名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

SkyUI

Hooray! A Skyrim UI Mod: SkyUI | Rock, Paper, Shotgunで紹介されていたので試してみた。クリックで拡大。


Skyrim英語版v1.3.10+日本語表示に必要なファイル類を上書き+v1.3.10用のSKSEという構成で試した。

こいつは超便利だぜい! スクロールせずにリストが俯瞰できる。重量や金額でソートまで出来て、おまけにフィルターまで付加する優れもの(残念ながら、FollowerやLootのインベントリーは従来のままだった)。PC版のユーザーインターフェースのあるべき姿はこうだろう! 

前述の記事に書かれているように、SkyUIにはSKSEが必要。Nexus Mod Managerは必須ではない(手動でインストールできる)。

なお、SkyUIに含まれるfontconfig.txtは、有志作の『日本語用Fontコンバージョン(※)』と被る。したがって、手動で修正する必要がある。もう既に誰かが書いてるかもしれないが、とりあえず載せておこう。
※正式名は知らないが、オリジナルの冴えない日本語ゴチックを雰囲気のあるFontに変更する代物。この方が詳しく紹介している

SkyUIに含まれるfontconfig.txtの
map "$ListFont" = "Futura Condensed" Normal
の1行だけを日本語用fontconfig.txtに追加してやればいい。追加する行数は4行目(“map ~”で始まる一番最初の行)。

このままでは英語用なので、日本語用にしたいならば、Font指定を件のコンバージョンで用いられている日本語Fontにする。
map "$ListFont" = "Skyrim_n" Normal
スポンサーサイト
[ 2011/12/22 06:22 ] ■RPG Skyrim | TB(0) | CM(0)

Skyrim日本語版と英語版のファイル比較

結果は図の如く(クリックで拡大)。


JapaneseのStringsが導入されると、Englishの同ファイルが削除される。Translate_***.txtも同様。

英語版はv1.3.7.0へと更新されたが、日本語版はv1.1.21.0だった。

GamesPlanetで購入した英語版も、steamクライアントの『LIBRARY』→『The Elder Scrolls V:Skyrim』上で右クリック→Properties→Languageタブで『日本語(Japanese)』を選択することができた。つまり、現状では「英語版も日本語版になる」ということ。再度「言語タブ」で言語を選択し直すと、新たにダウンロードが始まり、選択し直した言語版にすることができた。結果、steamで一般的なマルチランゲージの仕様だった。チャンチャン♪
[ 2011/12/08 05:16 ] ■RPG Skyrim | TB(0) | CM(0)

Skyrim 12月1日のアップデート

ファイル比較にかけてみたところ、以下の3つのファイルが更新されたのみ。

 TESV.exe
 Skyrim - Interface.bsa(Dataフォルダ)
 readme.txt

readme.txtの中身は“Version 1.1”の表記が消えただけなので実質2つ。

VPNを噛まして更新・復号化していれば、ラウンチャから立ち上がるため、ユーザーディレクトリ(マイ ドキュメント\My Games\Skyrim)のiniファイルが初期化されるが、そうでないやり方(ラウンチャをバイパス)で起動をした場合は、初期化されずにini記述の齟齬からキーが反応しないといったトラブルが生じる。

今回のTESV.exeだが、有志日本語化を試している人によると、マルチバイトが通るようになったという。8日への布石か?

パッチ後プレイした人によると、プレイヤーキャラクターのバフ関係が無効化されたといわれており、今回のパッチには問題があるのかもしれない。バックアップから上書きする人は前述の二つでOK。私見では、なんとなく、ドラゴンのブレスやウィザードの火・氷・雷系魔法を浴びるとパッチ以前より簡単にヘルスが減る気がして、勝率が悪くなると共に難易度が上がった。で、私はバックアップから書き戻しで、以前の状態でしばらくプレイすることにしようかと思っている。
[ 2011/12/01 12:53 ] ■RPG Skyrim | TB(0) | CM(0)

12月8日に改めて見返したいTweet




最初のはゼニマックス・アジア株式会社の高橋徹氏のツイートで、日本在住の英語を母国語とする人が「第二言語である日本語よりも英語で楽しみたいんだが(抄訳)」という旨の少々お怒りの英語ツイート諸々に対してのもの。

翻訳すると『現在、英語がダウンロードのオプションとして選べるように鋭意手配中』といった内容。これに対して「それはありがたいが、もともとsteamクライアントにはそういう機能があるのに、なぜそれを使うだけじゃ済まないのか?」と件の人から、もちろん英語で、突っ込まれていた(それに対する返答はなかった)。

なぜこうした反応があったかと言えば、ゼニマックス・アジア株式会社が『日本国内からSteam上で購入できるのは日本版となり、12/8からプレイすることが可能となります。』と公式発表し、国内では英語版が入手できないのか?という事態に陥っているため。

ふたつめはBethesda広報担当Pete Hines氏のツイートで、「日本でだけ発売日が遅いのも妙だけど、どうして完成している英語版を出し惜しみするのか不思議」という、やはり在日外国人の疑問への返答。ワールドワイドでのSkyrimリリースの11月11日のこと。

翻訳すると『それが日本だから。日本語の付かない英語版を売るのは混乱を招くし問題になりかねない』。正式な立場にある人の日本に対する見解としては、なんとも素晴らしい(もちろん反意語として)印象を与えてくれる。

追記:公式発表が再び。
Steam販売The Elder Scrolls V: Skyirm(PC)について
[ 2011/11/28 00:00 ] ■RPG Skyrim | TB(0) | CM(0)

最近のFollower

私が最近お気に入りのフォロワーは、ショートカットに浅黒い肌のAnnekke Crag-Jumperさんだ。



Annekke Crag-Jumperさんは、同居している旦那さんによると、アネッカと発音するらしい。そう、人妻なのだ(!)。Darkwater Crossingにお住まいで、たしか最初に尋ねた時は、娘がどうのこうのとも言っていたように思う。お父さんの仇を討ってあげたら、協力してくれるようになった。いや~、子持ちの人妻を冒険に連れ回しちゃっていいのだろうか。このシチュエーション、人妻マニアには堪らんだろうな。

Darkwater Crossingは、小さな鉱山のほとりに家が一軒きりの小さい村で、夜にはみんなで外で鉄鍋を囲んでいたりと、ものすごくワイルドな開拓家族。

「大事な奥さんをお借りしますネ。必ず無傷でお返ししますから。大丈夫、このドヴァキンに任せて下さい」

アネッカさんはレンジャーなので、たぶん飛び道具が上手いはず(ゲーム的には渡した武器をなんでも使えるみたいだけれど)。ということで、ファイアボールやライトニングボルトのスタッフを装備させてみた。これなら、近接戦闘の巻き添えによる死亡事故も避けられるし。NPCの射撃は正確無比でプレイヤーがやるより精度が高い。ただし、射線の途中に自キャラが割り込んじゃってもお構いなしにバンバン撃たれてしまうので、そこが玉に瑕。

お胸が大きいアネッカさんに、どんな鎧がいいかコーディネートしてみたところ、オーキッシュが良さそう。首回りが空いているので、つけたアミュレットが見えるのもいい。(hikamiさんもオーキッシュ・アーマーの胸元がセクシーと書いててワロタ)



だがしかし、もっと退廃的でエロいのはFalmer鎧ではないだろうか。これぞまさしく、かのテレ東がB級映画を放送する際にキャッチーなコピーの定番として用いた「原始裸女」!。恐竜ウン万年とかラクエル・ウェルチとか、そのへんやねぇ。


ロマンあふるるファルマー・アーマー。

…実はもっとぴったりなものがあった。それはForsworn Armor。これならば、まさに毛皮ビキニになるはずだ。今度見つけたら試着して貰おう。
[ 2011/11/25 01:39 ] ■RPG Skyrim | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク