名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

古いPCが起動しなくなったので……

PCを新調しました。この10日間は、環境を以前と同じにする作業で……orz

新PCのスペックは
 CPU:Core i5-7400 *1
 マザーボード:ASUS PRIME H270-PRO *2
 DDR4メモリ:Crucial PC4-19200 8GB 2枚 *3
 SSD(SATA 2.5インチ):Samsung SSD 850 EVO 250GB *4
 筐体:CoolerMaster CM 690 III Green *5

グラフィックボードや電源ユニットは使い回しです。筐体を除くと6万円でおつり。CPUクーラーは鉄板の虎徹。

ポイントは
*1 コアクロック3GHzのお手頃なKaby Lake。夏場の熱管理を考えるとこのくらいで充分。
*2 Intel Optane Memory“Ready”なM.2スロット搭載マザーボード。Intel Optane Memoryは第二四半期の登場が待たれますネ。
  載っているLANチップはIntel製。
  H270チップセットなのでSky LakeでもOK。
  PCIスロットまで付いている。
  ※注意としては、このマザーだけではSSDのRAIDは組めません。
*3 第七世代CPUだから動作周波数2400MHzのDDR4メモリが使える(今までは2133MHz)。
*4 高性能でお手頃なSSD。容量がやや少ないものの、システムドライブならアリ。
*5 サイドパネルに透明アクリル窓をあしらったグリーン版のCoolerMaster。

Kaby LakeでWindows10です。アプグレ除去や先入れ方式といった涙ぐましい行為から解放されました(その代わり、今度は自動再起動と強制不具合か)。懸念していた互換性については、Win7で動いていたものはWin10でも動きました。ちなみにライセンスはWin7シリアルが通りました。

Intel Rapid Storage Technologyに関しては「要らない派」ですかねぇ。うっかりインストールしてしまったところ、DVD-RWドライブ(Optiarc AD-7240S)が見えなくなって利用不可になりました。IRSTドライバを自力でアンインストールできるのであれば試してもいいとは思いますが、大概はそう上手くはいきません。RAIDを組まないならば最初から入れないか、入れるタイミングを見計らった方がいいかも。本番はOptaneメモリの頃かなぁ。

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」を試してみました。これまでのAMD Phenom II X4 945との比較で、32%向上した結果がでましたよ! CPU変えただけで、ですよ。一応、ベースクロック同じなんですけど(相手がPhenom IIじゃねぇ~というツッコミが聞こえてきそう) ローディングだけを見るなら、SSDのおかげで2倍以上の速さでした。

ZBrush 4R7P3でのTOOLがぬるぬる! Fallout4のローディングが爆速っ! Photoshop CCの立ち上がりも……まぁ早め。

Fallout4とThe Witcher 3 Wild Hunt GOTYを入れたら、およそ80GB持ってかれましたよ。

ところでsteamはよくできていますね。ライブラリを再構築させようと、steamフォルダが残っているHDDに上書きで一つゲームをインストールしてみたら、残りのゲームも認識され、見事にゲームライブラリが復活できました。正常起動させるにはキャッシュの整合性チェックが必要な場合もありましたが、ウン百ギガバイトをもう一回ダウンロードされるよりはよっぽどマシです。

逆にGOG Galaxyは……カンペキにダウンロードし直しでしたわ。

それから、古いFAVO!タブレットをPhotoshop CC 2017で使うのに苦労しました。なぜなら、Win7より後の対応ドライバをワコムさんが用意してくれていないからです。古くても支障なく使えるのに。

デフォルトでONにされる「デジタルインク機能」をOFFにできないので、「プレスアンドホールドを右クリックとして認識する」機能もまたOFFにすることができず、ペンタップ時に表示される波紋とブラシ設定を消せません。解決策はこちらの「C.その他のタブレットを使用する場合」

Win10の「アクションセンター:新しい通知」の表示でザ・シムズを思い出しましたよw お、俺ってシムだったんだ、コルタナさん?
「はい、そうですね、あなたは素晴らしい人ですが、50%の確率でシムだと思われます」
スポンサーサイト
[ 2017/01/31 14:12 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)

Windows Updateの魔手

初めて再起動に失敗する事態に陥りまして、とても往生しました。再起動時に画面が明滅を繰り返してログイン画面にすらいけません。しばらく放っておいても改善されず、ハードウェア的な強制終了(筐体の電源スイッチ長押し)しか手がありませんでした。

一説によるとKB3097877が疑われています。私と同じようにワコムのペンタブレットを接続していた人からも似た報告があるため、環境にも起因しそうですね。KB3107998が原因との報告(22時 更新分)もあがりました。

起動できなくなったので、インストールDVDから起動させ、システムの復元を試みたのですが、エラー0x8000ffffが起きて「復元が完了できませんでした」となりました。この状態で通常の起動を試みてもやはり画面が明滅。

再びインストールDVDから起動させ、コマンドプロンプトで“sfc /scannow”を試みます。すると今度は「保留中のシステム修復があり、完了するには再起動が必要です」が表示され、ここから先へ進みません。インストールDVDから『再起動』させる限りでは堂々巡りです。

このメッセージを抑制して先へ進む方法をもう1台のパソコンでググってみましたが、Windows 8で有効とされた“DISM.exe /Cleanup-image /restorehealth”が、Windows 7では存在しないため、解決できませんでした。

やむなくシステムの復元を3度繰り返し(やはり、エラー0x8000ffff)、駄目元で通常の起動を試みたら、運良くログイン画面に到達することが出来ました(この時点では、ワコムのペンタブレットのUSB接続を抜いておりました)。起動後、「Windows Update直前の日付時間の状態に復元が完了しました」とのメッセージが出て一安心。ふぅ~~(汗)

やはり、Windows Updateは様子見してから後日行うべきですな。これまではそうしていたんですが、気まぐれで当日に行ってしまったら、ご覧の有様だよ。おかげで買ったばかりのFallout4がプレイできなかったじゃないか!
[ 2015/11/11 23:15 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)

電源ユニットは何年もつのだろうか?

とりあえずBLOGに記しておけば、後に自分用メモとなって有益。前回もそうだったので、また書いておく。

録画用PC休止状態から復帰できなくなった。正確には「正常に復帰できない」。筐体のファンが回転するところまでは復帰するのだが、BIOSがウェイクできず、結果としてOSまでいかない。

いつもならば、プッシュタイプの電源ボタン(ハードウェア・スイッチ)を長押しして一旦電源をOFFにすればよい。30秒ほど待って、再度、ハードウェア・スイッチを今度は普通に押す。すると、電源がON、OFF、ONとなって休止状態から復帰できる。ただし、USB接続されていた機器はOSが接続状態を維持・確認できなくなってしまうので、挿し直す必要がある。

今回はハードウェア上の不具合があるらしく、何度試しても正常に復帰できなかった。こうした状況の際、ドーターボードの差し込み具合や故障、SATA接続Blu-ray Discドライブの故障を疑って、それらを取り外した上で正常に起動するかどうかを試すのが順当であろう。

しかしながら、5ヶ月前にメインPCの電源ユニット(Corsair CMPSU-650TXJP)が寿命を迎えたことが記憶に新しい。迷うことなく、電源ユニットを近所のPCショップに買いに走った。

新品の(とはいえ、間に合わせの)電源ユニットに換装して試すと、見事、休止状態から正常に復帰することができた。今回の一件も、(メインPCと同型だった)電源ユニットが寿命……ということらしい。使い始めた日から換算すると、保証の満5年まで、あと一ヶ月余りであった。

さて、録画用PCは元通り使えるようになったものの、間に合わせの電源ユニットには80PLUS認証も付属せず、耐用年数が心許ない。無事に2年くらい使えれば御の字、という認識でいる。もう少しマトモにしておきたい。

換装前の650Wでは録画用PCにはオーバースペックで非効率。そこで、400W台の電源ユニットをざっと調べてみた。

高価な順に:
・SSR-450RMS(Seasonic)
・Edison M 450W FD-PSU-ED1B-450W(Fractal Design)
・CX430M CP-9020058-JP(CORSAIR)
・Revolution-X’t ERX430AWT(ENERMAX)

値段で明白なように、高信頼性を取ると出費がかさむ。Edison M 450Wは某ショップではセール中で値引率が高かった。ちなみにKで始まるブランドは敬遠しているが、低価格帯でみるとCORSAIR(CWTのOEM)もENERMAXも大差無いかもしれない。高価格帯は、国内代理店による中間マージンさえなければ、もっと買いやすかろうに。

倍の出費で耐用年数5年(期待値)を取っておくか、端から3年程度(運が良ければ4年?)と考えて低価格帯からチョイスするか、悩みどころである。耐用年数1年につき、製品の価格として2千円、といった感覚でたぶん間違いない。
[ 2015/08/11 02:01 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)

5周年はメンテナンスの好機

■電源ユニット交換

Seasonic SSR-650RMに交換しました。電源ユニットの故障は体験したことがありませんでしたが、やはり経年劣化で安定した電力が送出できなくなることがあるのですね~。

それは3日前のこと。メインPCが起動後に突然シャットダウン。電源ボタンを入れ直しても立ち上がらず、BIOS画面まで行きません。このメインPCの使用歴は5年余り。とりあえず、電源ユニットを注文すべく、録画用のサブPCでネットとメールを行えるように設定しなければなりませんでした。

原因を推定してみます: コンセントまたはタップの不良。筐体のスイッチの接触不良。ファン不調の発熱による緊急停止。虫による回路焼損。電源ユニットの故障。ドーターボードの挿し具合の不良。不調になったハードウェアによる障害。さもなければ、マザーボード。

さて、筐体内部を開けて観察してみると、焼損の形跡はありませんでした。モニターとキーボードを外し、電源が入る最小構成にしてスイッチをONにすると、BEEPが鳴ります。どうやらBIOSまで行く時もある模様。しかし、その後はウンともスンとも言わず。

CPUクーラーの外れかけが原因で強制停止していた場合も考慮し、CPUグリスも再塗布することにしました。CPUクーラー部を外してみると、存外に綺麗なまま。どうやらCPUの温度上昇による強制停止ではなかったようです。ウェットティッシュで綺麗にして、シリコングリスを塗り直した上で再固定しました。ついでにファンのホコリも清掃。

これまでの電源ユニットはCorsair CMPSU-650TXJPでした。非プラグインでしたので、不要なケーブルがかなり邪魔。今回はセミプラグイン方式のSeasonic SSR-650RMにしました。これで前よりも配線の取り回しが楽になりました。

電源ユニットを交換して結線し、スイッチをONにするまで、実はヒヤヒヤもんでした。おおよその原因は予想していたものの、万が一マザーボードまで巻き込んでいたら……と思うと。急なシャットダウンでHDDの被害も懸念してましたが、スキャンディスクでは異常ナシでした。

こうして、いつものPCでブログを更新できて、めでたしめでたしです。
[ 2015/03/22 02:47 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)

2TB HDDの故障率が高い

ウェスタン・デジタルの2TBハードディスク“WDC WD20EARS-00S8B1”にI/Oエラーが多発して不調に。具体的には、svchost.exeが実行中にHDDの「アクティブな時間」が100%になったまま延々待たされる、昨日読めたファイルがなぜだか読めなくなっている、など。

CrystalDiskInfoでは「注意」表示でC5,C6がガッツリ。Data LifeGuard DiagnosticsでExtended Testすると、進行がストップするセクターが複数有り、その都度終了時間が加算されて「あと80時間」などとなる。

2010年5月に某ソ店で10,670円にて購入、製造年は同年2月のタイ製。4年保たず。稼働時間は17,500時間ほど。2万時間いかない。

これまでCaviar Greenを都合4台購入しており、今回の故障は2台目。思えば、かつての容量500GB以下のHDDは故障知らずだった。データ倉庫目的に2TBを使うようになってから壊れること壊れること。IntelliParkを疑わない手はない。今回は無効化して運用してみるとしよう。

もっとも、このマシンでは休止状態からの復帰がごく稀に失敗することがあって、年末にその最たる状態が起きていた。その遠因がくだんのHDDにあったのかもしれないし、あるいは冬場の電圧不足だったのかもしれない。直後の不調で故障が発覚したわけではなかったので、実際にどちらがどう影響したのかまではわからない。

交換用に今回はNAS向けのRed“WDC WD20EFRX-68EUZN0”。少しでも実際の耐用年数が伸びれば、と。NASで使うわけじゃないけれども。IntelliParkは5分にセットされていた。
[ 2014/01/08 15:58 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク