名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

昨日のリベンジ

弄ったのは……マツゲ、目の形(下側だけ)、瞳、瞳のハイライト、耳の先端。
だいたい意図通りには出来ました。が、メッシュの編集後にシェイプキーを調えてやらねばならず、これが面倒くさいのですね。したがって、顔は最小限だけ弄って、とりあえず様子をみようかと。


顔面右半分はUVの格子が表示されています。プロシージャルなエディットと表情のモーフィングによって、目の周囲がけっこう狭まったり伸びたりするようです。

お次は髪の毛と服ですな。
スポンサーサイト
[ 2017/02/09 21:36 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

やむなくblender

つっかいにくいわ~。もの凄くヘンタイ。ZBrushの比じゃない。

使い慣れたXSIレイアウトにして、XSIショートカットキーに近づける設定ファイルを利用させて頂きました。こうしたものを用意してくれた先達に感謝。完全にそっくりにはなりませんが、視点移動やら基本操作がXSIっぽくなるだけで、気分がかなり違います。

さて、カスタムメイド3D2のフェイスを弄り始めたのですが……XSIなら、とっくに終わってるでしょうねorz

シェイプキー付きのマツゲをミラーコピーするところで詰みました。モディファイアからミラーを実行しようとすると、「シェイプキーが付いているとできないよ」と言われてしまい、適用できないからです。

そこで、素晴らしいアドオンを発見。シェイプキーを付けたオブジェクトにモディファイアを適用するアドオンです。当初はスクリプトだったようですが、今はアドオン化されています。

備忘録も兼ねて少し詳しい説明を載せておきます。

インストール方法:

  1. blenderの上部メニューから、[ファイル] → [ユーザー設定]を選択。
  2. [blenderユーザー設定]が開いたら、下部の[ファイルからインストール]ボタンを押します。
  3. アドオンファイルの場所を指定し、[ファイルからインストール]ボタンを押します。
  4. それが終わったら、もう一度[blenderユーザー設定]を開き、[アドオン]タブを選択。[Object: Apply Modifier]にレ印を付けます。
    次もこのアドオンを使うつもりなら、[ユーザー設定の保存]をして下さい。

使い方:

  1. まず、編集モードでミラーしたいポリゴンアイランドを選択しておきます。
    私の場合なら、左マツゲのポリゴンアイランドです。右マツゲはあらかじめ削除しておきます。左マツゲにはシェイプキーがたくさん付いています。
  2. 普通に[モディファイア] → [追加] → [ミラー]を選択。
    軸 [X]、オプション [結合][頂点グループ]、にします。
  3. Tabキーを押して、オブジェクトモードに切り替えます。
  4. [オブジェクト]モード表示のすぐ隣、左側に[オブジェクト]とあるので、そこを選択。メニューが出たら、[適用]を選択。そして一番下[Apply Selected Modifier]を選択。[ミラー]にだけレ印をつけて[OK]を押します。

この方法、途中まで上手くいったと思ったのですが、シェイプキーのeyeclose5とeyeclose6とmayuvhalfが左右非対称(片目だけつぶっている、片眉だけ下がってる)である為、開いた目と閉じた目の両方が二重に出来てしまい、結局ダメでした。

地道にミラーコピーでやり直すことにしました:

  1. ポリゴンアイランドを選択します。
    私の場合、左マツゲ。右マツゲはあらかじめ削除しておきます。
  2. 複製します(Shift+D、カーソルを動かさずにEnterキー)。
  3. Shift+Sでカーソルを原点にします。
  4. フルキーの.でピボットを原点にします。
  5. Ctrl+MしてからXを押してミラーさせ、Enterで決定します。
  6. さらに、ポリゴンが裏返っているので、Ctrl+Nで表にします。
  7. Ctrl+フルキーの.でピボットを選択メッシュの中心に戻します

右マツゲのシェイプキーについては:

  • eyeclose5 は、右マツゲのBasisから転送(左マツゲは左のeyecloseと同じで閉じ)
  • eyeclose6 も、右マツゲのBasisから転送(左マツゲは左のeyeclose2と同じで閉じ)
  • eyecloseは、左マツゲからミラー転送※
  • eyeclose2も、は、左マツゲからミラー転送※

※究明中の問題点:シェイプキーメニューが動きません(ミラー転送が実行できない) → わかりました。オブジェクトモードにする必要がある。
 しかし、次なる難問が…… ゲーム内で目の位置を横方向に移動させると右マツゲだけズレましたorz ミラーコピーのせいかも? だとすると、極力弄らないように、頂点数を増加させながらも[Xミラー]で完結させないといけない?!

Basisから転送は:
  1. 形状を変えたいシェイプキー(のポリゴンアイランド)を選択し、
  2. W → 任意のシェイプキーを選択部に合成
    オプション Basis(転送元を選択)
    ブレンド:1.000
    [追加]のレ印は解除する


ミラーコピー&シェイプキー転送で手こずらされる……まだ解決できないorz
[ 2017/02/08 06:22 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

エンパイアクラブに移籍

カスタムメイド3D2のMODで、ゆかりさんとマキさんの衣装(トレさん作)がありました。感謝して使わせて頂きます。

そんなわけで、ゆかりさんに当クラブの専属メイドになってもらいました。

タイトルページの初期コンセプトは↓でした。まな板じゃまですねw
専属メイドになったゆかりさん

画像の縦を300pxに限定してしまったので、トリミングがえらく難しいサイズになってしまいました。くだんのタイトル画像を、撮影モードで拵えるだけで90分もかかりましたわ。ああでもない、こうでもないと、なんとかこのコンセプトのままでトリミング範囲内に収まりきらないものかと。結局、ポーズを変えて妥協しました。
[ 2017/02/06 07:22 ] 結月ゆかり | TB(-) | CM(0)

1週遅れでVRパラダイス

DOAX3のVRが出ていたのか。いやはや、全く気にかけていなかった。仕方なくセール中の製品版買ってしまったよ。そうしたら、無料版とは別にダウンロードされてる! 同じ中身なんだから、使用権アンロックでいいやろ!

ま~た、このパターンか。年末か来年の今頃に完全版もどきが出て、無料版の「使用権」だったら引き継げるが「製品版は引き継ぎできません」だろうなぁ。ま~た買わされるんだよ。そしてさらに1年後に真・完全版が出る。それから、その後にDOAX4開発決定!とか来るw

VRパラダイスはけっこう堪能できるね。解像感も良好で綺麗に見える。ただ見るしかできないようだけれど。お客さん、踊り子さんにはお手を触れないでネ。

製品版は無料版とセーブが共通。なんだけど、かすみチャンしかプレイできていないわけなので、フィルム(だったっけ?)はほとんどがロックされたまま。でも、島で過ごした回数ゼロのコでもデフォルトでアンロックされている6通りくらいのシーンなら見ることができる。

みんな顔ちっさ! フォトパラダイスなら時間制限が無くていつまでも眺めていられる。棒立ちでゆらゆらしてるだけだと違和感が大きいな。屈伸くらいの動きをしてくれていると、だいぶマシに感じる。

グラビアパラダイスはいつもの通りで制限時間が短すぎるね。シチュエーションは面白いものが多いんだけれども。

イベントパラダイスはロックされていて全く見られない。オーナーモードをかなり進めていないと駄目なよう。

VR自体を発売日に購入した人は随分待たされたよね。
[ 2017/02/01 04:12 ] 美少女ゲーム DOAX3 | TB(-) | CM(0)

古いPCが起動しなくなったので……

PCを新調しました。この10日間は、環境を以前と同じにする作業で……orz

新PCのスペックは
 CPU:Core i5-7400 *1
 マザーボード:ASUS PRIME H270-PRO *2
 DDR4メモリ:Crucial PC4-19200 8GB 2枚 *3
 SSD(SATA 2.5インチ):Samsung SSD 850 EVO 250GB *4
 筐体:CoolerMaster CM 690 III Green *5

グラフィックボードや電源ユニットは使い回しです。筐体を除くと6万円でおつり。CPUクーラーは鉄板の虎徹。

ポイントは
*1 コアクロック3GHzのお手頃なKaby Lake。夏場の熱管理を考えるとこのくらいで充分。
*2 Intel Optane Memory“Ready”なM.2スロット搭載マザーボード。Intel Optane Memoryは第二四半期の登場が待たれますネ。
  載っているLANチップはIntel製。
  H270チップセットなのでSky LakeでもOK。
  PCIスロットまで付いている。
  ※注意としては、このマザーだけではSSDのRAIDは組めません。
*3 第七世代CPUだから動作周波数2400MHzのDDR4メモリが使える(今までは2133MHz)。
*4 高性能でお手頃なSSD。容量がやや少ないものの、システムドライブならアリ。
*5 サイドパネルに透明アクリル窓をあしらったグリーン版のCoolerMaster。

Kaby LakeでWindows10です。アプグレ除去や先入れ方式といった涙ぐましい行為から解放されました(その代わり、今度は自動再起動と強制不具合か)。懸念していた互換性については、Win7で動いていたものはWin10でも動きました。ちなみにライセンスはWin7シリアルが通りました。

Intel Rapid Storage Technologyに関しては「要らない派」ですかねぇ。うっかりインストールしてしまったところ、DVD-RWドライブ(Optiarc AD-7240S)が見えなくなって利用不可になりました。IRSTドライバを自力でアンインストールできるのであれば試してもいいとは思いますが、大概はそう上手くはいきません。RAIDを組まないならば最初から入れないか、入れるタイミングを見計らった方がいいかも。本番はOptaneメモリの頃かなぁ。

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」を試してみました。これまでのAMD Phenom II X4 945との比較で、32%向上した結果がでましたよ! CPU変えただけで、ですよ。一応、ベースクロック同じなんですけど(相手がPhenom IIじゃねぇ~というツッコミが聞こえてきそう) ローディングだけを見るなら、SSDのおかげで2倍以上の速さでした。

ZBrush 4R7P3でのTOOLがぬるぬる! Fallout4のローディングが爆速っ! Photoshop CCの立ち上がりも……まぁ早め。

Fallout4とThe Witcher 3 Wild Hunt GOTYを入れたら、およそ80GB持ってかれましたよ。

ところでsteamはよくできていますね。ライブラリを再構築させようと、steamフォルダが残っているHDDに上書きで一つゲームをインストールしてみたら、残りのゲームも認識され、見事にゲームライブラリが復活できました。正常起動させるにはキャッシュの整合性チェックが必要な場合もありましたが、ウン百ギガバイトをもう一回ダウンロードされるよりはよっぽどマシです。

逆にGOG Galaxyは……カンペキにダウンロードし直しでしたわ。

それから、古いFAVO!タブレットをPhotoshop CC 2017で使うのに苦労しました。なぜなら、Win7より後の対応ドライバをワコムさんが用意してくれていないからです。古くても支障なく使えるのに。

デフォルトでONにされる「デジタルインク機能」をOFFにできないので、「プレスアンドホールドを右クリックとして認識する」機能もまたOFFにすることができず、ペンタップ時に表示される波紋とブラシ設定を消せません。解決策はこちらの「C.その他のタブレットを使用する場合」

Win10の「アクションセンター:新しい通知」の表示でザ・シムズを思い出しましたよw お、俺ってシムだったんだ、コルタナさん?
「はい、そうですね、あなたは素晴らしい人ですが、50%の確率でシムだと思われます」
[ 2017/01/31 14:12 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
全記事表示リンク