名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

steam Holiday Sale - Day6

steam Holiday Saleの6日目! 今日は常連ばかりのズコー大会。IP弾きがなければ少しはマシ…かねぇ?

Today's Deal:
 Altitude $2.49
 Batman: Arkham Asylum Game of the Year Edition $7.50
 Blue Toad Murder Files: The Mysteries of Little Riddle $3.00
 FlatOut全品 -90%
 Monkey Island: Special Edition Bundle $3.75
 Red Faction全品 -75%
 Shank $7.49
 Tropico 3: Gold Edition $6.00
 Tom Clancy's Splinter Cell全品 -50%
 X SuperBOX $13.60

Civilization Vが来てるのに、日本からは買えない。もっとも、-25%では渋すぎて旨味が見いだせないが。
スポンサーサイト
[ 2010/12/26 03:16 ] シミュレータ Uplink | TB(0) | CM(0)

気分はハッカー

GamersGateでHacker Evolutionがセール中($9.99)。Uplinkでハッカーものの洗礼を受けた私は、このジャンルがかなり気に入ってしまった(反復の展開はちょっとアレだけれども、コンセプトはなかなか面白い)。似たようなゲームを探すと、このHacker Evolutionがヒットする。インディーレーベルなので、滅多に割引かれることもなく、定価で購入するにはためらいがあった。GamersGateの今回のセールは願ってもない。



ファイル容量はごく小さい(75.5MB)ので、ダウンロード速度は全く問題無かった。ざっとプレイしてみた感想は…まんまUplinkへのオマージュ。ただし、タイピングが主になっていて、Uplinkに見られたような、変化するグラフィカル要素はもっと地味だ。ディスプレイに合致した解像度を選べなかったり(最大1280*768)、ゲーム内ウィンドウの移動や再配置ができなかったりと、プログラミング技術は、Uplinkの開発者よりも劣るようだ。特にゲームディレクトリを見てしまうと(ゲームで侵入すべきサイトアドレスやポート番号がそのままディレクトリ名になっている)。

Hacker Evolutionの公式サイトexosyphen studiosでは、拡張パック2本が無料で提供されている。ところが、GamersGateでの購入者の場合、同サイトでのaccountが無いのでuser areaにアクセスできず、手に入れることができない。この件をexosyphen studiosに問い合わせたところ、Robert Muresan本人から、「GamersGate order confirmation emailをforwardしてくれれば、アカウントを差し上げますよ」という返事をもらうことができた。

追記:その後、GamersGateが正規に発行したシリアルナンバーであることを知りたい、という旨の返事がRobert Muresan氏から来たので、私はGamersGateから届いた"GamersGate AB Purchase Order"とGamersGate.comの"My Games"ページのスクリーンショットを撮り、メールに添付して送った。私と同様の境遇の方は、とりあえず、公式サイトexosyphen studiosのコンタクト・フォームで連絡してみるといい。どうしたらよいか教えてくれる。
[ 2010/09/10 11:38 ] シミュレータ Uplink | TB(0) | CM(0)

ハッカーの末路

せっかくSkilledというランクにまで昇格したというのに、他人の銀行口座から不正に預金をトランスファーした廉で、Uplinkコーポレーションから除籍されてしまった。[ゲームの中の話ですよ、誤解なきよう] 少々慣れた事もあって、ナめてかかっていたせいで、ログを削除する前に通報されたのだ。どうやら、銀行の反応は最速らしい。



それというのも、HUD_ConnectionAnalysisというソフトウェアが2万クレジットもするせいだ。「熟練エージェントの諸君は、皆、Bypasserを使用している」というメールまで来る始末。Uplinkコーポレーションも商売上手ということか。ハンパ仕事で、チマチマ稼ぐのは莫迦らしくなってしまう!

このゲームには、進展に伴って、いくつか壁が用意されているようだ。最初の壁はHUD_ConnectionAnalysisを買えるかどうか。Ploxyを無効化したいだけなので、代わりに、HUD_ConnectionAnalysis不要のProxy_Disableを購入するのでもいい。Firewall_Disableも同様だ。

次の壁がいきなり高い。ローカルエリアネットワークをハッキングする為に必要な、HUD_LanViewが5万クレジットもする。しかもこれだけでは事足りず、他にLANに穴を開けるツールが必要だ。

その次の壁はステータス。素行が反社会的かそうでないか、どちらかに傾倒していないと、請け負えない仕事が出てくる。これはニューロマンサー・レートで表されているのだが、中庸、つまり『ニュートラル』でも信用を得られない場合がある。”ログからハッカーを追跡して割り出す”といったミッションでは、企業の味方をしているようなハッカーでないと、依頼主から敬遠されてしまう。(ファイルサーバーをいくつも破壊した事がある経歴では、さすがに…)

お金稼ぎも、ステータス稼ぎも、どちらもミッションの繰り返しで蓄積していく。となると、問題は、ミッション内容のバリエーションだが……やはり、類型に沿って用意されている。

例えば、”犯罪歴を操作する”というミッションでは、依頼主の要望通りに、ある人物の犯罪記録を白紙に戻したり、逆にでっちあげたりする。依頼主こそ違えど、データバンクへの侵入法といい、する事自体に、たいした変化はない。有り体に言えば、同じ作業の繰り返しである。”社会保障記録の改ざん”とも同列で、違いはわずかだ。

用意されたプロットに至るまでに、”作業”の消化で飽きが来てしまうのは、作りとしては望ましくない。Uplinkのような、新趣向のゲーム(リリース年は古いけどね)では、マイナス要因にすらなるだろう。あるいは、先を知りたい欲求に突き動かされて、我慢しつつプレイを続けて欲しい……忍耐の先のご褒美、という事かもしれないが。

また、ゲームで再現しているのは、どちらかといえばスクリプト・キディ(※)といった内容である。パスワード解読やセキュリティ無効化は全てソフトウェア任せだ。プレイヤーが何かヒネリを加える事で、ミッションが動的に変化/クリアできる、といった類のアプローチとは、かけ離れている。※出来合いのツールを実行するだけの、程度の低いクラッカーという意味の俗語

もっとも、このゲームは、解法については突き放した状態にとどめている。だから、五里霧中で、どのツールを使えば、侵入法が確立できるのか、という楽しみならば十分に提供してくれている。ただ、確立したテクニックをどこまで応用できるか、となると限界が見えてしまう。現実世界で見られるような、幅広いフィードバックをプレイヤーに許してはいない。そうした部分は、仕込まれたプロットの役割という事だろう。
[ 2010/05/17 07:38 ] シミュレータ Uplink | TB(0) | CM(0)

ハッキング中級編

ハマるとなかなか面白いUplink。今回は、もうちょっとスキルアップを狙って、痕跡を辿らせない侵入を実践してみよう。

その為には、ログを改ざんするツールが要る。Uplink Internal Services Systemに接続して、”Software Upgrade”に入り、Log deleter v1.0を購入だ。クレジットに余裕がある場合は、”Next Version”を押して、より上位バージョンを購入するといい。v4.0がオススメ。



違いは、ログ削除後の処理にある。v1.0では、削除されたファイルが、"(log deleted)"のように表示される。これでは、何者かが細工を施した事がバレるかもしれない。v4.0だと、削除後の空きスペースを詰める機能があり、改ざんされた事が全くわからない。

”Exit Market”したら、”Mission List”を選択する。前回よりも、Difficultyが高いミッションを選んでみよう。"Falsify a Social Security document"(社会保障記録の改ざん)が良さそうだ。

[ 2010/05/13 20:06 ] シミュレータ Uplink | TB(0) | CM(0)

誰でもハッカーになれる!

Green Man Gamingの1ペニーセールで購入したUplinkを紹介するぞ! 君は、"Uplink"のエージェントだ。有名企業から依頼を受けて、ライバル会社のコンピュータに侵入し、妨害工作やデータの窃盗を働く。見つからずに成し遂げれば、報酬を得て、機材をアップグレードし、地位を高めていけるだろう。だが、もし失敗すれば、犯罪の記録が残り、いずれは身が危険にさらされるかもしれない……。



近未来のサイバー犯罪をテーマにしたゲームだ。エージェントの素行は、ニューロマンサー・レートで表される(善人寄りか、悪人寄りかの指標だ)。さすがに義体化まではしていないだろうけど。※「ニューロマンサー」とは1984年に出版されたウィリアム・ギブスンのSF小説。「義体化」とは、攻殻機動隊の草薙素子のように体をサイボーグ化してしまうこと。

画面は驚くほど簡素で、ハッカーのパソコン画面そのものになっている。今はグラフィカルUI全盛の時代だから、ハッカーとはいえ、近未来がUNIXベースのテキスト画面ばかりなのは、ちょっと古めかしいかもしれない。むしろ、80年代の緑画面、IBM PCに似たイメージだ。

ハッカーの仕事はとても簡単。在宅で高額報酬!! 主婦の貴女にオススメ。基本は、逃げるまでの時間稼ぎに経路を複雑にすること。そして、必要なソフトウェアをちゃんとアップグレードさせておくこと。では、実際にやってみよう。

[ 2010/05/11 16:05 ] シミュレータ Uplink | TB(0) | CM(2)
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク