名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

Singularity 詳解と評

ノーマル難易度をクリアした。物語はかなり面白い。過去と現在を行ったり来たりや、大きな舞台転換は楽しかった。朽ちた巨大な船をまるごと復元してしまったり、破天荒さはなかなかだ(Force UnleashedのForceもびっくりの荒技)。衝撃の結末(?)も、それなりに楽しめた。

やや物足りないガンバトル

一方で『戦闘を楽しむ』という域には、さほど達してない。中盤からエイムの正確性を問われる敵も出てくる為、Xbox360コントローラよりも、マウスとキーボードの方が難易度が下がる。ところが、Xbox360コントローラでないと、振動機能による被弾状態が伝わらない。

全体的な難易度はカジュアル向け。私のようなヘタレがクリアできるのだから、そうそう難しい部類ではない。物語の進行を堪能する上で、カジュアル寄りの方向性は間違っていないように思う。ただし、戦闘もきっちり楽しみたい向きには難があるようだ。

戦闘の何が駄目かというと、序盤のアップグレードがろくに進んでいない条件だと、不利な状況下での一撃死が多い。数発殴られると死ぬ。ヘルス回復中、あるいはリロード中に撃たれまくって死ぬ。つまり、基本は自身が弱い事を意識して、大量の敵を捌きやすい高台で一切近づけずに頑張る(対・青グール)とか、物陰に隠れてひたすらヘッドショットしまくる(対兵士)とか、環境を上手く利用する事が奨められているようなのだが、勢い、力業が可能で、トライ&エラーをついついやってしまう。アップグレード前提である為、素の状態はさして強くないのだ。

逆に後半になるとアップグレードが勝ちすぎて、どんな敵でも仕留めやすくなってしまう。その分、大勢を相手にする事になるわけだが、マウスとキーボードであれば、それほど問題ではない。Xbox360コントローラのエイム・アシストだけでは、少々心許ないか。後述のDeadLockを活用しないと捌きづらい場面が用意されている。この辺りのデザインは、路線変更されたDead Space 2に近い印象を受けた。

武装は、得意のアサルトライフルかショットガンかガトリングガンのいずれかをアップグレードするだけで足りてしまう。ショットガンは距離のある場面では届かないので、敵兵士が落とすアサルトライフルをアップグレードしておくとツブシが利く。いずれにしろ、一度に二挺(2種類)+その場限りの一挺(1種類)しか許されない為、自ずと使いたい武器は限られていく。

確かに相手に有効な武器がデモンストレーションされる場面はあるのだが、その場限りの短めなステージであったり、あらかじめ用意していなくても『都合のよい武器が目の前に置いてある』といった救済策だったりと、『奮い立たせる』というよりは、『お膳立てされすぎ』な違和感が生じてしまう。もちろん、チュートリアルの意味合いを兼ねた演出なのだとは思うが。

むしろ、普通に敵がわらわらと湧いてくる状況下で、戦略的に武装をセレクトして闘いたい、というプレイヤーの欲求に応えきれていない場面が目立つようだ(武装が二つのみという縛りと、事前の武器ロッカーの位置で決まってしまう為)。TMDの便利能力と併用すれば、戦略の幅はあるのだが、もっとシューター寄りのゲームに見えてしまうという事実を活用できていないのはマイナスだろう。

マルチエンディングが直前のセーブポイントから全てお試し可能な事と、戦闘が魅力的でない事の二つの理由から、リプレイの意欲を湧かすのは難しいようだ。もっとも、私はハードでリプレイして、物語の流れを再確認している最中だが。

スポンサーサイト
[ 2011/05/06 01:14 ] ■アクション Singularity | TB(0) | CM(0)

Dharma Initiativeを思わせるSingularity

ごった煮感のあるB級ファーストシューターSingularity。物語はなかなか奮っていて面白い。冷戦時代に隠蔽されたソビエトの極秘研究施設のある島が舞台だ。人知れず隔絶された禁断の場所というと、同一ジャンルのゲーム繋がりでBioShockと感じる人が多いらしいが、私は海外TVドラマの“LOST”を連想した。時間の狭間にある島とくれば、謎が紐解かれていくLOSTの最終シーズンが似ている。

主人公は、この任務に派遣された米軍のCaptain Renko。ヘリで謎の島に近づいたが、エネルギーサージを受け、ヘリは墜落。生存者は彼一人となる。そこはKatorga-12と呼ばれていた。未知の力の影響下にあるこの島では、亡霊のような過去が時折実体化している。

ゲーム・イクスペリエンスは、皆さんが書いているように、他のゲームから頂戴して来たかのようなギミックで溢れかえっている。唯一の特徴は、TMDと呼ばれるデバイス。Time Manipulation Deviceの略で、物体の時間を進めたり巻き戻したりができる。ちなみにTMDのプロトタイプはHalf-Life 2のGravity Gunによく似た形状をしていた。

物語の構図もどことなくHalf-Life 2を思わせる。この島を牛耳るソビエト軍の将校は、どうやら、Renkoが(序盤にて)時間の狭間で炎の中から助けてしまった人物Demichevであり、それにより歴史が変わってしまったようなのだ。レジスタンス勢力Mir-12の女性兵士Kathrynの助けを得て、この変更を良い方向へ書き換える手助けをする事になる。

それはこの島の地下施設のどこかにあるTMDを手に入れてTime Riftsで1955年に戻り、そもそもTMDを開発していた博士Barisovを助け出してくることだ。

役柄上、KathrynはHalf-Life 2のAlyxのダブルのように写る。Barisov博士は(お調子者ではないが)Dr.Kleinerといった感じだ。こうして比較すると、Half-Life 2の方が『キャラが立っている』事に気付かされる。

やがて、救出したBarisov博士の協力を得て、プレイヤー演じる主人公Captain Renkoは、Demichevの野望を制止する羽目になる。なお、古き良きファーストシューターの慣習通り、Renkoは一切喋らない。


火災から助けたDemichevが、指導者になって登場。


手助けしてくれるヒロインKathryn。


記録フィルムに出てくるTMDはGravity Gunもどき。ドラム缶がみるみる朽ちていく。


これがTMDだ! 誰だ?「Twin Sectorみたい」なんて言っているのは!!


TMDを使えば、崩れた石造りのアーチを復元するのも簡単。
[ 2011/05/03 20:52 ] ■アクション Singularity | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク