名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

gog.comで購入できるサムスピPC版

サムスピがPCで遊べるって知ってました?
gog.comで今SNKのゲームが3ドル割引されるセールをやっています。

 SAMURAI SHODOWN II
 SAMURAI SHODOWN V SPECIAL

が今回のセールで購入できるサムライスピリッツシリーズ。steamでは扱っていない商品です。

サムスピ零SP
SAMURAI SHODOWN V SPECIAL=サムライスピリッツ零SPECIAL。

 表示言語は英語のみ
 音声は日本語のまま
 オンライン対戦機能なし
 コントローラーはキーボードとXbox用パッド対応
 キーボード、ボタンとも割り付け機能はなし
 対CPU戦かローカルでの対人戦
 Windows10でも特に問題なし
 残虐描写はアーケード版と同じらしい(文末のリンク参照)

ウィンドウモードで800*600のサイズになります。フルスクリーンだと両脇に黒いサイドパネルが出る仕様。横に間延びした画面にはなりません。

パッドのSTARTボタンを押すように表示が出るので、パッドを二つ繋げて二人でローカル対戦することもできるでしょう。キーボードとパッドでの対戦も可能。

私はXbox 360コントローラーで試していますが、gogレビュアーの評によると、Xbox Oneコントローラーもサポートされているそうです。

ボタンの役目を割り付け直す機能はありませんでした。

RBでクレジット追加(キーボードならスペース)、LBでシステム画面が開けます。難易度変更アリ。クレジット積み立ては99枚まで。

NeoGeoからの移植っぽいので訓練モードなどは一切ありませんでした。

今どきとしては、もう少し頑張って欲しい仕様かな。オンライン対戦機能は欲しいよね。9月14日に国内PS Storeで配信が開始されているPS4版(ギャラリー、プラクティスモード、オンラインモードあり)よりも見劣りしてしまいます。

サムスピ零SP
OPTION設定できるのはこの3つ。

サムスピ零SP
グラフィック設定は、窓かフル画面の二種類。

サムスピ零SP
Game Controls設定ではキーボードしか表示が出ませんが、パッドを繋いであれば、対戦画面でボタンが利くことが分かります。システム画面の操作はパッドでも行えました。

サムスピ零SP
海外仕様の英語表記です。音声はオリジナル日本仕様。

サムスピ零SP
Windows10のゲーム用スクショ機能を初めて使いましたが、プレイ中にキーボードのスクショボタンを押すのはムズかった。

サムスピ零SP
たはは

他の興味深い情報
DotEmu、ROMとエミュレーター不正使用疑惑を否定
ゲームカタログ@Wiki
通常は英語版のみとなるが、ROMイメージをそのまま入れているという上記の仕様から、非公式ではあるが他のNEOGEOエミュレータに載せて筐体設定を変更することで日本語化することができる。
gog.comで販売されているものは、Humble Bundle版と同様のものと思われます。というのも、タイトルに出るクレジットロゴがgog.comにはなっているものの、このロゴ用の画像ファイル名がHumble.pngのまま。
スポンサーサイト
[ 2017/10/08 11:41 ] 格闘ゲーム | TB(-) | CM(0)

steamの良心的なBundle価格に思うこと

コーエーテクモのDead or Alive 5(以下DOA5)という商品はとかくOverpricedな印象です。日本のみならず世界中を賑わせてくれていますが、それについては触れません。ここで取り上げるのはその販売方法の在り方についてです。

VRと一緒にPlayStation 4を購入した私――DOA5 Ultimate 製品版(PS3 ダウンロード販売 当時5,400円)を購入済みだったので、PS4での引き継ぎ処理とやらを先日行いました。
※なお、DOA5 Ultimate(PS3)からDOA5LR(PS3)へは既に更新済みです。

晴れてゲームタイトルはDOA5LR基本無料版(PS4)となったのですが、以下の3つ:

・キャラクター使用権(25キャラクター)
・STORYモード
・BGM PLUS(DOA2とDOA3)

が引き継がれないのです。

引き継ぎ処理自体はかなり以前に告知されてますので、「俺もそうだった」とか、既に体験済みの方もいるでしょう。

結論から申しますと、引き継ぎ扱いされるのは別売となるダウンロードコンテンツ(以下DLC)を購入していた場合だけです。このDLCに相当する内容は、製品版だとまるまる含まれているわけなのですが、引き継ぎ対象にしてもらえないのでした。

販売元の主張によれば、

 製品の内容になっている一部 DLC

というわけです。

わざわざ製品版を購入した者からすれば、まことに腑に落ちない状況ですよね~ あやねチャン推しのファンとして「オメガは倒したはず?!」……みたいな心境(喩えバナシですよ、あくまで)ですし、消費者目線からも不平等に映ります。

さて、一方、steamでもDOA5LRが無料版/CoreFightersになったばかりです。一昨日からハロウィーンSALEが開始され、DLCも6割引で提供されているものがあります。

例えば、このBundle DOA5LR + Halloween Costume BUNDLEでは、

・30キャラクター使用権
・STORYモード
・BGM PLUS(DOA2とDOA3)

に加えて、ハロウィーン2015コスチュームセットハロウィーン+デビューコスチュームセットが含まれます。しかも、込み込みの割引率は70%と破格。

特筆すべきは、既に所有済みのDLCが含まれている場合、同じ7割引で未購入のDLCが買えるという点です。

どういうことかというと、製品版DOA5LRを購入済みで追加キャラクターを一通り購入済みの私の場合、唯一持っていないのはハロウィーン2015コスチュームセットだけでした。

このハロウィーン2015コスチュームセット、通常価格3,200円でSALE中は1,280円になっています。そして、このBundleを購入することで、なんと384円で買えてしまうのです! こいつはおどろいたなぁ~モー!

こうした販売方法はsteamでは標準化され、DOA5LRに限らず、どのゲームでも適用されています。

さすが、物申す消費者の北米で育ってきた会社は違いますね。
[ 2016/10/30 07:01 ] 格闘ゲーム | TB(-) | CM(0)

Dead or Alive 5 LR

追加キャラ直虎(♀)がリリースされまして、衣装込みを購入しました。もうPS3では新しいDLCは一切リリースされなくなってしまいましたので、PS4をいつの日にか購入するまではPC版が繋ぎの役目。余談ながら、SCEもあと一日余りで日本から消えてなくなってしまいます。

DOA5LR本体のVersionは1.05になりました。MODツール作っている人はまたまたVer.Upが大変そうですね。

さて、待ち受け可でアーケードモードをプレイしているのですが、このところ……というよりも相変わらず(?)……クラッシュします。「対戦しますか?」アイコンが出る出ないに関わらず、対戦相手との通信処理に失敗してアーケードモードを巻き込んでクラッシュしているように見えます。

おかげでコス解放がなかなか終わりません。

steamクライアント上でView→Playersを見ると、対戦拒否すらしていない相手の名前がざっと10名は並んでいることが分かります。つまり、裏でこれだけの人数を捌いているわけなんですが、「対戦しますか?」アイコンを見たのはわずか2回。8割は対戦の段取りがつかずに流れているのです。

そして、DOA5LRを正常終了した際にも、相変わらず「動作を停止しました」のダイアログがポップします……
[ 2016/03/30 23:06 ] 格闘ゲーム | TB(-) | CM(0)

オンライン:Dead or Alive 5 Last Round

マッチング範囲を広くして世界中の人と対戦しているPC版DOA5LR。それでも、1時間に4人と試合できれば良い方だ。

対戦者の多くはサブアカウントなのかもしれない。steamクライアントのView→PlayersでProfileを参照すると、非公開か登録して日が浅そうなアカウントばかりだ。国情報が未登録の人も多い。

フランスやイタリアの人とも対戦した。しかし、回線レベルは1だ。その割りに「まともにプレイできているな」と感じていると、ここぞという瞬間で水中戦に…… その場面が済むと、次には画面の揺れが生じてくる。対戦者とのフレームの同期ができていないのだろうか。最終的には「ネットワークエラーが起きました」で終了する。もちろん、そうならずにきっちり三本勝負できることもあるにはあるが。確率は五分といったところ。

アーケードモードで対戦待ちをし続けていた場合、このモード自体が不安定となって、勝利/敗北ムービーが流れなくなったり、CPUとの対戦中にカクカクしだしたり、挙げ句CTDしたりする。

ベータの冠こそ取れたが、あまり出来の良いネットコードではないようだ。過疎な対戦ゲームなのだから、開発者になんとかしてもらうしか生き残る術はない。さもなければ、steam恒例のセールでDLCを大幅値下げでもして頂かないと。
[ 2015/10/20 21:00 ] 格闘ゲーム | TB(-) | CM(0)

オンライン:Dead or Alive 5 Last Round

ようやくベータが取れて1.04正式版となったPC版DOA5LR。さっそくのオンライン・マッチはやはりランクマッチのみ。ロビーなし、「プレイヤーリストへの登録」機能なし。

全くの過疎ということはなく、少なからず対戦者とマッチングできるようにはなった。正式版の効能だろう(ベータは自発的にベータテスターになっておく必要があったから)。

マッチングの検索範囲を「不問」にすれば欧米勢と対戦できるが、どうしたって回線レベルが1になってしまう。範囲を「近く」にしても、どういうわけか対戦している間に回線レベルが3→2→1と低下してしまう人がいた。「相手が対戦できない状態です」「ネットワークエラーが発生しました」も起きた。アルファベットながら和名に取れるIDなのだが。不安定な回線レベルの相手との試合後にCTDもした。

昨日は比較的問題無くマッチングし続けることが出来たが、かようなわけで本日はダメであった。とはいえゴールデンタイムに限って言えば、PS3でプレイした方が大勢とマッチングできることは間違いない。
[ 2015/10/05 00:59 ] 格闘ゲーム | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク