名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

輪郭から作らないモデリングを推す教本が多い

blenderを用いた『東北ずん子で覚える! アニメキャラクターモデリング』を購入しました。目的は:

1.平行投影ではない下絵の配置方法
2.セルルックでの、描画したい線と描画したくない線を分けるための色分けとノード設定

この本のモデリング教習に関しては疑問符が付きます。著書の榊さんはZBrushで検索するとよくヒットする榊さんと同姓ですが別人

ZBrushの榊馨さんはそれはそれはいろんなもの作ってますし、腕も達者。この本の榊正宗さんは東北ずん子のプロジェクトに関連していることがうかがえますが、3Dの腕前は(本を見る限り)「う~む」という感じ。

画を描けないタイプの人が3DCG製作をやっていることがままありますが、榊正宗さんはこのタイプじゃないかと思います。

実際に作例をダウンロードしてみると、ぜんぜん上手くない! レンダリング結果が東北ずん子然として見られるものになっていることに、むしろ驚愕。表紙詐欺のお手本みたい。

カスタムメイド3D2のプリティフェイスが可愛くてよくできたアニメ顔のお手本だとすると、作例のずん子モデルの顔はかなり異様に写ります。

とくに鼻のでっぱり具合。トゥーンレンダで誤魔化されることが前提の作りになっていて、キャラへの入魂といった造形美を感じ取ることは難しいです。形に愛が見えません。

なお、Amazon.co.jpで扱われている本書は二刷でした。誤記が全部直っています。

実は、作例(無料)をダウンロードしたら、上述の目的は全部達せられることに、後で気が付きました。

ノード設定はblendファイルを開いて参照できますし、下絵はカメラのレンズシフト機能を使っているだけでした。

とりわけノード設定は、本書の画像では小さすぎて判別できないため、記述を頼りにしなくてはなりません。本にわざわざ画像が掲載されている意義がほとんどありませんでした。blendファイルを開いて見た方が断然分かりやすいのです。

平行投影では無い下絵を置くということは、下絵に倣った造形ができる、ということになるはずなのですが、本書では立方体からワラ人形じみた人型を作って、早い段階で細分割局面を設定しています。下絵に倣って輪郭から作るような方法論でもないし、blenderの頂点押し出しを活かしたものでもありません。アプローチが旧く、読者が絵心のある人だとするならば、向かない手法だと感じました。

キャラクターモデリング本としては買わない方がいいと思います。
スポンサーサイト
[ 2018/08/12 00:06 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

VRoid Studio

バージョンは0.11。このビルドナンバーが示す通り、目立つデモ的な部分しか完成していないようだ。要点は2つある。

①レイヤー付きのリアルタイム3Dペイント

ペイント機能はかなり強力でWYSIWYG。絵師向けのpixivらしい仕様。立体物に直に描いてもいいし、UV展開されたテクスチャ画面に一筆入れてもいい。いずれにせよ、すぐに反映されていく。このビルドで弄れるテクスチャは:

・顔面の肌
・アイライン
・まつげ
・まゆげ
・白目
・瞳
・目のハイライト

レイヤー完備なのでデフォルト画像を保護したままの加筆ができる。不透明度もある。ブラシ形状もある程度変更できる。消しゴムは無いっぽい?(ペンタブだとあるのかもしれない)

②髪の束制御

一束ずつ調整してもいいし、後ろ髪のようにまとめて編集してもいい。髪のUVテクスチャは、Blenderでいうところの「アクティブ四角形面に追従」された短冊形で、濃度の異なる棒線が縦に32本くらい描画されたグレースケール。

プロシージャルに髪束のパラメータをいじることができる。顔よりもずっと複雑。

・長さ
・位置
・間隔
・中心点(前後)
・中心点(左右)
・本数
・生え際
・太さのばらつき(強さ)
・太さのばらつき(1)
・太さのばらつき(2)
・毛先アーチ
・流れ(向き)
・流れ(まとまり)
・流れ(曲がり具合)
・流れ(曲がり位置)

おまけで③顔のパラメータ

ごく限られたものしかない。16箇所。

・目尻上げ
・目尻下げ
・上まぶた上げ
・上まぶた下げ
・目頭上げ
・目頭下げ
・目位置上げ
・目位置下げ
・目を近づける
・目を離す
・輪郭を丸く
・輪郭上げ
・輪郭下げ
・輪郭を強く
・目の横幅
・目の縦幅

なお、上げ/下げはシーソータイプではなくて、どちらも違う部位が上/下する。

輪郭は一部を変化させるに留まる。顔全体を面長にしたり、横幅を縮めたり、といったことは現状ではできない。「輪郭上げ/下げ」はカスタムオーダーメイド3D2でのエディット「顔の輪郭」に相当するが、(COM3D2が変わるのに対して、)アゴ先端の位置は変わらない。

鼻、口の位置はこのビルドでは弄れなかった。

結論

カスタムメイドとはプロシージャルの設計思想が根底から異なり、VRoid Studioの方が複雑な分、自由度がある。とはいえ、このビルドでは、できることはまだ多くない。

頭髪の作成機能はこれまでに体験したことのないもので扱いが難しかった。まつげを思い通りに3Dペイントできる機能はとても楽しい。

余談: なんでこんな未完成な状態で一般公開に踏み切っているのか? 答えは簡単に邪推できる。Vカツがリリースされてるから! さらに、どちらも背後でドワンゴが一枚噛んでることに注目。LINEやFRESH LIVEといった競合他社に圧され気味なニコニコは、バーチャルキャストが次代の目玉になると踏んでるわけだねぇ。
[ 2018/08/03 19:51 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

カスタムされるキャラクターの先に見えるもの

ピクシブ、無料の3Dアバター制作ソフト「VRoid Studio」ベータ版を8月3日から一般公開
無料の3Dキャラ作成ツール「VRoid Studio」β版提供開始 一般公開は8月3日から

ありていに言うと、「カスタムメイドタヒ亡」みたいな煽りになる感じですかね。もう猫も杓子もVTuberで、いつか見たセカンドライフの流れが来てます。1年後まで残ってるのは誰かなぁ~?

先行で試している方、教えて下さい。カスタムオーダーメイド3D2と比べた時、カスタム性に優れているのはどっち? 8月3日を待てばみんな試せますけれど。

そんなわけでキャラクターエディットについては強力な後発ソフトがこれからもドンドン出てくるでしょうから、カスタムメイドはカスタムメイドにしか出来ないことに注力していかないと、もう生き残れないと思います。

俺なんかは、もうMMDとUnityでいいじゃん、と思い始めてます。自分で一から作れば、自然とベースソフトでカスタムされたキャラとは違うものになりますし。

これからVTuberになろうとするのはもうダメですね。ただ可愛いとか面白いだけではもう勝てません。勝ち負けでなくても意味ないです。アマチュアが隙間に入り込めるとしたら、それは企業ではやれない熱量の部分だけ。自分の得意な分野を他者に教示したくて闇雲に迫っていくとか、そういうアプローチでもないと、視聴者のハートには残りませんよ。

利用できる人は利用する。できない人は別の手を考える…… 3DCGである必要もないですね! 手に持てるフィギュアやドールを操演するのでもいいと思うんですよ。そういうものが逆に目立ちます。

最期に残るのは自分が愛するものだけ。
[ 2018/08/01 00:53 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

リギング

アーマチュア作成中

不慣れなblender相手に、モデリングに関してはWebの断片的な情報を俺なりに総括することでオペレーションしてきました。XSIでの知見も多少生かせましたね。

ところが、ことMMDのリグ(アーマチュア)となると、さすがに総合的な情報を見つけるのがしんどい。で、ググった先で紹介されていた教本を素直に購入しました。

『MikuMikuDance キャラクターモデルメイキング講座 Pさんが教える3Dモデルの作り方』

2015年発刊ですが、内容は現行のblenderでも問題無く通用してます。価格は2,700円。Kindle版があったので本屋へ行く手間が省けました。もっとも、Kindle版は固定レイアウト(要するに画像)である為、PDFのように検索が利用できませんが。

総頁数224。うち20頁が初期設定に関する部分。立方体を削除してデフォルトの環境を整える、例のヤツです。

60頁がモデリングで、Amazonの評を見るに、モデリングに関する解説は初心者には辛いようです。なぜなら、球体や立方体から頭部・ボディを作成していく普遍的なスタイルで、blenderの特徴ともいえる、頂点と頂点を繋いで辺や面を張っていける利便性は活用されていないからです。

ループカットとスライドを多用しすぎていることも問題で、弄らなければならない頂点がいたずらに多くなってしまって、局面を経る毎に面倒になっていくと思われました。

美少女キャラの顔を作ることが目的である場合は、YouTubeに投稿されている完成までのタイムラスプ動画の良いやつを参考にした方が建設的でしょう。

リギングに関しては26頁。少なめですが、目的がMMD用とはっきりしていて無駄がなく、順を追ってオペレートするだけで完成までいけそうです。MMDで使われている足のIK・カスタムプロパティや、ねじり用ひじボーンの仕込み方が解説されていて、とにかくラク。いちいちググらなくて済みます。

俺にはValveBipedや標準リグを流用した経験しかありません。いちからリグを組んだことがないわけなので、基本的な情報を提供してくれて大助かりでした。経験のある方なら、出来合のMMDモデルを調べて見よう見まねで出来るだろうと思います。

この後の行程――PMXエディタでの剛体の入れ方――までひと通り網羅されてますんで、これ一冊で初歩的なことは抑えられそうです。
[ 2018/05/20 04:37 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

こんな感じ……かな


[ 2018/05/09 08:23 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク