名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア β4(先行)

国内サーバーリストが表示されず、なかなか開始できなかった。混雑時には、キャラクター作成後にサーバーリストのリロードを行っていても埒が明かない(まるで変化しない)。二度手間となろうとも、一旦この状態を終了させ、クライアントを再起動させた方が良い。それから、あらかじめWorldボタンを押して(押せるようになるまで、あるいは表示が調うまで、少々の時間を要するが)、国内サーバーリストが表示されていることを確認した上で、キャラクター作成(保存済みキャラクターの外見を使用)を行った方が良いようだ。

ログイン後は特に問題も無く、通算三度目かそれ以上となる『キャラ成長オンライン・ソロプレイ』のはじまりはじまり。β3までよりも受注できるクエストが豊富となっている印象で、10レベルまではすんなり成長できる。

いかんせんソロプレイの比重が高く、パーティやフレンド(二人組)といった構成で望めないクエストがほとんどである。15レベルのインスタンス・ダンジョンまでは原則的にパーティを必要としない。慣れれば短い道程ではあるものの、初見なら「充分すぎるくらいに長い」と感じることだろう。15から先は3つのダンジョンを制覇することで19レベルくらいまで成長できる。

吹き替えボイスはオープニング・ムービーの他、要所要所といった具合で全編フルボイスというわけではなかった。NPCではヤ・シュトラさんが好みだなぁ~。

コレクターズ・エディション特典のマウントはβ期間中は解放されず。ひたすら走ったり歩いたり、チョコボポーターを使ったり。特典を享受できない不便さがもどかしい。特典マウントは低レベル時にこそ重要性が増すだろうに。マイチョコボが入手できた暁には、特典マウントなど使わなくなってしまう。

細かい箇所にβ3からの修正点を感じる。使いやすくなったものもあれば、まだ調整の必要を認めうるものも…。全般としては、よく直して頂いていると思う。初見時には、マップとクエストの地名との関係性がなかなか把握しづらかったものだが、マップ上から補助的にアクセスできるハイパーリンクを活用することを覚えれば、かなり捉えやすくなる。地名の頭には、発注状態を示すアイコンも加えられた。

全クラスともチェンジ可能にしておくなら、アーマリーチェストに各クラス(収集・アイテム製作系クラス含む)の武器を詰め込んでいくと、マス目がほどなくして不足する。ファイタークラスを例にすれば、シンク(Sync)を考慮して低レベル時の武装も取りそろえておく場合だってある。

漁師にもなってみた。釣りは……やや単調か。

さて、結局、新生したFFXIVって面白いのだろうか。私はFFシリーズのファンではないので、著名な国産RPGという観点でしか眺めていないし、それが有する物語性には関心が薄いし、第一私の好みですらない。こうした切り口であることを御理解頂いた上で述べるなら、FFXIVのゲーム性やクエストの仕組みには何ら斬新なところはない。冗長なインターフェースにさえ馴染むことができれば、特に可も無く不可も無く、プレイすることはできるだろう。MMOらしい本番は15レベルからのソーシャルである。初見のインスタンス・ダンジョンはきっと楽しめる。チャットが賑やかとなるように、Shoutでパーティを募集して望んだ方がたぶんいい。コンテンツ・ファインダーは便利な反面、無口な人達とマッチングされたなら、その面白みは間違いなく半減する。失敗したり、苦労したりするところがむしろ華なのだから。
スポンサーサイト
[ 2013/08/17 15:22 ] MMO | TB(-) | CM(0)

FFXIV ARRをGreenmanGamingでプレオーダーしちゃった場合

3割引または2割引で7月には購入できたので、思わず購入しちゃった人もいると思う。GreenmanGamingの場合、アーリーアクセスコードやらの通知はどうなっているのか?

playfire Forumからの情報まとめ★
※筆者は内容の信憑性には責任を持てないので悪しからず。万が一間違っていても、私のせいにはしないで頂きたい。

Q1. リージョンは?

GreenmanGamingがTwitterで解答したところによると、GreenmanGamingで販売されているPC版のリージョンは北米(NA)とそれ以外(EU)しかないとのこと。北米からはNAしか購入できない。日本IPから購入できたものはEUとなっている。便宜上EUの表記ではあるが、Rest of the Worldだそうである。なお、日本IPからGreenmanGamingのFFXIV ARRページを見ると、現在は購入ボタンが表示されない。

Q2. Capsule(GreenmanGamingのクライアントソフト)でFFXIVが動くのか?

GreenmanGamingで販売されている他のMMOの例では、Capsuleは利用されていない。ゆえに、クライアントはスクエニから直にダウンロードする形式になるはず、とのこと。

Q3. 購入時のGreenmanGamingからのメールに載っているのはアーリーアクセスコードなのか?

スクエニに問い合わせた者の質問などを読むに、Activation keys:として載っている18桁の英数字はアーリーアクセスコードであるようだ。質問者はスペイン在住者だが、彼のスクエニアカウントにはもうコードが入力できるらしい(日本ではコード入力欄はまだ存在せず、予約特典コードの登録開始時期は未定)。

解答者によれば、FFXIVリリースと同時に製品用コード(つまり正真正銘のActivation keys)がメールで(おそらくGreenmanGamingからという意味だろう)通知されるはずで、それを改めて(スクエニアカウントに)入力するはずとのこと。

追記:

スクエニ本家 英語版ベータサイトでの説明によれば、プレオーダーでもらえるコードは「ABCDEF-###-ABCDEF-###」の形式とのことで、GreenmanGamingで配布済みの数列と同様。

プレオーダーでもらえたコードはアーリーアクセスコードそのものではないようだ。

予約特典を受けとるには、スクエニ専用サイト(リージョン別にNAサイトとEUサイトが存在する)でこのコードを入力する必要がある。その専用サイトが機能しだすのは8月20日から、とのこと。

この専用サイトは現在アクセス可能なものの、まだRedeemを受け付けていない。「メールアドレスを登録すれば、Redeemが開始された際にお知らせします」旨の説明文が表示されている。

以上の内容は、(受付開始日の情報を除くと)要するにGreenmanGamingで購入時に受け取ったメールの文面と同一。

プロデューサービデオレターLIVEで明らかになった情報によると:

・オープンβ4は17~19日(β3参加者は16日から先行)
・アーリーアクセスは24~26日

となっているので、専用サイトでのRedeemは事前に4日(!)の余裕がある。

未解答ないくつかの疑問

・EUリージョンとして用意されたコードをNAリージョンで使えるのか?(またはその逆)

これは正式な課金地域から外れた人やβ参加者に多い疑問。東南アジアの各国では、スクエニEUサイトでサービスアカウントが作れずにNAサイトで作ったという人もいる。しかし、そうした人が購入できるのはEU版となってしまう為に生じる問題。

・スクエニEUサイトでは、プレオーダーでもらえたコードをスクエニアカウントで既に登録できてしまった!

そうした人は製品版として登録できているようなのだが、肝心の特典が受け取れるのかどうかを問題視している。つまり、プレオーダーコードは製品コードとして通用したらしい。ちなみにスクエニ日本サイトでは、期日前にはコードの登録自体ができないようにされている。

日本版の場合

日本では予約特典コードの登録受付が開始された。コードの桁数がNA版やEU版とは異なって20桁ある。

登録すると、紐付けされたスクエニアカウントに製品版購入が記されて、各種特典が付随する。製品クライアントソフトのダウンロードも行える。

今ココ→ GreenmanGamingの購入者、だめぽ!

Option:
(いやいや、まだ負けを認めるのは早いぞ、20日を待とう!)
(リージョンに五月蝿いスクエニのことだぞ、Refund一択しかない!)
(カネをドブに…… 以下略)
(EUに移住だ…… 以下略)
[ 2013/08/07 00:02 ] MMO | TB(-) | CM(0)

オンラインゲームこれやこれ

機動戦士ガンダム バトルオペレーション

俺はようやく曹長なのだが、もっと高い階級のルームが俄然多い。やりこんでいるプレイヤーは既にエンドゲームコンテンツ(このゲームにそんなものは無いが)の領域に達しているようだ。曹長は、全体で云うと丁度真ん中となる階級の直前に相当する。

一方で初心者はどうしたって低階級。そのくせ、低階級向けのルームというものをほとんど見かけない。軍曹前後の部屋に一等兵やら上等兵やらが紛れ込んでくることもある。そういう人達は負ける原因になり得るということで敬遠されたりもする(腕はともかく、主兵装やカスタムパーツが低レベルとなる為)。新兵訓練部屋のように、初心者と熟練者とを巧みに隔てるルーム機能がもっとあってもいい。

アップデートでクイックマッチ機能が改善された。とはいえ、マップに対する嗜好を反映した検索機能が無い。例えば俺なら、山岳は狭すぎて嫌いだし、夜間の採掘所は暗いから嫌いなので、そんなマッチングをされても困る。

キャンペーン機体のガンダムGP01ゼフィランサスはレアリティが☆☆☆ということで、設計図は全く出ない。せっかくチャンスがあっても、どういうわけだかプラチナチップに置き換わっている。出玉調節が無いはずは無いと思う。

本来GP01を使用可能な階級はだいぶ上とのことで、(キャンペーン期間中は使用可能なものの)もはやエンドゲームコンテンツ化しつつある。そうした扱いも含め、これから入ってくる初心者を大事にしないと、先は長くないだろう

鉄拳レボリューション

モクジン(木人)ラッシュというイベントが開催中。このイベントの趣旨は、ギフトポイントを普段より多めに貰って、ロックされている8人のキャラクターをアンロックしよう、というもの。16人いるキャラクターの内、半数は当初から使用不可にされており、プレイヤーが貯めたギフトポイントの量に応じてランダムに解放される仕様。ランダムというところが意地悪で、「使いたいキャラクターがなかなか出ないじゃないか!」という場合もあるわけ。これを緩和するイベントとも言える。

残念なことに、木人ラッシュという代物自体が大して面白くない。アーケードモードを難易度低から順々にこなしていった場合と大差がないのだから。対CPU戦は非常につまらない作りであるから、対人戦以外で何かやりこみ要素が無いことには、ギフトポイントだのファイトマネーだのを積み立てても自己満足できやしない。ましてやキャラ解放に興味がなければ言わずもがな。

この程度のものなら、キャラクター解放をリアルマネー制にするとか、いっそのこと最初から解放してしまってよかったのではないか。

さて、俺自身は達人の段位がせいぜいで、もうこの辺では、無駄なく技を入れてくる中級者に出くわすと、まるで勝てない。一旦浮かされたら、ハイそれまでよ。そろそろ、このゲームも潮時か。対戦は待ち時間なく組まれるものの、こうしたゲームの宿命で、上手くない人が抜けているのだろう。強化ポイントをいくら注ぎ込んでも、決定的に及ばないという部分を感じることが多くなっていく。

Star Trek Online

ライサで期間限定イベントをしているというので行ってみた。おぉ、これがあのライサか。木彫りのホーガンを買わされたりするのか、ワクワク……。ところが何も起きず。商人が二人居るだけで、イベントらしきものは何もなし。どうなっているのやら。サイドミッションは中途半端な出来に見える。艦隊司令部から受けるメインミッションだけを進めたほうが割がいいようだ。

艦隊アカデミーに行った。例のゴールデンゲートブリッジの近所。建物と庭だけを散策できる。屋内は例によって無駄にデカイ。庭園にはブースビー(カール・ゴッチぢゃないよ)の碑があったよ! 

気を取り直して、輸送船Azuraを救出するミッションを進めた。オリオンの海賊(略奪者)に襲撃されているところへ到着。海賊船の船長は女性だ。さすがオリオン。フェロモンで男性をたらし込み、操っているのであろう。Azuraの船長はワープコアを修理しようと奮闘していたがムリだった。Azuraの乗員と船長を転送して任務終了。Azuraというと……TESシリーズ? 

士官候補が補充されて、ブリッジクルーが3名になった。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

オープンβの日程は8日の開発者ビデオレター内で発表される公算となっている。アーリーアクセスについても日程が未発表だし、いつから製品版のコードを公式サイトで入力できるようになるのかさえ不明。どうなのかね、この状況は? サービス開始一ヶ月前で未だに何も顧客に伝えないままで、その特典をネタにパッケージやダウンロード製品を売りつけているわけだよ。こんなやり方、常識からいって有っていいのか? ちょっと人をなめてると思うぞ。

Warframe

まったく遊んでない。リアルマネーを出せば目的の設計図が買える、こうしたやり方が正しいと思う。バンナムの、特にバトオペのやり口は日本式のソーシャルゲームに毒されすぎ。今は許されていても、やがて天誅が下るだろう(ハンガーデッキでの整備が連続失敗してみれば、誰にでも分かる)。

MechWarrior Online

バトオペに近い性格を持っているはずなのに、さほど遊ぼうという気が起きない。カスタマイズが過去のメックシリーズほど柔軟で無いこと、操作性が相変わらず煩雑で近年の技術革新による進化が見られないこと、が主な理由。チーム指揮の機能があるにもかかわらず、野良マルチなせいか、ゲーム中では一回も利用されていない(他者が使ったところすら見ていない)。そりゃ、見ず知らずの他人に、いきなり、「おまえらは迂回して左翼から攻めろ」とか、「おまえらは右翼を狙って注意を引け!」とかできないわな。何様だ、という話になる。

Need For Speed World

ドライビングがまるで上手く行かないので、遊ばなくなった。DiRT 2のようにハンドリングを調節する機能が豊富に用意されないと、上手い人との落差が縮められない。流しているだけで楽しかった時代は、Burnout ParadiseとTest Drive Unlimited 2でとうに過ぎ去った。もっと新しい体験をさせてくれるものを期待している。
[ 2013/08/04 01:55 ] MMO | TB(-) | CM(0)

Star Trek Online

はじめた。チュートリアルを終えた段階でひと休み。ざっと振り返って感想を。

みんな初めの階級は少尉。で、世界観はやっぱり戦争モノ。あたしゃ、科学ミッションとか目一杯やりたいんスけど。

ソヴェリンのブリッジが、世のMMOがそうであるように、大人数が入れるようにデカイ。巨人のブリッジですな。敵はボーグ。さっそくドンパチ。

インタラクションもMMOそのもの。コンソールやスキャナを扱う際にも細かい操作は不要。進行に応じて都度現れる「○○をする」ボタンをクリックするだけ。

自分で名付けたスターシップにアンドリアンのミラ戦術士官と乗り込む。ちなみに地上戦の時に、他プレイヤーのアンドリアン部下をみたら、全員名前が「ミラ」だった。シナリオ通りで、みんな同じなんだね。ランダムだといいのに。

ボーグキューブを破壊し、スターベースへ帰還してクィン提督と面会。上官不在時の武勲を称えられて、永久的な艦長の椅子を提示された。

「数年前なら考えられなかったことだが今は戦時下だ。優秀な者にはそれなりの道を用意してやらないと…」とかなんとか。

音声セリフが一部のNPCにしか割り当てられておらず、ちょっと寂しい。まるでベータ版のよう。グラフィックはショボい。悪くないポリゴンでそれなりのテクスチャが付いているんだけれども、光源や影のようなリッチで負荷のかかる描画処理がまるでないのね。TVドラマや映画原作のMMOは、どれもだいたいこんな感じ、という絵面になってしまう。宇宙にでた時の背景が黒ベタでないところは(目に優しくて)助かったな。

けっこう楽しめそうな雰囲気なので、FFXIVのフェーズ4が始まるまでやってみよう。
[ 2013/07/18 22:07 ] MMO | TB(-) | CM(0)

MMOゲーム選り好み

私が最近試してみたMMOタイトルです。項目が多いタイトルはそれなりに時間をかけて調査(?)したことを意味します。逆に項目が少ないものは、苦手であるといった理由で長時間プレイしていないタイトルです。私としては、特定の観点から吟味していますが、趣味や好みが大きく影響しますので、たぶんに主観的にならざるをえないものだとご了解ください。

MechWarrior Online
・メックの操作が煩雑で、キーボード&マウスだけでは難しい
・操縦はプレイヤースキルの比重が高い
・ヘビーメックを所持していることが強いことに結びつかない
・優劣はメックのカスタマイズと、適切な運用で決まる
・カスタマイズには制限が大め
・集団戦である為、チームメイトとの連携がある程度は必要
・ゲーム内通貨を無課金で貯めるには、ある程度のプレイ時間が必要で、メックの強化にも時間が掛かる
・基本無料/アイテム課金(課金すれば、高価もしくは有利なメックと装備をすぐに使うことができる)
・格闘戦はないが、ロボットを操縦している雰囲気満点のガチな撃ち合いが楽しめる
・一試合の時間が規定されているので、短いプレイでも楽しめる

Warframe
・インベントリー画面、カードのフュージョンなど、基本的なカスタマイズが分かりづらい
・惑星毎のプレイ時間は不定で、ミッションとランダムなマップ次第
・マップが大きかったり、ウェイポイントの間隔が広かったり、走破に時間がかかる場合がある
・ミニマップが分かりにくかったり、順路や導線が分かりにくかったりすることがある
・Tennoの強化に時間が掛かり、設計図のドロップに運要素がある
・基本無料/アイテム課金(課金すれば、すぐに強化できたり、他のWarframeをすぐに入手したりできる)
・剣術とサードパーソン・シューターのスピーディーなアクションが楽しめる

Need For Speed World
・(特にコーナリングにおいて)車の運転が下手だと全く楽しめない
・ある意味では、プレイヤースキルの差が出やすい
・基本無料/アイテム課金(課金すれば、性能の良い車で遊べる)
・オープンワールドを走り回って自在にレースが楽しめる

FINAL FANTASY XIV - A Realm Reborn
・ソロプレイとパーティプレイがはっきりと区別されている
・序盤のソロプレイが冗長
・メインクエストにおいてパーティプレイは省略できない
・独特の用語が多く、関連するインターフェイスが過剰に細かい
・MMO RPGとしてはオーソドックスで、それゆえ没個性
・レベル成長に時間を要する一般的なデザイン
・エンドコンテンツに到達するまでが長め
・パッケージ/月額制
・MMO経験者にとっては馴染みやすそうなゲームデザイン
・アクション性が薄く、誰でも遊べる
・プレイヤースキルの差が出にくく、あるとすれば効率の差だけ

ドラゴンクエストX目覚めし五つの種族 オンライン
・全てがシンプルであるがゆえに、MMO経験者には物足りない
・クラス間のバランスに不公平感が生じやすい
・パッシブスキルの取得に必死になるあまり、その作業感に辟易してしまう場合がある
・サポートキャラクターを雇うことが可能なため、ソロプレイ主体になってしまうことがある
・ゲーム内通貨を貯めることに苦労しがち
・パッケージ/月額制
・MMOが初めてのプレイヤーにも訴求しやすい

Path of Exile
・旧来のハック・アンド・スラッシュを踏襲しており、新鮮味が薄い
・基本無料/アイテム課金(課金したプレイヤーとの格差が実質ない)
・Diablo 2が好きな人に強く訴求する
・キャラクターのカスタマイズに大きな可能性がある
・リーグ、レースなど、新しい遊び方の提案がある
[ 2013/06/28 00:00 ] MMO | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク