ZBrush4 R4がリリース

アップグレードの案内メールが届いていなくても公式ページでダウンロードリンクを作って貰える。(追記:4R4のdeActivationに問題があるということで、現在ダウンロードは出来ない模様)

R4にはQRemesherアルファ版が付属。これはトポロジを半自動的に構成し直してくれるプラグイン。手作業で作り直すような真似はせずに済む。誰もが待ち望んでいたものだ。たいそう生産効率を高めてくれるだろう…うまく活用できればナ。私のトゥポルさんも陽の目を見ることが叶うかもしれない。それでもCryEngine 3にXSI用Exporterが無いので、結局は袋小路なんだけど。

ZClassroomのTopology教材


この動画は駄目だ。まず音声が小さくてまるで聞き取れない。こちとらクソ暑い熱帯夜で筐体の空冷ファンが轟音立てて回ってるんだ。蚊の泣くような声じゃ聞こえねーよ。

ボタン関係ははっきりとどれを押してどうなった、というのを補って明示してくれないと。分かりにくいことこの上ない。一から順を追って示している丁寧なものでもなく、所詮概要か。言葉だけでコツを言われてもこれじゃ分からない。

この程度じゃ動画の意味ねーわ。こっちの画像とテキストの方がマシ。ZClassroomと銘打たれていないビデオ(2つある「Play Video」ボタン)の方がマシ。

基礎として、Topology Brushが出来たことをまず教えてくれなくちゃいけないだろう。あのガイドどこから出してるんだってのをさ。おまけに動画ではシームレス過ぎて、いつリトポされたのか「えぇっ!?(目をゴシゴシ)」って感じだ。

実際にやってみると、動画のように片側をガイドするだけでは綺麗にミラーされないので、何か設定があるんだろうがよくわからん(後でミラー&ウェルドする機能は見つけた)。←チキショウ、Symmetryが勝手に切れてやがる。【メモ:Transform→Activate Symmetry。ショートカットはX。】

ったく、毎回アップグレードする度に初期設定がコロコロ変わるな。ブラシのRGBが初期ONになっていたのはR2だったっけ? あれも酷かった。

どうしてもこの手のものは、パラメータを詳細に解説してくれないとすぐに戦力にならない。自分で試行錯誤するんでは余りに無駄すぎる。チャッチャッと済ましている動画では何も参考にならん。【メモ:Ctrlキーを押しながら項目にマウスカーソルをオーバーさせると簡易ヘルプ。】

ガイドをどう描くとどうなるのか、その辺の情報が必須。それにエッジの立て方だ。まぁマスクを併用するんだろうな(これが面倒くさい)。例えばアイラインはその形のまま、そっくりエッジに転換されないと使い物にならない。

この行程が上手く繋がるなら、△ポリのローポリでベースを作ってZBrushで仕上げという夢のような効果が期待できそうではあるが…。
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

How to get XSI add-on for Crysis

メ モ:

1. CrysisWars SDKに同梱されているので、CrysisWars_ModSDK_Packageをダウンロード。公式サイトでは404 Not Foundなので、FilePlanetから入手した。

2. CrysisWars SDKのインストールにはCrysis Warsが必要。以前steamで購入しておいたCrysis Warhead(Crysis Wars付属)が役に立つ。

3. CrysisWars SDKはsteam版にもインストール可能だと思われるが、なんとなくsteamクライアントとは切り離しておきたい。そこでOriginに登録を試みる。
  Origin ベータ・クライアント(旧称EAダウンロードマネージャー)からでは登録できなかったので、EAの製品登録サイトから登録(日本語版を選択可能)。

4. Origin ベータ・クライアントからCrysis Warheadの「ゲームの詳細を表示」を選択。アドオン欄のCrysis Warsをダウンロード(Crysis Warheadはダウンロードしなくてよい)。
  ファイル展開前になぜか一時停止するので、このタイミングで crysis_warhead_ja_mp.viv をバックアップしておくと後々再ダウンロードすることになった場合の時間が省ける。

5. インストールオプションのカスタムを選択して導入先フォルダを変更。インストールされたCrysis Warsに最新パッチ(v1.5)を当てる。

6. CrysisWars_ModSDK_Package(CrysisWars_ModSDK_Tools_v1.1.exe)をインストール。
  toolsフォルダにCrytek Addon.xsiaddonがある。単体で配布してくれれば楽なんだがね。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Crytek Staff Member told that

http://source.crydev.net/viewtopic.php?f=315&t=72987の二つ目のポストでCrytek Staff Memberが
“at the moment we only support 3Ds Max and Maya for rigged Meshes. There's an outdated Plugin for XSI available which we don't support anymore but might be worth a try.”
と述べている。XSIはもうサポートしないんだそうだ。旧版のプラグインは入手可能だから試してみる価値はあるよ、と言ってる。

同Forumの2頁目に気になるポストがある。それによると、自動机のFBX ConverterでFBX201000 formatからCollada .dae fileへと変換しておけば、CryEngine3のRC.EXEが受け付けて(should accept)くれるという。ただし、Rig付メッシュが上手く変換されるかまでは不明。

どっかで読んだな。結局.daeとして出力しているくせに、なぜプロプライエタリなExporterにするのか、と。もしこれが事実なら、大人の事情は迷惑なだけ、ということだ。

Colladaでいいなら、XSIからもいけたんじゃなかったっけ?

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

OBJ imported into ZBrush

ZBrushに取り込んでみた。Divideを一回かけた状態。まぁ、出発点としてはよしだろう。



元をXSIだけで作ったにしては悪くないと思う。俺のローポリの特徴として、必要なところだけ分割していくので三角ポリゴン多用で綺麗ではない。ゆえにリトポ必須で面倒くさー。

今回はENT終盤のトゥポルということなので、演じるジョリーン・ブラロックが開始当初よりも老けている状態を再現しないといけない。眼をぎょろっとでかくしして、唇を横に広くして、頬をこけさせれば、たぶん、それらしくなるだろう。

Sandbox3に持っていく手段の方は解決してないが、誰かがなんとかしてくれるかもしれないし、してくれなかったら仕方がないので諦めよう。俺自身がゲーム作ってるわけじゃないので、モデル担当はモデルしかやらなくても正しい。

Exporterやら、触ったこともないEngineの学習で時間を潰すのはもうご勘弁願いたい。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

ZBrush 4R2

メールきた。ダウンロードした。ただし、いろいろ面倒くさくって今は試す気がしない。
実はまだZBrush 3.5 R3使ってるし。マスキングが面倒というか苦手でなぁ。このへんがもっと使いやすくならんもんかねぇ。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

日本語化MODダウンロード
検索フォーム
リンク
プロフィール

英二鹿

Author:英二鹿
I'm a vintage dreamer.
自称洋ゲー評論家…の
つもりだったが
もはや時間的に無理。

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

欲しいかも?リスト
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon
icon icon