名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

1週遅れでVRパラダイス

DOAX3のVRが出ていたのか。いやはや、全く気にかけていなかった。仕方なくセール中の製品版買ってしまったよ。そうしたら、無料版とは別にダウンロードされてる! 同じ中身なんだから、使用権アンロックでいいやろ!

ま~た、このパターンか。年末か来年の今頃に完全版もどきが出て、無料版の「使用権」だったら引き継げるが「製品版は引き継ぎできません」だろうなぁ。ま~た買わされるんだよ。そしてさらに1年後に真・完全版が出る。それから、その後にDOAX4開発決定!とか来るw

VRパラダイスはけっこう堪能できるね。解像感も良好で綺麗に見える。ただ見るしかできないようだけれど。お客さん、踊り子さんにはお手を触れないでネ。

製品版は無料版とセーブが共通。なんだけど、かすみチャンしかプレイできていないわけなので、フィルム(だったっけ?)はほとんどがロックされたまま。でも、島で過ごした回数ゼロのコでもデフォルトでアンロックされている6通りくらいのシーンなら見ることができる。

みんな顔ちっさ! フォトパラダイスなら時間制限が無くていつまでも眺めていられる。棒立ちでゆらゆらしてるだけだと違和感が大きいな。屈伸くらいの動きをしてくれていると、だいぶマシに感じる。

グラビアパラダイスはいつもの通りで制限時間が短すぎるね。シチュエーションは面白いものが多いんだけれども。

イベントパラダイスはロックされていて全く見られない。オーナーモードをかなり進めていないと駄目なよう。

VR自体を発売日に購入した人は随分待たされたよね。
スポンサーサイト
[ 2017/02/01 04:12 ] 美少女ゲーム DOAX3 | TB(-) | CM(0)

PSVRからカスメへ

DIVA X HDのフォトスタジオやライブエディットを弄っているとですね、要するにMMD(※)をPSVRで視聴できたならばそれで事足りる、というコトに今更ながら気が付くわけですね。
※MMD=MikuMikuDance ミクミクダンス。初音ミクを踊らせて、プロモーションビデオを作る為のアプリケーション。専用フォーマットに変換済みのキャラクターモデルを力技(手付けか既存ファイルの流用/修正)でコレオグラフできる。

私は以前Half-Life2のモデル作りでモデリングに開眼しました。なので、VRで自作を眺めることができれば、強いモチベーションに繋がります。

RiftかViveを買っていたならば、既に確立されたやり方でもって実現できてしまうわけですわ。

→なんだ、PSVR買って損したな!

もっとも、PSVRをPCで使うアプローチもハッキングが現在進行形でしょうから、待っていれば、それなりのことは出来そうですが。

→いやいや、今遊びたいんだよ。

というわけで、カスタムメイド3D2に手を出しました。

→えっ?

[ 2016/11/21 03:20 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

ねぷねぷにされてやんよ

Hyperdimension Neptunia Re;Birth2

クリアしました。真エンド、ノーマルエンド、(外伝)支配エンド、(外伝)聖剣エンド、いずれも同一セーブからの再開で見ました(もちろん攻略サイト見ながら、ですヨ)。

支配エンドは鬱エンドには違いないのですが、興味深いとともに最も見応えがありました。ヒトではないCPU(女神)とはいえ、幼女が刺される描写がありますし、児童への暴力に敏感な米国でよくヘーキだったな、と。

真面目なネプギアが同僚を手にかけるところが淡々としており、ライターの方は普段出来ないことを(たぶん嬉々として)ワザとやってるだろっコレ、て雰囲気・大でした。

[ 2016/05/11 06:20 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(0)

和ゲーが合わないオレ――おま国ネプテューヌをPCで遊んだ

アイディアファクトリーのPS Vita用ゲームがPCに移植されてsteamでも提供されています。しかし、国内仕様でない為か、清々しいほど“おま国”です。

私はネプテューヌシリーズを一切遊んだことがないので、一度プレイしてみたいと思っていました。プロダクトコードのみを専売にしている鍵屋には、買い手のIPによる地域販売制限を課さないところが多く、ネプテューヌシリーズもよく割引販売されるとのこと。そうしたタイミングを利用して今回大人買いしました。

HyperDimension Neptunia Combo Pack(Re;Birth1~3のセット) $23.99
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Additional Content1 DLC $0.99(以下同)
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Additional Content2 DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Additional Content3 DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Histoire Battle Entry DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Peashy Battle Entry DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth1 Plutia Battle Entry DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth2 Additional Content Pack 1 DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth2 Additional Content Pack 2 DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth2 Additional Content Pack 3 DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth2 Histy's Rescue Plans DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth2 Nepgear's Beam Zapper ZERO DLC
Hyperdimension Neptunia Re;Birth3 Histy's Emergency Aid Plan Pack DLC
Hyperdimension Neptunia U: Action Unleashed $17.99
Hyperdimension Neptunia U Bonus Quest DLC $0.99
Hyperdimension Neptunia U Difficult Quest DLC $0.99

しめて日本円にして6,500円くらいですね。

[ 2016/04/24 22:32 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(1)

ギャルゲー週間

■NEWラブプラス+

在庫整理らしい3DS同梱のデラックスコンプリートセットを購入してみた。ラブプラスはDS版以来の久しぶり。セールがなければ手に取ることは無かった。

ホワイトデーが発生してないゾ! どうしてだ! どうしてなんだ! 随分と起動していなかったDS版から引き継いだからなのか? そうなのか? ウソだと言ってよ、ハニー! いやまぁ、たしかにバレンタインデーをすっぽかしていたけれど、さ…… 長い付き合いじゃないか。そんくらい、なんとかしてくれよぉ~

なお、カノジョはネネさんをメインにしていた(している)が、他の二人とも一応お付き合いしてもらっている。

デートは既に初体験済みだ。初体験って、そういう意味じゃ無いぞ。NEWになってからの初めてのデートはもうやってみた、って意味だゾ。いや~、DS版から随分と進化しているじゃないか! 自宅に誘うことが出来たり、カノジョん家でもてなしを受けた上に撮影会をしたり…… キスのやり方も、量より質のデザインになっているし。これはいいかもね! その代わり、スカートが画面に映るのは撮影会のとき(とラブプラスモードで足元を見せて貰うとき)だけなのか……

「戻る」と「決定」の位置がDS版と正反対。なかなか馴染めないな……

ポリゴンキャラクターの出来具合は、DS版の方が(ローレゾリューションではあるものの)好みだなぁ。3DS版の3人は顔の印象がかなり変わってしまっていないか? ミノ☆タロー氏のイラストとも違って見える。ビジュアルとしてはマナカが比較的マトモな一方、ネネさんは何かが違う。前髪の表現までも違う(頬と耳の間に垂れ下がる長い束が新設されている)。リンコの変わりようが一番ひどい。リンコの顔を見ているとオタマジャクシかオオサンショウウオを連想してしまう。目と目の離れ具合、眉毛の位置・短さ、睫・アイラインの曲線、総体的なバランスがヤバい。

前作のNEWラブプラスに付いていたという「カレシロック機能」「カノジョ紹介」「読書週間」も試してみたかった。ジャイロを活用した通常二画面も堪能してみたかった(今のだと脚が見えないからネ)。

■ドリームクラブGogo.

こちらも半額セール中だったので…… 

ノコたんシショーを攻略し終えた……疲れた。長い、長すぎる。

一人あたり、10時間くらいかかるのではないだろうか。やはり任意でセーブをとっておく機能は欲しい。一回ミスる度に最初からやり直しでは辛すぎる! 

ノコたんシショーの場合、デートの行く先を間違えるとハッピーエンドできない。最初は攻略情報を見ないでプレイする主義なのだが、一回しくじった後では、その思いも揺らぐ。グラグラと。

クリスマスエンドやらバレンタインエンドやらも見たいとなれば、もう二周しないといけない。とてもじゃないが、付き合ってられんぞ!

ホストガールの見かけは前作よりもマイルドには見える。ただし、ポリゴンの出来具合をよくよく見ると、前作とたいした違いはない。コスプレデーのボディは相変わらずだ。

表情のコレオグラフが弱い。アイドルマスター ワンフォーオールを遊んだ後に見比べると明らか。アイマスのキャラクターは、縦長の瞳で白目の面積も広い。その為、目での演技が作りやすい。アイライン、眉毛もプロシージャルにデフォームできるようだ。パターンも各種用意されているらしい。対してドリクラのキャラクターは、瞳がまん丸で白目の面積も狭い。瞳自体は縦長に変形するパターンがあるようなのだが、アイラインのデフォームがほとんど無いか乏しく、目での演技がお粗末。ほとんどを声優さんの声の演技に頼ってしまっている。

テキストのノリは、アイマスOFAよりも肌に合っている。プレイしていて楽しい(1回目に限るが)。ノコたんシショーは特にぶっ飛んでいる印象で、この娘を一番に選んだのは失敗だったかもしれない。他のホストガールがかすんでしまいそうだ。いやホント、もうお腹いっぱい。

ノコたんのカワオケは必聴。 ♪飲みかけたビール、途中でリバース~
[ 2015/03/14 21:18 ] 美少女ゲーム | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク