名 作 R P G を 遊 ぶ (か も) 2

洋ゲーRPGや非電源ゲームを扱った頁でしたが、最近はユルいジャンルになりそうです

毒電波の中で生きる現代人

『セル』という映画を観ました。スティーブン・キング原作・脚本の映画化で、亜流ゾンビもの。

主人公のクレイはグラフィックノベルの作家で、ようやっと作品の権利が売れたところ。そのことを別居中の妻に音声電話して、愛息子がiPhoneの画面に結像したとたんにバッテリーが切れてしまいます。場所は空港のロビーでしたが、充電用の差し込み口はどこも一杯で、クレイはやむなく小銭で公衆電話からかけることにします。息子に会いたいから、これから行っていいか、と妻シャロンに話すと小銭が不足。ところがその時、唐突に怪異が起きます。

この映画、メタファーがとても分かりやすい。

結末まで見るとナルホドと分かってきます。全てはクレイの作品が売れたところから始まっていること。そして、ラストはなぜか二通りあります。

電波塔を破壊して息子とカナダ国境へ渡るエンディングはクレイの本心です。彼は日銭の為につまらない作品を描いてしまいましたが、魂までは売っていませんでした。だから、作品が及ぼす悪影響とは縁を切ったおかげで、彼はようやく自由を手に入れて、健やかに息子と歩き始めることができたのです。職業ライターが陥りがちな罠ということですね。

一方で、外面のクレイは悪魔に手を貸した為、地獄に堕ちてしまいました。クレイのグラフィックノベルの悪役が皆の夢に登場し、クレイ一行を執拗に狙うのは、彼の作品の翻案権を悪魔が買ったからです。クレイは堕落に任せた作品を世に放ち、それは作者の与り知らないところで影響を与えていた、というわけです。ライターは自分の作品に全責任を負わなければならないのです。

最後の、使うべき時にと譲り受けたケータイは浦島太郎の玉手箱です。藤子・F・不二雄の『流血鬼』と同じで、長いものに巻かれていけないことはない、数が優位な側になってしまえば、そこには独自の視点がある、という観念です。1978年の映画『SF/ボディ・スナッチャー』とも似ています。どちらが異質なのか、という問いです。

スマホを手にした若い人々が、衆目を気にかけず、自分以外まるで存在しないかのように一人の世界に没入し、指で小さな画面をタップする様子は、スマホを普段使いしなかった世代からは異質に見えます。

スマホの人達は、SNSを始めとする、電波による繋がりで結ばれていて、それは共同体のようです。ユングの言う集団無意識がネットによって具現化されたとき、人々の心理が、同じでないことの方がおかしい、はみ出すことが怖いという原理原則に基づいてしまうのは理に適っているのかもしれません。

SNSでの虐めがまさしくこの例でしょう。閉鎖的な電子空間はともすると鬱屈した空気に呑まれたまま、一方的な暴力がまかり通る世界になります。

それを体現したものが携帯人というゾンビに他なりません。いやまったく、面白い立脚点を思いついたものですね。

紅いフードの男が作中での二重の悪役ですが、これは誰もがなり得る権化です。クレイの漫画を読んだ人かもしれないし、ネットやSNSにどっぷり漬かった中毒者かもしれません。誰でも成れますし、成ったことを本人は気が付かないのでしょう。

辞めるのはある意味では簡単。ケータイを捨ててスローライフに戻ればいいんです。でも、現代人にはほとんど無意味でしょう。ネットの無い生活はもはや想像できません。
スポンサーサイト
[ 2018/06/17 00:50 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)

ウエストワールド 2ndシーズン第4話感想

※以下ネタバレ

またまたやってくれました! 新境地。
登場人物ウィリアムを通じて、人間とは何であるのか、また人造人間がどうして人間になれないのかを、洞察させてくれます。

シンギュラリティ(技術的特異点)によって人間の可能性が拡がり、寿命を人為的に延ばすことができるようになったとしても、そこには人ゆえの制約があるというのです。

おそらくはキリスト教的 魂 の問題が根底にあるのでしょう。

ウィリアムは余命の知れた義父ジムを実験台に、人間の記憶と性格をホストに移植する試みをしていました。

デロス社(義父とウィリアムの会社)は、ウエストワールドに投資すると供に、ホストの技術を応用してクローン人間の実現を模索する事業を開始していたのです。

偽物のジムは、ウエストワールドで客(ゲスト)をもてなす人造人間(ホスト)と同じやり方で仕立て上げられました。ホストのジムは自分をかつて人間だったジムだと思っており、カリフォルニアにある高級コンドミニアムの一室で暮らしていると信じています。

――これはまさに、P.K.ディック的な“まがいもの”の話ですね。

ガラス張りの部屋の外では研究員が経過観察を行っていて、これまで7日間は人間らしく生活させることに成功していました。なぜ7日なのかは旧約聖書のそれと同じ理由によるものでしょう。

ところが、7日目にウィリアムが訪れて、ジムになにもかもが仕組まれたものだと悟らせます。ただの紙切れによって。そこにはジムが既に喋ったことが台本のように記されていました。するとホスト:ジムの認知機能は異常を来し、まるで溝に傷が付いたレコードの針飛びのように、言動がおかしくなってしまいます。

ウィリアムは、こうした同じことを、その度にマイナーアップデートして作り直されてきたジムを相手にやり続け、30年経っても変わることのできなかったホスト:ジムを前にして、結論を述べます。

 「その状態を技術者はCognitive plateauと呼んでいる。精神が不安定になり、数時間から数日で瓦解してしまう。毎回同じだ。
  最初は、臓器移植みたいに、心が新しい肉体を拒絶しているのだと考えた。しかし、もっと相応しく言うなら、実在性(Reality)を受け容れなかったからなのだ。心が現実を拒否したのだ。
  この事業は最初から誤りだったのかもしれない。人は不死にはなれないのだから。
  あなたがいい例だ、ジム。思い出にある人物像の方がマシな場合もある。倫理観の欠けたクソ野郎なら特に。世の中は、そんな人間は居なくても回り続ける。俺が世間に必要とされないように。アンタは死んでいた方がいい人間だ」

愕然として怒りに震えるジムが息子の名前を呼ぶと、ウィリアムは非情にも事実を告げます。

 「ローガンは現実に向き合うことが出来ずに薬物中毒のあげく死んだ。ジュリエットは自殺した。貴方を助ける者はもう残っていない」

現代人にとって、かようにも現実は生きにくいのだ、と。皮肉にも人造物も同じらしい、と。

作り物に容れた記憶や性格は、それが作り物だと分かると(自分の本物はもう死んでいるのだと自覚すると)現実を否定してしまう、ともここでは言ってるんですね。生き物の本能が、いつわりの姿では生きてはいけないことを自覚しているようだと。魂が抜けてしまうと人では無い、と。

だから、バナードに会ったときにホスト:ジムはこう言うわけです。

 「二人居るという父親は一人しか見えなかった。地の底から見上げると、悪魔の笑い声しか聞こえない。天の主はどこにいる?」

“悪魔を欺くには捧げ物が要る”

――それが魂なわけですよ。人造人間は偽物だから魂が入っていないわけです。もしくは、偽りの姿を造らんがために、あったかもしれない魂を引き替えてしまったのですね。このDevil's dueに荷担したウィリアムも同罪だとも、(前述の彼自身のセリフで)自白しているわけです。

アメリカ人がこういうドラマを造ると、またか、と思いつつも見入ってしまいますね。日本人がアニメの中でカトリックやプロテスタントの形を表面的にいくら借り受けても、こうは造れない。捉え方が根本的に違うから、ですよね。さらに生身の俳優が演じることで作為の中で剥き出しにされる素(す)があることに気がつかされます。それは滑稽だし哀しいし、自分の行く末かもしれない。偽ジムの様子は呆けた老人の絶望そのものに見えました。

そして次回――

「今、新しい声を見つけた」

――キル・ビル、真田広之、菊地凛子、ゲイシャ、フジヤマ、「沈黙 -サイレンス-」……

もう、笑い声しか出ないゼ

俺の感想とは関係ないけど、ニューヨークタイムズ紙では文芸欄のコラムがあるんだねぇ→‘Westworld’ Season 2, Episode 4 Recap: The Cognitive Plateau from NYtimes.com
[ 2018/06/16 18:50 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)

ウエストワールド 2ndシーズン第3話感想

※以下ネタバレ有り※

新キャラが登場。オリエンタルワールド(インド)が舞台。弾に仕掛けがあって人間は傷を負わないことになっているらしい。以前の説明では「ホストはゲストに命中させることはできない」だった。

今回は時間軸のトリックはネタばらし済み。バナードとシャーロット・ヘイルが既に会っている場面と、それとは別にバナード単独で捜索隊と合流する場面がある。遡って現在までのいきさつが語られる。

観客がRideできる登場人物にはワイアット=ドロレスが割り当てられているようだ。なぜなら、父親であったピーター・アバナシーと再会するので。

ドロレスは(おかしくなっていた)ピーターの一言で牧場を去る決意をしたのだと再会した場面でピーターに告げる。しかし、ピーターは親会社の意向で“荷物”としてデータ採取の目的に適うように書き換えられている。なお、荷物の届け先は冒頭のインドの女性らしい。

バナードがアーノルドの似姿であることをドロレスは認識していた。テディにも自我が目覚め、その善人のRoleがドロレスの意向に反して同類の処刑を拒む。

3話はフツーに物語が進んでいる。2話のようなメタ的なネタバレは皆無だった。とうとう真田広之が登場するサムライワールドが出てくるようだ。OPでもフジヤマが出てくるからナ。
[ 2018/06/11 06:15 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)

カスタムオーダーメイド3D2 カラオケパックVR

―食べ物の代わりに「マイク」のアイコンを選ぶと……
 「持ってきました」は6通りかな?

―オダメの3性格とカスメの3性格(初期移籍組)で2種類の掛け合いイベントがあります
 性格Aが性格Bを呼ぶ場合と性格Bが性格Aを呼んだ場合は同じイベントです(たぶん21通り)
 同性格同士でも掛け合いがあります(純心同士がアホの子っぽくて微笑ましい)

―オダメ組からだとカスメ組に「歌っていけば?」で歌い手の選択肢がでます

―「キミに愛情でりぃしゃす Ver.中恵光城」が「Ver.nao」で再生されます(きっとバグ)

―後から呼ばれたメイドにセクハラ(おさわり)できます
 遠距離からおさわりできる特技を身に着けました!

            ◆

 「おかしいですね、マイクから音が出ません」
 マイクから音は出ないよ。音が出るのはスピーカーだね。「マイクが音を拾わない」がより適切な表現だね。

 「誰かにマイクを持ってきて貰って……」
 「デュエットしたいけど、マイクが1本しかありません」
 いやいやいや、予備のマイクなら、TVの横に刺さってるでしょ?
[ 2018/06/04 06:55 ] 美少女ゲーム カスタムメイド3D2 | TB(-) | CM(0)

ウエストワールド 2ndシーズン第2話感想

ウエストワールド 2ndシーズン第2話が素晴らしい。これまでにないメタな視点がようやく描写され、ウィリアムがデロス社のCEOに認められた頃のいきさつが初めて出てきます。※以下ネタバレ注意

ウィリアムは婿養子で、奥方ジュリアはデロス社の社長令嬢。社長には息子のローガンがいますが、これが放蕩者であるため、CEOの席はウィリアムに継がれたのでした。

ローガンは開園以前にホスト(人造人間)を初体験し、ウィリアムはVIP接待時にローガンに伴われてウエストワールドを訪れました。

ローガンがホストのことを「今の技術ではできない」と脅威でもって形容する場面が秀逸です。AI、AR、VRと現行の最新技術がセリフに登場した上で、ウエストワールドの“触(さわ)れる”リアリズムが体感的に演出されることで、なんともいえない近未来感が醸し出されています。

一方、ウィリアムはウエストワールドを技術的観点からではなく、罪が許される場所(神が見張っていない場所)として、投資をしぶる義父を説得しました。ゲストがウエストワールドでモラルから逸脱した行為をどれほど犯そうとも罰せられることは無いのです。これは丁度、我々がオープンエンドRPGの中で遊ぶ追体験と同じです(ただし、触れることは叶いませんが)。人々の欲望そのままが充足できる世界、それがウエストワールドなのでした。

ウィリアムはホスト:ドロレスに心惹かれていますが、ジュリアと娘はそれを知らない。30年後にジュリアが自殺することは1stシーズンで語られていました。ウィリアムは作り物の世界ウエストワールドで自分探しの旅をすることになり、それは2ndシーズンで、ようやく意味を持つものになっていきます。なお、ウィリアムが落とした、ジュリアが写っている都会の写真がピーター・アバナシーがおかしくなるきっかけでした。ピーター・アバナシーは最重要ホストとして経営陣が確保を画策している個体です。

現在のウィリアムのドロレスへの愛は1stシリーズで語られたように既にありません。ドロレスはループ(循環するテーマパークの設定時間)でしか生きられない存在でウィリアムのことを記憶出来なかったからです。

しかし、反乱の先鋒になったドロレスはワイアット・シナリオの冷酷さを持ち合わせ、アーノルドか、はたまたロバート・フォード博士によるものか、いずれにせよ自身の覚醒を果たしています。“レヴェリー”プログラムが想起させる記憶が過去と現在を繋げ、ドロレスは自我と目的意識を持ち合わせるようになりました。

メイヴとドロレスが出会うくだりは、ブレラン2049以降の問いを見事に反映しています。

「自我に目覚めたことによって生まれた、造物主への復讐心」は、その実フランケンシュタイン・コンプレックスの系統でしかありませんでした。人類に対する人造奴隷の蜂起です。が、ここに至ってメイヴという別のホストが復讐だけが存在理由ではないことを堂々と示唆します。

メイヴ「復讐も祈りも奴らの手の内にある行動よ。私はその手には乗らない」
ドロレス「自由を守るには闘わないと」
メイヴ「貴方を助けて復讐しろと? 貴方がみんなに命令を下すことで自由を感じられるのかしら?」

メイヴもまた、当初はプログラムによる動機付けに過ぎなかったものの、心にわだかまっていた娘への愛情が肥大して、それが存在理由となることで覚醒しました。ドロレスが復讐の虜なら、メイヴのは娘を捜す旅。さらに、3番目のホスト:バナードは、造物主の片割れアーノルドの似姿を(造物主であるもう一人ロバート・フォード博士から)与えられ、人間に紛れ込んでいる存在です。第一話にあったホストの大量の水死体はバナードに責任があるようでした(この謎解きはまだ語られていません)。

[ 2018/06/02 20:38 ] 映画、ドラマ感想 | TB(-) | CM(0)
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク