないかな。Dead Rising 2、ArcaniA - Gothic 4と併せると、この店では3本目の購入となる。

Grand Theft Auto - San Andreasは、2004年リリースと古いこともあって、見た目の古さは否めない。とはいえ、轢殺やら銃殺やら出来てしまう事を考えると、この頃の非力なグラフィックの方が戯画的で丁度よいかもしれない。GTA IVでは(あれでも、さほどの迫真力はないと思われる貴兄もおろうが)、NPCがかなり写実的で、吹っ飛び方のリアルなラグドールのおかげで、うっかり交通事故を起こしてしまったりすると罪悪感が湧いた。とにかく、グラフィックの強化はMODでなんとかするしかない。

血の谷へ…

そこそこ面白くはなってきたArcaniA - Gothic 4。でも、過去にもこれとそっくり同じような経緯を体験した覚えが…。なんてデジャヴ…。

さるサイドクエストの伏線を知る前に、肝心の名前アリNPCを殺してしまうような事態も起きた。メインクエストを追うと必ず遭遇してしまうNPC達で、サイドクエストの依頼主とあらかじめ会って話をしていないと、成り行き上戦闘を避けることができなかったりする。


懐かしい顔、Gorn登場。この造形力だと、さすがに迫力大。


よそ者がどうして隊長になれるんだ? 「アホかきみは。伝説的な傭兵のゴーンさんだよ、ゴサの英雄だよ! それに、あの墜ちた王様の友人だったという噂じゃないか」 …たかが傭兵でも伝説になれるらしい。

[ 2010/10/17 18:43 ] ■RPG ArcaniA - Gothic 4 | TB(0) | CM(0)

新米デュエリスト13日目

キャンペーン初クリア! 最後はリストの一番下に居るSorin Markovと対戦した。ヤツのヴァンパイアどもにはかなり苦戦したけれども、手を変え品を変え、ついにHeat of Battleデッキで勝利。CPU相手にしては、なかなか面白かった。リプレイが再生できたなら、さぞかし面白いはずだろうに、生憎とそういった機能が無くて残念。


キャンペーンを再びプレイする際は、相手は更にタフになって、強力なカードを使ってくるそうだ。

steam cloudによると通算30時間プレイしたそうだが、まだまだアンロックしていないカード(サイドボード用)がたくさん残っている。キャンペーン二週目をしながら、そろそろ野良で対人戦を体験してみるとするかな。それに、ろくすっぽ手を付けていないチャレンジモードも残っている。

実は二週目もなかなか侮れない。かつて最初に手合わせしたChandra Nalaarは、シンプルでコストの安いカードしか持っていないはずなのに、ここぞという局面で適切なカードを出してくる(ある程度の確率で、CPUを優位に導くための操作がなされていると思われる)。なけなしのクリーチャーがIncinerateで焼き殺されて、こっちはLava Axeで尻の毛まで焦げそうだ。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク