名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

GothicのIP、Piranha Bytesへ里帰りなるか?

以前お伝えした、財務再建中のJoWoodの件だが、いくつかの情報筋から、破綻処理が上手くいっていないのではないかという噂が出てきている。債務引き受け先との交渉もままならないらしい。(ソース:RPGWatch

ArcaniA: Gothic 4の拡張Fall of Setarrifが無期延期になったのも、法律上の出資絡みだという。ドイツの出資者BVTと立場の違いから揉めていて、Gothic 4への出資の見通しが立たない状態であるからという。

関連して、Gothic 3のディベロッパPiranha Bytesが、JoWoodとリリース日に関して揉めた事実をEurogamerで明らかにした。

それによると、パブリッシャJoWoodは、未完成のGothic 3を発売するように強要したそうだ。Piranha Bytesが、そもそも約束の期日で完成させていたならば、丸く収まったわけだが、更に長い開発期間が要すると見込まれた。

「彼らは解決策を一緒に模索しようという気はなく、“どうやって奪い取ろうか”という風で、発売することしか眼中になかった。彼らの会社の株価維持が背景にあったのだろうと思う。この時から、別の道を行くしかないと決めたのだ」と、Piranha Bytesの共同創設者Michael Hoge氏。

この後、ディベロッパを変えて出されたArcaniA: Gothic 4の評価はご存じの通りで散々。Piranha BytesはRisenをリリースして高評価を得た。

JoWoodは、将来のGothicシリーズをディベロップする権利を失っており、予想では、来年中には権利が渡るはずだという。近いうちに契約が失効し、Piranha Bytesが権利を取り戻す、とMichael Hoge氏。「こうなると初めから分かってた」

Piranha BytesがGothicの知的所有権を再び手にすると、Risen 2はGothicと銘打たれることになるのだろうか?

「そいつはヤバイ質問だね」とRisenのブランド・マネージャーDaniel Oberlerchner氏。「(笑いながら)秘密さ!」

「冗談はさておき、その事はお話しできないね」
スポンサーサイト
[ 2011/05/06 14:21 ] ■RPG Gothic | TB(0) | CM(2)

JoWooD倒産、財務再建手続へ

気になるニュースがあった。オーストリアのパブリッシャJoWooDが、債務超過により、現地時間2011年1月6日をもって倒産していた。現在capital reorganizationを申請中。

1月5日にはKOCH Mediaに対し民事訴訟をおこしている。請求額は236万ユーロ。2006年1月に行った出資に対し、JoWooDはKOCH Mediaから受け取るはずの金額に不足があるとして、相応の支払金額を受け取る権利があると主張している。

Koch Mediaは1994年にFranz KochとDr. Klemenz Kundratitzにより創立されたドイツのパブリッシャ。Koch Media傘下には2002年に設立されたDeep Silverがある。JoWooDとは協業関係で、Gothic 3やThe Guild 2などを世に送り出した。

JoWooDはAndreas Toblerにより1995に創設されている(現在のCEOはFranz Rossler)。パブリッシュしたゲームには、同社がIPを保有するGothicシリーズや、Spellforce、Industry Giantフランチャイズなど多数がある。倒産の話題はこれが初めてではなく、2005年にも財務再建を経験している。Stargate SG-1: The Allianceのクオリティを巡って、そのディベロッパであるオーストラリアのPerceptionと係争したことや、やはりクオリティに端を発して開発スタジオを変更してしまったGothic 4の事件が記憶に新しい。
[ 2011/01/11 18:46 ] ■RPG Gothic | TB(0) | CM(4)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク