名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

Devil May Cry 3 SEをXbox360コントローラに対応させる

steamコミュニティHUBにガイドがいくつかある通り、基本は同じです。

\Steam\steamapps\common\Devil May Cry 3\DMC3SE.iniをメモ帳で開き、ボタン割り付けを記入し直します。

本来、同フォルダ内にあるGPadCfg.exeを用いることで、こうした割り付けをGUIで簡単に行えることになっています(\Steam\steamapps\common\Devil May Cry 3\html\padtool_readme.htmlに説明アリ)。

しかし、Xbox360コントローラの場合、『接続されているゲームパッドは動作保証外となります』というダイアログが表示されてGPadCfg.exeがそもそも起動しません。ゆえに、手作業での代行が必須というわけです。

DMC3SE.iniの内容は、例えば以下のように変更します(ガイドで紹介されているものとほぼ同一)。

[Controller (XBOX 360 For Windows)]
START = 7
SELECT = 6
CIRCLE = 1
TRIANGLE = 3
SQUARE = 2
CROSS = 0
L1 = 4
R1 = 5
L2 = 11
R2 = 12
L3 = 8
R3 = 9
L<->R = 1

ここで肝心なことは、OSが認識しているゲームパッドの名称が[]内に入るということです。一言一句まで正しくなければなりません。お使いのゲームパッドの型番によっては、名称が異なる可能性があります。

その名称を確かめるには、『スタート → デバイスとプリンター』を開いて、ゲームパッドのアイコン上で右クリックして表示されるメニューから『ゲーム コントローラーの設定』を選びます。

『コントローラー』の欄に表示されている名称が、OSが認識しているものです。これを前述の[]内に正しく記入しましょう。

私が使っている有線タイプの型落ちXbox360コントローラは『Controller (XBOX 360 For Windows)』という名称でした。

また、DMC3SE.iniの冒頭に[WINDOW_STATE]という項目があります。ここにお使いのディスプレイの解像度(横と縦)を記入しておきます。そうすれば、ゲーム開始後にウィンドウ表示をAlt + Enterでフル画面表示にできます。デフォルトは…
ScreenWidth= 640
ScreenHeight= 480
となっています。

ところで、Xbox360コントローラのトリガーにだけは、前述の作業をしても割り付けが行えません。もし、トリガーにもきちんと機能を割り付けたいのでしたら、何らかのソフトウェアが必要です。

コミュニティHUBで紹介されているものはXpadderです。同様な機能を持つ日本語のソフトウェアには、JoyToKeyがあります。

詳細は割愛いたします(各ソフトウェアの説明をご覧ください)。Devil May Cry 3 SEでキーボードにデフォルトで設定されているQとEを、それぞれトリガーの右と左に割り付ける設定をすれば完了です。

Devil May Cry 3 SEを遊ぶ前には、JoyToKeyを起動させ、専用の設定項目を選んで最小化しておきましょう。これで、トリガーも機能します。
スポンサーサイト
[ 2013/07/19 15:49 ] 解決策 | TB(-) | CM(1)

World IPv6 Day前の確認方法

フレッツ光ユーザーは、World IPv6 Dayを気に留めておいた方がいいかもしれない。

IPv6 接続性の確認方法であらかじめチェックしておけば、8日になってから慌てなくて済むヨ。
[ 2011/06/07 12:15 ] 解決策 | TB(0) | CM(0)

64bit非対応 - Heroes of Annihilated Empires

対処法まとめ(辿ってきた人の為にトップに記載しておく):
http://xfiles.gsc-game.com/cs2/からhoae-3d-patch.zipをダウンロード。解凍したstartengine.exeとD3Dengine.dllを、Heroes of Annihilated Empiresをインストールしたフォルダの\Dataにコピーする。これで、64bit OSでのFont表示の不具合は一応解消される(厳密には、起動時にエラー音がしたりと完全無欠ではないようだが、プレイは十分行える模様)。なお、http://xfiles.gsc-game.com/はディベロッパのファイル置き場。

レビュアーによると面白そうだったので、GamersGateで購入。なんと、2007年にテクモから日本語版が出ていた。見かけは悪くないが、旧いゲーム。昔はsteamでも配信されていた。3DエンジンはValve製だとか。

c2-hoae-3d-patch.zipというパッチがGamersGateでも配布されているが、64bit OSには対応していない。起動時にAGP仕様のグラフィックカードに関する珍妙なエラー表示が出る。




無視して起動させても、Fontが表示されないので、メニューが全く読めない。

残念ながら、Windows 7 64bitで古いゲームを遊ぶときに時々遭遇する問題のひとつ、という事で撃沈。現状で64bit対応できないゲームは、GOG.comでリリースされるまでは買ってはいけないナ。

http://hoae.ucoz.net/の“Heroes of Annihilated Empires 3d Patch with save fix & 2gb+ memory fix”(中身は改変されたStartengine.exe)も試してみたが、結果は変わらず。なお、このサイト(ucoz.net)は登録制で、たった23KBのファイルをダウンロードする為だけであっても登録を強要される。

仕方がないので、オリジナルは諦めて、MODの“Rise of Sols”を入れてみた。こちらだと、Engine.exeが書き換えられており、画面描画も正しく、エラーも出ない。ダウンロード先はミラーサイトで件のサイトの登録とは無関係なはずだが、それでも登録しないとリンク先すら見せないという不便さ。ググレばどうせ分かるであろうから、ここに載せておく(http://www.gamefront.com/files/15260299/HeroesOfAE-RoS%203.5a.rar)。

追記:Flexscanさんにコメントを頂いたので、改めて再インストールして試してみた。ズバリ解決。実は教えて頂いたリンク先も既にググって見つけていたのだが、GamersGateのパッチc2-hoae-3d-patch.zipと同内容だと勝手に思い込んでいた。言い訳すると、ダウンロード販売サイトで、わざわざパッチが用意されていれば、それは当然最新のものだと思うじゃないか。旧いゲームなのだし…。

http://hoae.ucoz.net/forum/2-33-1に、他にも解決法らしきものが載っている。ここの1) Using Startengine.exe or 3d fix or 3d patch.は、Flexscanさんが教えてくれたものと同内容のアーカイブファイルだった(つまり、件のサイトにわざわざ登録してダウンロードする必要はない。なお、“4) Using the Advanced 3d Patch by morgwin”だけは、件のサイトでしか入手できない)。

ムービーがブランクで真っ黒というのは、前述にも載っていて“Blank InGame Video Bug”とある。Aeroをオフにすれば良い(該当exeを右クリックして、Disable Desktop Composition)そうだ。
[ 2011/04/29 14:22 ] 解決策 | TB(0) | CM(2)
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク