名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

電源電源、また電源

電源ユニットを交換しました。

Rise of the Tomb Raiderをプレイしたり、夜間に動画エンコーディングをさせたり、ここ数日、気温が劇的に涼しかったりで、いつもより負荷が高かったのかなぁ?

つい30分前には元気に動いていた自作デスクトップが、一旦シャットダウンした後には電源スイッチを入れても、うんともすんとも言わなくなるんですよ。マーフィーの法則のように。

経験上、電源ユニットは約3年で不調になります。案の定、2015年3月20日に購入していて、3年5ヵ月保ちました。5年保証の製品ですが、どうしたものか。

おそらく、完璧な故障状態に陥ったのではありません。ハードウェアの起動に必要な初期条件をクリアできなくなるような劣化が、電源ユニット内のパーツに生じたのでしょう。

「50セントもしない部品にアポロ計画を中止されてたまるか!」
(映画『アポロ13』……いや、TVドラマ『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』だったか?)※金額はうろ覚え

加えて、保護回路による条件もあって起動しなくなったのでしょう。故障か否かを見極めるために、別の構成に付け直して電源投入すると正常動作することがあるので困りものです。時間の無駄なので今更試しませんが。

一度不調になったということは、微々たる劣化が影響を及ぼすレベルに到達したことの証し。だましだまし使えていたとしても、いずれは動作しなくなるはずです。よいタイミングと考えて、交換してしまうのが早道!

液体コンデンサの容量抜けが相当であればクリティカルですが、微量な場合は通電チェックをパスしてしまうかもしれません。だから、保証期間内に「動かなくなった」と送りつけても、認めて頂けるものかどうか。

とにかく、パソコンが起動できなかった36時間はタヒにましたね。blenderも、Clip Studio Paintも、Photoshopも、ネットも、ゲームも、ぜ~んぶ、このデスクトップの中ですから。

嫁イドのゆかりちゃんに会えないのが一番辛かったかも(わかってるよ、キモい言うなw)
スポンサーサイト
[ 2018/08/19 16:01 ] 自作PC | TB(-) | CM(0)

DOOM(2016)

今更ですが、DOOM! 初代DOOMをDOS/Vマシンでプレイしていたのが懐かしい。プレイフィールはこれまでの中で一番初代っぽいね。左右にすっすっと避けて撃つ、あの感覚。

グローリーキルなんかは、初代で弾をセーブして闘うときに定着しだしたやり方をシステム的に取り入れて昇華しているわけですね。爽快感もあるし、悪くない。

しかし、もうオレは駄目でした。エリート二体が倒せません。「死ぬには若すぎる」どころか、倒すには年寄りすぎたようです。相変わらず小指の付け根がおかしくて(ばね指or腱鞘炎)、Xbox360コントローラーを握っていると、痛くなってきて辛抱溜まらん。

キーボード&マウスに持ち替え、最弱モードにして挑戦。なんとか地獄へ行けました。カディンガー至聖所が現在の難所。

武器を順当にアップグレードしていくことが難易度を下げる近道として用意されている模様。トライアルやミッションをクリアすることでボーナスが付くのですね。

つまり、面数が大幅にあるわけではないから、一面一面をしゃぶり尽くすように楽しめ、ってことですね。とにかく先が見たいんだ、という場合には単に攻略が面倒になるだけ、なんだけど。

アーケードモードでは最大威力の武器でプレイでき、敵が倒しにくいということはないものの、順路をすぐに見失ってしまいます。

「あれ? 次、何処へ行けば?」
マップが立体的で複雑過ぎるんですよ! ゲーム内で見取り図を参照するも、今いるフロアが他とどう繋がっているのかが図示されない! これは不便だなぁ。どこへ行けば上階層へ行けるのかまるで見えない。やり込んで覚えるしかないのか……

あの頃と違って、FPSって随分面倒くさくなったなぁ。遊び方まで強要されてしまうなんて。この有様じゃ、オレの遊べるのは将来的にRPGジャンルだけになりそう。
[ 2018/08/16 22:01 ] ■アクション | TB(-) | CM(0)

うちのメイドはアイドル辞めさせます

カスタムオーダーメイド3D2のイベントを消化しているのですが、メインのアイドル路線にまるで興味が湧かず、困っています。

―新規3人に愛着がないことがまず原因のひとつ
―アイドル路線が王道過ぎて萌えないことがひとつ

友情・努力・勝利なんて食傷気味で、まったくオレの趣味ぢゃないんですよ! 世の中もっとドライなんだから、せめてネプテューヌくらいのオチャラケがないとやってられない!

アイドル辞めさせるオプションが欲しいですね。オーナーなんだから、そのくらいの自由があって然るべきじゃないですか。ふつうのメイドに戻らせてあげてくださいよ。

なんでメイドにアイドル路線なんて付けちゃったんでしょうかねぇ。あぁ、デレマスにあやかりたかったのか。

[ 2018/08/14 06:08 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

輪郭から作らないモデリングを推す教本が多い

blenderを用いた『東北ずん子で覚える! アニメキャラクターモデリング』を購入しました。目的は:

1.平行投影ではない下絵の配置方法
2.セルルックでの、描画したい線と描画したくない線を分けるための色分けとノード設定

この本のモデリング教習に関しては疑問符が付きます。著書の榊さんはZBrushで検索するとよくヒットする榊さんと同姓ですが別人

ZBrushの榊馨さんはそれはそれはいろんなもの作ってますし、腕も達者。この本の榊正宗さんは東北ずん子のプロジェクトに関連していることがうかがえますが、3Dの腕前は(本を見る限り)「う~む」という感じ。

画を描けないタイプの人が3DCG製作をやっていることがままありますが、榊正宗さんはこのタイプじゃないかと思います。

実際に作例をダウンロードしてみると、ぜんぜん上手くない! レンダリング結果が東北ずん子然として見られるものになっていることに、むしろ驚愕。表紙詐欺のお手本みたい。

カスタムメイド3D2のプリティフェイスが可愛くてよくできたアニメ顔のお手本だとすると、作例のずん子モデルの顔はかなり異様に写ります。

とくに鼻のでっぱり具合。トゥーンレンダで誤魔化されることが前提の作りになっていて、キャラへの入魂といった造形美を感じ取ることは難しいです。形に愛が見えません。

なお、Amazon.co.jpで扱われている本書は二刷でした。誤記が全部直っています。

実は、作例(無料)をダウンロードしたら、上述の目的は全部達せられることに、後で気が付きました。

ノード設定はblendファイルを開いて参照できますし、下絵はカメラのレンズシフト機能を使っているだけでした。

とりわけノード設定は、本書の画像では小さすぎて判別できないため、記述を頼りにしなくてはなりません。本にわざわざ画像が掲載されている意義がほとんどありませんでした。blendファイルを開いて見た方が断然分かりやすいのです。

平行投影では無い下絵を置くということは、下絵に倣った造形ができる、ということになるはずなのですが、本書では立方体からワラ人形じみた人型を作って、早い段階で細分割局面を設定しています。下絵に倣って輪郭から作るような方法論でもないし、blenderの頂点押し出しを活かしたものでもありません。アプローチが旧く、読者が絵心のある人だとするならば、向かない手法だと感じました。

キャラクターモデリング本としては買わない方がいいと思います。
[ 2018/08/12 00:06 ] カスタムモデル | TB(-) | CM(0)

初期メイドたちの今昔

ゆかりちゃん加入前に撮ったスクリーンショットが出てきました。保存されていたスタジオ設定を用いて同じメンツでパチリ。

当初は拡張スライダーを使っていなかったので、一番の違いは座高! 顔MODも自作していませんでしたから、プリティフェイスの顔が異なりますね。プリティフェイスではなかったコもいます。

こうやって見比べると感慨深いです。昔の写真は、嫌な顔をさせてから撮っていて、なんともドM。
※クリックで拡大

性格を当ててみて下さい。答えは[つづきを読む]で。

昔(2017年初頭)
初期メイドたちの今昔

今(2018年8月現在)
初期メイドたちの今昔

[ 2018/08/11 01:45 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク