名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

万古不易なスターウォーズKotORをワイドで

ThanksGiving Day最終日のsteamセールでStar Wars: Knights of the Old Republicを購入してみた。実は、私は当時のRetailパッケージを持っている。しかし、クリアまでプレイしておらず、もう一度挑戦してみたい気持ちがあるのだった。以前、やはりSW: KotORがセールに出た際に、懐かしさから、このパッケージ版を引っ張り出してきて、Windows 7環境にインストールしてみたことすらある。ところが、まともに動作しなかった。

steam Forumのポストを見ると、「Windows 7環境でも動作しているよ」と言っている人が今回は相当数おられる。以前確認した際は、「動かない」という不満の声が多かった。「よし、ならば」と、今回は購入に踏み切った。


ワイド解像度に変更後の戦闘画面。通路の幅いっぱいまで表示されて、なかなか良い。変更の仕方は記事の後半をどうぞ。

steam版にはswconfig.exeというユーティリティが付属しており、Enable Hardware Mouseのオン/オフとDisable Moviesのオン/オフが手軽にトグルできるようになっている。これらはいずれもVista系OSで動作させる際に鬼門となる設定である。


Enable Hardware Mouseはオンが推奨。オフだと、マウスカーソルが実際の表示よりもずれた位置をポイントする。後述のワイド解像度にする場合、Disable Moviesはオンにしておかないと、ワイド解像度に変更できない。プリレンダのインゲームムービーは、解像度を非ワイドのデフォルトのいずれかに変更した上で、タイトルメニューのMovieから視聴するしかないだろう。

プレイしてみると、時々、前進キーが反応しなくなる状態が発生したものの、以前パッケージ版で試したときのような、まともに動作していないような状況(描画が激重)には陥らなかった。すんなりプレイできて、拍子抜けだ。steam版は当時のRetailパッケージ版よりもOptimizeしてあるという事なのだろうか。それとも、当時版に付属するDRMの問題だったのか?(たぶん、前者なのだろう)

動作すると分かれば、ワイドスクリーンで動かしたいのが人情だ。その為の情報は、WSGF Hacks for SW:KOTORに載っている。

EXEに解像度を変更する為のバイナリエディットを施すというのが、この解説の趣旨だ。万人に利用できるようにと、UniWSという便利なツールが有志の手によって既に作られている。Retail版SW: KotORも、UniWSのプルダウンメニューに含まれているのではあるが、steam版のEXEは暗号化されているということで、バイナリエディットは事実上不可能だという。実際、UniWSには修正可能なEXEとして認識されなかった。

同ページの“Special Instructions for Steam Version”という項には、FairLightというハッカー作のv1.03 fixed EXE(No-CD)に対してUniWSを実行し、書き換わったswkotor.exeをsteam版と置き換えて起動するという方法が提案されている。

スポンサーサイト
[ 2010/11/30 18:46 ] ■RPG SW: KotOR | TB(0) | CM(0)

MOD用のツール

Star Wars: Knights of the Old Republicを中座したまま、かれこれ半年が経とうとしております。海の向こうではMOD用のツールが充実してきておりまして、遊ばないならせめて弄り倒してみようか、という気分にさせてくれるのでした。さて、と、手始めにテクスチャ置き換えに挑戦。作業自体はツールのおかげで簡単しごくで、この世界ではお馴染みの512x512ピクセルに頭部を除く全体が描かれております。頭部のテクスチャを観れば、目玉と口が。KotORの3Dモデルは、かなり精巧で、目玉も動くし、口もパクパクするのです(指先も5本に別れてますしね)。Morrowindリネージュ2よりも上等な出来です。

ところが、ところが。描き換えたテクスチャを観てみようか、と、ゲームを起動すると・・・。これが失望に変わるのでした。グラフィックの表現力ないしは見せ方にグッとくるものがないのです。カメラ位置やズームの限界にも問題があると思われます。光源や発色にも問題がありそうです。高級なビデオカードなら少しは違うかもしれません。が、それでも根本的に迫力不足に感じる事でしょう。テクスチャに関して言えば、いくら細かく描かれていたとしても、3Dモデルに張り付けられた時点で、細部はまったく目立たなくなってしまうのです。ガンマ設定やライティングのせいで鮮やかさを欠いた色調になり、しかも対象に近づけないカメラのおかげで、テクスチャ職人の苦労が報われないようになっております。

3Dモデル自体の出来はいいのに、なんともったいない。スクリーンショットは、Morrowindやリネージュ2に遠く及ばない、まるでレンズ付きフィルムで撮ったかのようなロングショットになります。風景の中に人物が居るという躍動感が足りませぬ。ごく端的に申せば、KotORの画はショボイです・・・。パーティー制(ただし、三人こっきりです)のRPGなら、このカメラワークで正解ではあるのですが、実利一辺倒で遊びが無く、プレイヤーキャラクターをもっと大写しにしたいという欲求のはけ口がありません。また、Free Look時のカメラにはMorrowind並のひずみ(広角レンズ様の)があり、キャラクターは短足に写ります。もともと誇張の少ない3Dモデルですから、格好の悪さはいかんともしがたい。せっかくの弄りたくなった衝動も雲散霧消する結果と相成りました。[6月30日]
[ 2004/10/16 06:00 ] ■RPG SW: KotOR | TB(-) | CM(0)

映画Episode IIを観たら……

Knights of the Old Republicの印象が、映画Episode IIを観れば変化するだろうか、という点にも楽しみにしておりました。が、今の所、ネタ元が解った程度です。映画を踏襲しているな、と理解できるようになっただけで大意は変化ナシ。先へ進むと「おやっ」なんて事が起きれば嬉しいですが。[2月28日]
[ 2004/02/28 00:00 ] ■RPG SW: KotOR | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク